らーめん自由区・東京ラーメンガイド中野区のラーメン店リスト>丸の内線沿線
中野区のラーメン店・丸の内線沿線
正統流らーめん処 華屋・閉店はなや
【所在地】東京都中野区本町5-4-7 亀太川ビル103
【定休日】火曜、祝日の場合は翌日
【営業時間】12:00-14:00/17:30-21:30
【最寄駅】東京メトロ丸の内線 中野新橋駅 徒歩2分

【メニュー】
しょうゆらーめん600円、支那そば700円、辛醤油らーめん700円、濃厚和風ソバ730円
石垣島塩らーめん600円、にんにく塩らーめん750円
味噌らーめん780円、辛味噌味噌らーめん830円
石垣塩つけ麺(並・大盛共通)味玉付750円・なし700円、しょうゆつけ麺(並・大盛共通)味玉付き700円・なし650円、辛しょうゆつけ麺750円(並・大盛共通)
特のせ+400円、半角煮めし300円、味付け玉子+100円

【系統】和風だし系東京ラーメン

【お店について】
 2003年4月創業。中野新橋駅前にある中新ショッピングロードを青梅街道方面に歩いて直ぐ。東京シティ信用金庫の向かい側にある。白い提灯と白い暖簾、木製の看板が目印。方南通りに以前からある「華屋」と同じ屋号だが、別の店。「喜多方ラーメン龍麺@国立市」のご子息が、父親の店で修業をし独立。この「龍麺」のご主人は何冊かの本を刊行している。店内は木の風合いが生かされた落ち着いた雰囲気で、カウンター6席、テーブル席8席。壁にはレトロなポスターが貼られ、天井は高い。BGMはジャズ。若いご夫婦二人で切り盛りをしている。
 2007年6月下旬をもって移転。場所は、東京都国立市富士見台1-10-5。最寄り駅は、JR南武線谷保駅(徒歩2分)。尊父の経営していた「喜多方ラーメン龍麺@国立市」の跡地。

 本日は「濃厚和風ソバ」。このお店の比較的新しいメニュー。鶏のダシの濃厚さに、鯖節や鰹節などの魚介類のダシも効いたスープ。その名の通り、濃厚で旨味も過多。やや厚ぼったさを感じる。プラスが多ければ、旨味やコクが増すが、スッキリ感もなくなる。負の要素があればナチュラル感も出るというもの。その辺りは微妙なところ。麺は中太の縮れ麺。長さは短めで、ゴワゴワとした食感。穂先メンマは、柔らかくシャッキとした歯ざわりが心地よい。質感のあるチャーシューも美味しい。
 地元密着型で定着した感もあったが、諸事情で残念ながら移転。
【掲載】2007年6月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★☆☆

石垣島塩つけ麺@華屋
 本日は「石垣島塩つけ麺」。豚骨・鶏ガラと若鶏4羽分を炊いたダシがベース。カキや貝柱のエキスも加わっている。塩ダレには、石垣島産天然海塩を使用。つけ汁は、酸味や辛味を増したタイプではなく、ラーメンスープの濃縮版で好みのタイプ。ツルツルとした舌触りの中太縮れ麺。適度なコシがあり、つけ汁との絡みも良い。メンマはらーめんとは違い穂先ではない通常のもので多めに入っている。割りスープを加えて、最後まで美味しくいただける。
 旨みとコクが濃厚で、専門店ならではの美味しさがある。ボディーとしてはやや重い。塩ラーメン・つけ麺の名店と言われているところは、意外にも油分少なめのライトな感覚。全てをプラスで押して行くよりは、抜く部分がある方がメリハリがあって良いかと思う。
【掲載】2006年12月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★☆☆

