らーめん自由区・東京ラーメンガイド杉並区のラーメン店リスト>方南町・中野富士見町駅のラーメン店
りょうたん亭
【所在地】東京都杉並区和泉4-48-15 高橋ビル1F【お店の地図】
【電話】03-5377-0902
【定休日】火曜
【営業時間】11:30-15:00/17:00-21:00
【最寄り駅】東京メトロ丸の内線 方南町駅 徒歩3分
【メニュー】
○支那そば550円、ワンタン600円、ワンタンメン800円、チャーシューメン850円、チャーシューワンタンメン1150円
○つけそば700円、冷やしそば950円(夏季)
○玉子+100円、ぎょうざ450円

【系列】たんたん亭系東京ラーメン
【お店について】
 1994年創業。このお店のご主人は、浜田山の名店「たんたん亭」で3年間修行した後、独立。方南通り沿いにあるスーパーのサミットの並びにある。木製の看板が目印。店内はL字型カウンター10席。壁はコンクリート、カウンターの甲板は木目調でシンプルな内装。落ち着いた雰囲気。客席と厨房の仕切りがないため、調理の様子がよくわかる。夫婦2人で切り盛りをしている。接客や調理はとても丁寧。

ワンタンメン@りょうたん亭
 本日は「ワンタンメン」。透明感のある薄い醤油の色をしたスープ。表面には薄っすらとラードが浮かぶ。温度は熱め。九十九産の煮干の風味が心地よい。アッサリとした中にもコクがあり旨味がある。他のたんたん系列のお店と比較すると、軽やかでキレのある味わいと言うよりは、サバ節などの節系が効いたやや重めのスープ。コショウも効いている。細縮れ麺は、柔らかめの茹で加減で適度なコシがあり、啜り心地がよい。ただし、風味と味は月並み。チャーシューは、煮豚ではなく、焼豚。外側に焼きめがつき、しっかりとした肉質の食感で、中心部はふっくらとしている。噛みしめるほどに肉の味が滲み出て美味しい。ワンタンは薄皮で、餡は肉の旨味が凝縮されていて逸品。メンマは歯応えがあり、薄めの味付け。多めに入っているのが嬉しい。他の具はネギと海苔。
 たんたん亭の味を踏襲しつつも、独自の味をもっている。リピーターも多く、地元密着型のお店。
【掲載】2007年1月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★☆☆

 本日は「支那そば」。化学調味料を使用していないスッキリとした醤油味。たんたん亭よりも煮干、節系を強めた感じの出来で、旨味がしっかり凝縮されている。値段も安い。「大栄食品製」の細縮れ麺は、細いながらもしっかりとした歯応え。チャーシューは焼豚。メンマはシャキシャキとした歯応え。
 エビワンタンメンはないが、肉の「ワンタンメン」が人気メニュー。
【掲載】2003年 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★☆☆
東京らーめん、TURBOたーぼ
【所在地】東京都杉並区和田1-1-14 【お店の地図】
【定休日]日曜
【営業時間】11:30-15:00/16:00-翌1:00
【最寄り駅】東京メトロ丸の内線 中野富士見町駅 徒歩30秒
【メニュー】
しょうゆ600円、うま塩650円、コク味噌700円、にんにく卵750円、
トンコツつけ麺しょうゆ700円、トンコツつけ麺味噌800円
◆トッピング-トロ肉(2枚)+250円、モモ肉(4枚)+200円、味付き玉子150円

【系統】豚骨醤油系東京ラーメン
【お店について】
 2005年11月創業。正式名「東京らーめん 、(てん) TURBO」。本店は渋谷区本町3-48-21の山手通り沿いにある「東京らーめんてん@初台」。その2号店。中野富士見町駅を出て、左手に歩いて直ぐ。本郷通り沿いにあり、以前、「らーめん銀座 侍」があった場所。臙脂(えんじ)色の看板、垂れ幕、暖簾が目印。店内は、L字型カウンター8席のこじんまりとした空間だが、明るく、清潔感が溢れている。厨房の壁には貼られたトタンとモザイクのタイルが、お洒落な感じ。ランチタイムには、「ゆで玉子・もやし・シナチク・カイワレ大根・白飯」の中から一つ、サービスとして選べる。麺は通常は細麺だが、注文時に太麺に変えられる。

