本文へスキップ
らーめん自由区・東京ラーメンガイド全国各地のラーメン店リスト>浅月 本店@岡山(岡山県岡山市)
中華そば 浅月 本店
ちゅうかそば あさつきほんてん

【所在地】岡山県岡山市北区奉還町2-5-25 【お店の地図】
【電話】086-252-1400
【定休日】木曜
【営業時間】10:30-21:00(L.O.20:30)
【最寄駅】JR山陽新幹線・山陽本線・他 岡山駅西口 徒歩5分
【駐車場】6台

【メニュー】
○中華そば680円、たまごそば730円、もやしそば730円、わかめそば780円、高菜そば780円、ねぎそば780円、チャーシューそば880円、カツそば880円、浅月スペシャル1080円
◇もやし・たまご各50円、わかめ・ねぎ・メンマ・高菜各100円、チャーシュー・カツ各200円
□おにぎり(1ケ)80円、天むす(1ケ)100円、ごはん150円、高菜飯250円、餃子200円

【系統】岡山豚骨醤油系ラーメン

【お店について】
1948年(昭和23年)創業。

岡山で現存するラーメン専門店では最古参(※)で、とんかつラーメン(カツそば)の元祖とも言われている。
創業当時の岡山周辺のラーメンは、鶏ガラベースの澄んだスープ(清湯系)が主流だった。
その後、浅月は、清湯から豚骨を合わせて白濁するまで強火で炊いたスープに変わっていった。

「浅月」の味を作ったのは、初代店主の上山政治さん。
2代目店主は、初代の次女と結婚した柳原速雄さん。
現在は、3代目の柳原基秀さんが味を継承している。

系列店は、姉妹店の「浅月 泉田店@備前西市(1978年/昭和53年オープン)」と 本店で修行後に暖簾分けした「浅月 津高店@法界院」の3店舗がある 。

※岡山でラーメンを提供した元祖は、広東料理の 「廣珍軒@西大寺町(1925年/大正4年創業)」。
※岡山で最初のラーメン(支那そば)専門店は、「百万元@西大寺町・閉店(1930年/昭和5年創業)」。”デミ(ドミ)カツ丼”をいち早くメニューに入れたお店としても知られている。

浅月 本店@岡山-店舗周辺
向かい側には、同じく老舗で人気店の「中華そば 富士屋(1950円/昭和25年創業)」がある。
浅月は”白濁豚骨醤油系”に対して、富士屋は”清湯豚骨醤油”。
お腹に余裕があれば、食べ比べるのも面白い。

浅月 本店@岡山-店舗外観
一見、日本蕎麦屋と思ってしまう和風の外観。
「中華そば 浅月」と書かれた袖看板が目印。

浅月 本店@岡山-店内
店に入って右手に厨房、それに沿うように左手にはテーブル席が縦に並んでいる。
総席数40席(4人掛けテーブル×5卓、座敷20席)。

浅月 本店@岡山-店内
奥のお座敷。

壁には、来店した高橋ジョージとJOY、柳沢慎吾等の芸能人の色紙と写真が飾られている。
卓上には、コショウ、一味、レンゲ、割り箸、爪楊枝、冷水入りポット、メニュー表などが置かれている。
口頭注文後払い制。
浅月 本店@岡山-カツそば
本日は「カツそば」

茶濁色のスープの中央に、トンカツが鎮座。
一般的なトンカツ定食などのカツと同様の大きさのもの。

スープは、豚骨・豚皮、うるめイワシの削り節、昆布、リンゴ、玉ねぎ、にんにく等。
カエシは、チャーシューを炊いた醤油と味醂+煮汁。

丼からは、豚骨の膠質の香り。
豚骨を12時間煮込んだだけあり、濁っている。
先ずは、スープを一口。
表面に浮かぶラードのおかげで、サラリとした口当たり。
醤油の風味が効いていて、ほのかな甘みもある。
全体的にすっきりとした印象。

続いて飲むと・・・。
甘味の奥にほのかに感じる酸味のある醤油の味。
嫌みはないもののカエシの甘辛い味が強めで、時折豚骨の味も主張する。

麺は自家製の中細ストレート麺。
柔らかめの茹で加減。
スルスルと啜り心地が、良い。
スープをよく絡めとり、噛んでは小麦のフレッシュな香り。

具のトンカツは、スープに浸っていない部分はサックリ。
後は、衣にスープが染みている。
別皿の方が良さそうだが、それだとカツそばにならない。
下味の塩胡椒がしっかりとしていて、厚みもあり、肉の味を堪能することが出来る。
スープがあっさりなので、くどさを感じることもない。

チャーシューは、豚バラの厚切りが4枚。
トンカツが載るので、チャーシューは無しかと思ったので意外。
味が染み込み、しっとりとした肉質。

メンマは柔らかく、シャクシャクとした食感。
他の具は小口切りの九条ネギ。

【掲載】2017年7月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★☆☆
inserted by FC2 system