辛しょうゆらーめん@華屋@中野新橋
 本日は「辛しょうゆらーめん」+味付け玉子。サラリとした口当たりの中にも厚みとコクがあるスープ。醤油の醸造風味が心地よく、甘みとコクが感じられる。上から振りかけられた一味唐辛子が、スープに混ざりながらジワジワと辛味が増してくる。素材が突出した感じは与えず、バランスを重視しているといえる。スープに沈殿しているのは擂りゴマ。予め入れられているというのは珍しい。麺は「山正食品@府中市」製の太縮れ麺。量は少なめ。強めの縮れ具合で、噛むとムチムチとした食感。スープの絡みも良い。穂先メンマは、ごま油の香りがし、先端が柔らかく、根元はしゃきっとした食感で美味しい。
 担担麺やビビン麺などは胃に収まってから、辛さが増して、毛穴から汗が吹き出てくる。それに対し、唐辛子の辛味がダイレクトに舌を刺激し、食後にピリピリ感が残るほど刺激的。カプサイシン効果を期待したり、刺激を求める人には、お気に入りとなる味わい。
【掲載】2006年7月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★☆☆

醤油らーめん・味玉@華屋
 このお店がある中野新橋は港区の新橋と同様に昔は花柳界として賑わいを見せていた。料亭もあり芸者さんも見かけられる場所だったようだが、今は面影はない。その後、若貴ブームで「二子山部屋(現在は貴乃花部屋)」が脚光を浴び、三遊亭円楽やダンカン、松村邦弘、劇団ひとり、ラッシャー板前、井手らっきょ…などの芸能人が住む街としても知られるようになった。また、「007は二度死ぬ(1967年)」の映画の中では、ショーン・コネリーが駅構内を歩くシーンが収められている。
 本日は「醤油らーめん」+味玉。スープは若鶏4羽分のがらと豚骨、岩手産のいりこ、昆布等を煮出した出汁に奥出雲の無添加吟醸醤油を使ったタレ。やや甘味があり、生姜の味も加わり穏やかに感じる和風醤油味。醤油ダレがやや濃いめなのでいりこの出汁は感じにくい。コクがある分、キレは弱い。中太の縮れ麺はモチモチとした歯ざわりでスープとの絡みが良い。肩ロースのチャーシューは肉質がしっかりとしている。
 看板に「正統流らーめん処」とあるように、時流に流されぬ一杯を目指しているように思われる。厚みとコクが深いだけにメリハリがあると良い。塩らーめんの方が出汁の持ち味が引き出されており伝わりやすい。
【掲載】2005年2月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★☆☆