「しょうゆ」東京らーめん、TURBO
 本日は「しょうゆ」にランチサービスのゆで卵。いわゆる豚骨醤油ラーメン。一頃人気となった街道沿いの東京豚骨醤油と違って、ニンニクや背脂は控えめでスマートな感じ。茶濁色の豚骨スープは背脂による若干のトロミが出ている。表面にはアクセント程度に、焦がしネギの香味油が浮いている。風味は然程強くはない。豚骨のエキスが上手に引き出され、コクはあるがしつこさはなく、飲みやすい。塩分は程よく、円やかな感じ。麺は透明感のある細縮れ麺で、量は少なめ。加水率が少なく、コシがあり、スルスルとすすりやすい。モモ肉のチャーシューは噛むほどに味が出るタイプ。硬く締まってはおらず、ふっくらとした出来栄えでおいしい。メンマは細めでコリコリ感がある。サービスのゆで卵の黄身はゼリー状。他の具は海苔、刻みネギ、カイワレ大根。
 オーソドックスで癖がない分、全ての人に受け入れられやすい味わい。それに対して、このお店ならではと言える個性的な一杯は「にんにく卵」。溶き卵使ったトロミのあるラーメンで、麺を食べ終えた後に、ご飯を投入し雑炊風にするとおいしい。本店で食べたのはこのメニューで、印象として強く残っている。深夜までの営業と、サイドメニューにつまみやドリンク類も揃えているので、居酒屋感覚で利用する人も多い。
【掲載】2006年7月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★☆☆
神戸ラーメン第一旭 方南町駅前店・閉店
【所在地】東京都杉並区方南2-21-21
【定休日】火曜
【営業時間】11:30〜翌2:00 土曜11:30〜翌3:00
【最寄り駅】東京メトロ丸の内線 方南町駅 徒歩1分
【メニュー】
特製Aラーメン680円、特製Bラーメン680円、別製Bラーメン900円、特製Cラーメン890円、別製Cラーメン1300円
Bつけ麺740円、別製つけ麺900円、きくらげ+50円

【系統】第一旭系神戸ラーメン
【お店について】
 「神戸ラーメン第一旭@明大前」の支店で、2004年12月に開店。系列店では「池袋要町店」がある。神戸市を中心に、東京では銀座、大久保、八丁堀で直営店やFC展開をしている「神戸ラーメン第一旭」は、「(株)アサヒフーズ」が運営しており別の組織。そもそも「第一旭」という屋号は京都の通称高橋にあるお店(1947年創業)が本家で、そこから派生したといえる。
 居酒屋の居抜きのような店内は、カウンター8席、テーブル席16席と座敷を中心としたつくり。照明も若干暗い。メニューで「特製」と「別製」に分かれるのはチャーシューの種類の違い。「特製」は出汁に使用した豚の正肉を薄切りにしたものを使用、「別製」は豚バラ肉の巻きチャーシューを使用している。そして「A〜C」と分かれているのは麺の量の違い。「B」がデフォルトで、麺の量が1〜1.5玉。「A」というのはチャーシューの量がデフォルトの半分で、その代わりにトッピング(味玉)が加わったもの。「C」は麺の量が1.5〜2玉で、チャーシューが山盛りとなる。

第一旭・特製Aラーメン・ラーメン自由区
 本日は「特製Aラーメン+きくらげ」。ラーメンはトータルなバランスを重視する向きもあるが、このお店はその概念崩しともなるラーメンを提供している。まず最初に肉ありきというこの姿勢は、豚一頭丸ごと仕入れ、出汁を摂り、チャーシューをつくる。豚の持ち味を生かしたラーメンである。器からはみ出すチャーシューを見て、食がそそられるか、或いはため息がもれるかどちらかしかない。そのメニューの中の「特製Aラーメン」は肉の量を減らし、その分、一品(味玉子)が加わるというもの。それでも量はしっかりとある。特製のチャーシューは、形状がベーコン状の薄切りのもの。スープは背脂が入り、甘味とコクがある。まさしく豚の出汁といった感じで、ストレートに豚の旨味を感じることが出来る。本店では胡椒が多めに振られていたが、ここでは適量。煮玉子は半熟のゼリー状。青葱も相性が良い。
 平日の13:00〜17:00の時間帯には、コーヒーがサービスされる。
【掲載】2005年7月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★☆☆☆

別製Bラーメン
 本日は「別製Bラーメン」。丼から溢れ出るチャーシューが圧巻。以前、明大前の本店を訪れた時は、「別製」というものがなく、牛タンのような薄切りのものが表面を覆い被さっていたが、今回のものはかなりの厚切り。肉の旨味を堪能でき、肉が好きな人にはたまらないボリューム。スープは豚の正肉(バラ、ロース、モモ・肩ロース等)で摂り、豚骨は使用しないため癖のないさっぱりとした飽きのこない味だ。中細のストレート麺はチャーシューをある程度食べないと登場しないが、やや柔らかめの茹で加減。
 「Cラーメン」となると、麺が290gでチャーシューが山盛りとなるので、相当な覚悟が必要。女性には量が控えめな「Aラーメン」があるので、安心して味わうことが出来る。
【掲載】2005年7月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★☆☆
九千坊くせんぼう
【所在地】東京都杉並区区和泉4-40-28 【お店の地図】
【定休日】水曜
【営業時間】11:30-14:00/19:00-23:00
【最寄り駅】丸の内線方南町駅 徒歩6分
【メニュー】らーめん600円、にんにくらーめん700円、たかならーめん700円、ぴり辛ねぎらーめん750円、チャーシュウメン900円、餃子400円

【系統】熊本ラーメン
【お店について】
 丸の内線方南町駅より環七を南に向かって直進、神田川を渡ったところにある。店名の九千坊とは、筑後川にいる河童の総大将のこと。久々の熊本ラーメンの新店ということで期待が増す。店内はカウンターのみの狭い空間。残念ながら角煮が無い。

らーめん自由区・九千坊@方南町
 本日は「ニンニクラーメン」。ベーシックな熊本ラーメンという感じで、クリ−ミーなスープと中細のストレート麺は予想の通り。量が少ない分トッピングで何か一工夫必要。
【掲載】2003年 【行列】0人 【らーめんの王様】★★☆☆☆
銀座 侍・閉店
【所在地】東京都杉並区和田1-1-14
【定休日】無休
【最寄り駅】東京メトロ丸の内線 中野富士見町駅 徒歩1分
【メニュー】らーめん650円、半熟味玉らーめん750円、チャーシュー麺950円

【系統】鶏ダシ系中華そば
【お店について】
 フードビジネスコンサルティング会社の直営店。アンテナショップというか、最近こういう系列のラーメン屋さんが増えている。駅を降り左に直進するとある最近Openしたばかりの店。

銀座侍・らーめん自由区
 本日は「半熟味玉らーめん」。豚骨、鶏ガラをベースににしたあっさり系の醤油らーめん。胃にもたれず、飲んだ後には丁度良い。素材をたくさん使った複雑な味というより、シンプルでベーシックな感じ。中細ストレート麺はもやしが絡まってスルスルとは入らないが、スープとの相性は良いと思う。チャーシューは余りお目にかかれないようなハムのような食感。最後にデザートの杏仁豆腐が付いたのが嬉しい。
【掲載】2003年 【行列】0人 【らーめんの王様】★☆☆☆☆
麺屋ヤマト・閉店
【所在地】東京都杉並区方南町2-24-5
【定休日】水曜
【最寄り駅】東京メトロ丸の内線 方南町駅 徒歩3分
 環七沿いにある店。鶏がらベースのアッサリ味。豆乳を使ったホワイトラーメン(700円)はオリジナル。天然塩「山菱岩塩」を使った塩ラーメン(600円)がおすすめ。
【掲載】2003年 【行列】0人 【らーめんの王様】★☆☆☆☆
らーめん自由区杉並区のラーメン店リスト>方南町・中野富士見町駅のラーメン店
inserted by FC2 system