石垣島塩らーめん・特のせ@華屋
 本日は「石垣島塩らーめん」と特のせ(チャーシュー、メンマ、角煮、味玉、葱)。豚骨、鶏がら、若鶏、モミジ、貝柱、牡蠣のエキスから摂ったスープはダシが良く出ている。温度はややぬるめ。石垣島の塩はミネラル分が豊富で、調味料要らずの旨みのある塩だ。塩梅も良い。太めの縮れ麺とスープとの絡みは良く、麺がスルスルと口に収まる。肉も柔らかくGood!卵は硬茹で。量的には満腹感が得られるよう、もう少しボリュームがあると嬉しい。
【掲載】2003年4月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★★☆ 中野区のラーメン店リスト
めん房 はまるや・閉店
【所在地】東京都中野区本町4-28-7
【定休日】第2月曜
【営業時間】11:00〜15:00/17:00〜翌2:00
【最寄駅】東京メトロ丸の内線 新中野駅 徒歩4分
【メニュー】
○くろまる(醤油)600円、しろまる(塩)600円、あかまる(味噌)700円、たんタンまる(担々麺)850円、チャーシューおにぎり100円、高菜おにぎり100円他
【系統】中華そば系東京ラーメン
めん房はまるや・らーめん自由区
 駅から中野通り沿いにある鍋横商店街を通り、路地を左手に曲がったところにあるお店。カウンターのみだが、Openしたばかりとあって清潔感があふれる。
 本日はくろまる。鶏ガラを中心に数種類の野菜を煮込んだスープは、キレのある醤油の風味にまろやかさをもたせた後味すっきりの味。クセがないので女性や年配客に好まれそうである。インパクトを求める向きにはやや平板な印象に受け止められるであろう。麺は中細の縮れ麺。プリッとした食感は縮れ麺の割りにはスルりと滑りが良い。具材は個性の強さはないが、オーソドックスでまとまりのある味付けがされている。
【掲載】2003年12月 【行列】0人 【らーめんの王様】★☆☆☆☆ 中野区のラーメン店リスト
青葉 新中野店・閉店
【所在地】東京都中野区中央3-35-5
【定休日】火曜
【営業時間】11:30〜14:00/11:30〜17:00
【最寄駅】東京メトロ丸の内線 新中野駅 徒歩2分
【メニュー】中華そば(600円)、特製中華そば(850円)、つけめん(650円)他
【系統】中華そば青葉系東京ラーメン
青葉新中野店・らーめん自由区
 中野駅北口の名店「青葉」の暖簾分け。飯田橋や新宿御苑にも出店したが、作り手によって微妙に味が違うのではないかと思った。特製中華そば(800円)、香ばしい魚介風味、滋味深い味。そこまでは、似ているが、何か本店と違う。インパクトが足りないように思うのだが…。これで4回目だが毎回そう思う。しかし、質の高いラーメンに間違いはない。また、本店に比べ待ち時間が少なくてすむ。
【掲載】2003年 【行列】3人 【らーめんの王様】★★★★☆ 中野区のラーメン店リスト
らーめん ぶぅ・閉店
【所在地】東京都中野区中央4-2-3
【定休日】無休
【最寄駅】東京メトロ丸の内線 新中野駅 徒歩2分
【系統】むつみ屋系豚骨ラーメン
ぶぅ・らーめん自由区
 今や全国に100店舗以上の支店をもつ「むつみ屋」が出した竹麓商店に次ぐ新ブランド。ここは以前「むつみ屋新中野支店」があった場所だが、一部改装してOpenした。新業態ということで豚骨ラーメンを前面に出したスタイル。ぶぅたまちゃ〜(890円)を頼んだ。豚骨といっても丸鶏、煮干、野菜を加えたものなのであっさりしていてマイルドなタイプ。むつみ屋とベースは似ている。豚骨も魚介もそれぞれ突出せず調和している。麺は中細ストレート麺で少な目。具材は岩海苔、万能葱、行者ニンニク、ゆず皮等。今や注目されている行者ニンニクを使っているのは良いと思うが、ゆず皮は余り効果を発揮していない。チャーシューは浸けダレの濃さを感じさせるが柔らかくて美味しい。お粥のメニューも3種類あり、この出汁で煮たお粥なら美味しいかもしれない。
【掲載】2003年 【行列】0人 【らーめんの王様】★☆☆☆☆ 中野区のラーメン店リスト
ぽっぽっ屋・閉店
【所在地】東京都中野区本町5-4-1
【定休日】無休
【営業時間】12:00-15:00/18:00-23:00
【最寄駅】東京メトロ丸の内線 中野新橋駅 徒歩1分
【系統】二郎ライク系豚骨醤油ラーメン
ぽっぽ屋・らーめん自由区
 馬喰町の「ぽっぽっ屋」の中野新橋店が、本日Openということで早速行ってみた。丸の内線中野新橋駅より徒歩2分。以前てんぷら屋さんがあった所。カウンターだけの狭い空間だが店内は早くも満席。「味源」、「源」、「ザボン」が閉店しただけに久々のラーメン店。ラーメン(650円)+味玉(100円)の食券を買いカウンターに座る。「二郎系」ということでボリュームとこってりさを期待して待つ。出てきた丼はやや小さめ、我が家の丼と変わらない。もやしとキャベツの盛りは良い感じ。中から出てきた麺は極太麺。茹でる前は蕎麦に近い色。モチモチ感は無く、硬めで噛んでいるうちにこめかみが痛くなる。量は思ったより少なめ。スープのコッテリ感はあるがややぬるめ。チャーシューと煮卵は味がしみていて追加して食べたいと思った。
【掲載】2003年 【行列】0人 【らーめんの王様】★★☆☆☆ 中野区のラーメン店リスト
らーめん盛華・閉店
【所在地】東京都中野区弥生町4-1-1
【定休日】水曜
【最寄駅】東京メトロ丸の内線 中野新橋駅 徒歩8分
【営業時間】11:30-22:00
【メニュー】醤油らーめん600円、味噌らーめん700円、盛華醤油らーめん900円他
【系統】中華そば系東京ラーメン
盛華・らーめん自由区
 1996年1月創業。東大付属中・高等学校の斜め前にある方南通り沿いにある店。以前一部雑誌に掲載されたこともある。北海道系列になるであろうラーメンは豚骨、煮干から摂ったスープに中太麺。大ぶりの角煮が載る盛華ラーメンを頼む。角煮は三枚肉のとは違いチャーシューの厚切りという感じ。柔らかくてジューシーでおいしい。スープは以前食べたときは胡椒が効いていたが、今回は抑え目。万人受けするような飽きのこないあっさりした味。節系の香りや動物系の旨みが前面に出ると良いのだが。角煮は素晴らしくまた食べたいと思った。
【掲載】2003年 【行列】0人 【らーめんの王様】★☆☆☆☆ 中野区のラーメン店リスト
麺屋 只助めんや ただすけ
【所在地】東京都中野区南台2-10-6 【お店の地図】
【電話】03-3382-8120
【定休日】火曜
【営業時間】11:30-15:00/17:30-21:00
【最寄駅】
○東京メトロ丸の内線 富士見町駅 徒歩20分
○京王線 笹塚駅 徒歩15分
【メニュー】醤油らー麺600円、ちゃーしゅー麺850円、そして、鶏めし300円(大)他
【系統】中華そば系東京ラーメン
麺屋只助・らーめん自由区
 2002年12月創業。中野通り沿いにあるお店。地型が三角の狭い店内にコックさんの帽子をかぶった主人が一人。なんともラーメン屋さんらしからぬ姿。店内には5/31に洋食三浦亭Openの宣伝の紙が貼ってある。ひょっとしたら、牛骨かテールで摂ったラーメンかと期待をもつ。出てきたラーメンはあっさり系醤油。チャーシューは大きいが薄目。後味が良くすんなり頂けた一杯。
【掲載】2003年 【行列】0人 【らーめんの王様】★☆☆☆☆ 中野区のラーメン店リスト
らーめん 源屋げんや
【所在地】東京都中野区中央2-2-2 【お店の地図】
【定休日】無休
【最寄駅】東京メトロ丸の内線・大江戸線 中野坂上駅 徒歩1分
【メニュー】しょうゆラーメン650円、塩トンコツラーメン700円、みそラーメン750円、ねぎラーメン800円、チャーシューラーメン900円他
【系統】中華そば系東京ラーメン
らーめん源屋・らーめん自由区
 中野坂上の山手通と青梅街道交差点近くに出来た店。Open記念として3日間限定全品200円引きと新店への期待ということもあり行列が出来ていた。家族総動員体制で対応しているが、オーダーしてないものを出してしまう程のてんてこ舞いの状態。
 本日注文したのはワンタンメン(850円)、ワンタンは具よりも皮が大きいタイプ。煮玉子は今風にトロトロではないが半熟。三枚肉のチャーシューは脂身がやや多目。豚骨ベースのスープはあっさりとして美味しいがガラ系の臭みを打ち消すための生姜がダシの風味を抑えている感じがする。中太縮れ麺はスープの味が少し移ると美味しいと思う。麺、スープ、具と一体感を出すことは難しいことだと思うが、研鑚し実現して欲しいと思う。
【掲載】2003年 【行列】0人 【らーめんの王様】★☆☆☆☆ 中野区のラーメン店リスト
東京とんこつ麺や 天鳳てんほう
【所在地】東京都中野区本町3-30-10 【お店の地図】
【定休日】無休
【営業時間】11:00-翌3:00
【最寄駅】東京メトロ丸の内線 中野坂上駅 徒歩10分
【メニュー】豚骨醤油らーめん(600円)他
【系統】豚骨醤油ラーメン
 中野坂上の北側にある上海料理の天鳳が本店。その支店で、青梅街道沿いにある。ラーメン専門店として都内各所に支店を広げつつある。
【掲載】2003年 【行列】0人 【らーめんの王様】★★☆☆☆ 中野区のラーメン店リスト

なかむら
【所在地】東京都中野区本町1-25-9 【お店の地図】
【定休日】木曜
【最寄駅】東京メトロ丸の内線 中野坂上駅 徒歩2分
【メニュー】正油・味噌・塩(750円)、テールラーメン(1300円)他
【系統】牛骨系北海道ラーメン
 焼肉とラーメンの両方をやっていて変わっている店だと思ったが、タレントの小倉智昭氏の経営するお店。ホノルルにも支店がある。丼が通常の2倍の大きさ。スープは牛骨系の甘味のあるスッキリ系の味。
【掲載】2003年 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★☆☆ 中野区のラーメン店リスト

華屋・閉店はなや
【所在地】東京都中野区南台2-52-9 【お店の地図】
【定休日】日・月曜
【最寄駅】東京メトロ丸の内線 中野富士見町駅 徒歩10分
 最近新装Openした。女性スタッフによる和風ラーメン。生姜が効いた味。自家製卵麺は中太麺と細麺の2種類がある。支那そば(630円)他中野新橋の華屋とは別。
【掲載】2003年 【行列】0人 【らーめんの王様】★★☆☆☆ 中野区のラーメン店リスト

赤坂屋あかさかや
【所在地】東京都中野区中央3-33-5 【お店の地図】
【定休日】無休
【最寄駅】東京メトロ丸の内線 新中野駅 徒歩1分
【系統】豚骨醤油ラーメン
 青梅街道沿いにある店。味の濃さ、麺の硬さ、脂の量を注文できる。背脂使った余りしつこく無い豚骨醤油ラーメン。トッピングも豊富にある。ラーメン(600円)、達人ラーメン(1000円)他
【掲載】2003年 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★☆☆ 中野区のラーメン店リスト

武蔵家 新中野店むさしや
【所在地】東京都中野区中央4-4-1 【お店の地図】
【電話】03-3381-0141
【定休日】無休
【営業時間】11:00-24:00
【最寄駅】東京メトロ丸の内線 新中野駅 徒歩1分
【メニュー】ラーメン並600円、ラーメン中700円、ラーメン大800円

【系統】家系豚骨醤油ラーメン
 店主は高砂家出身。豚骨、鶏ガラ、ゲンコツを使用したラーメンは濃厚な中にもマイルドな味。豚骨は地抜きをしない独自のやり方。鶏脂を使用することでスッキリとしたキレのある豚骨ラーメンになっている。
【掲載】2003年 【行列】0人 【らーめんの王様】★★☆☆☆ 中野区のラーメン店リスト

こもり 新中野店・店名変更
【所在地】東京都中野区中央5-10-3 【お店の地図】
【定休日】無休
【営業時間】11:30-14:30/17:00-翌2:00
【最寄駅】東京メトロ丸の内線 新中野駅 徒歩3分
【系統】豚骨醤油系旭川ラーメン
 四谷にある旭川ラーメンこもりの支店。麺は加藤製麺、鯵の丸干しを使うスープが特徴。トッピングの量が多く嬉しいが、多すぎてスープの味がわかりにくくなるのが難点。正油ラーメン(600円)、塩ラーメン(600円)他。煮卵(50円)は良心的。
【掲載】2003年 【行列】0人 【らーめんの王様】★★☆☆☆ 中野区のラーメン店リスト

むつみ屋 新中野店・閉店
【所在地】東京都中野区中央4-2-3
【最寄駅】丸の内線新中野駅徒歩1分
【系統】むつみ屋系北海道ラーメン
 全国に展開するチェーン店の一つ。北海道月形始まったこのラーメンの特徴は豚骨鶏、煮干、昆布、野菜をじっくり煮込んでいること。マイルドな味わいである。国産小麦のハルユタカを使ったラーメンや北の恵みラーメンがおいしい。強烈な個性はないが飽きのこない一杯である。
【掲載】2003年 【行列】0人 【らーめんの王様】★★☆☆☆ 中野区のラーメン店リスト

光来軒・閉店こうらいけん
【所在地】東京都中野区南台2-21-2
【定休日】水曜日
【営業時間】11:30-21:00
【メニュー】角煮そば900円他
【系統】中華料理系ラーメン
 華僑の方がやっている。値段の安さとボリュームが魅力。ラーメンは月並みだが、ここの豚マンは中華街よりも数段旨い。
【掲載】2003年 【行列】0人 【らーめんの王様】★☆☆☆☆ 中野区のラーメン店リスト
らーめん自由区中野区のラーメン店リスト>丸の内線沿線
inserted by FC2 system