らーめん自由区・東京ラーメンガイド千代田区のラーメン店リスト>青葉@飯田橋
中華そば 青葉 飯田橋店あおば いいだばしてん
【所在地】東京都千代田区富士見2-12-16 【お店の地図】
【定休日】日曜
【営業時間】11:00〜19:00
【最寄り駅】JR総武線他 飯田橋駅 徒歩3分
【メニュー】
中華そば650円、特製中華そば850円、つけめん700円、特製つけめん900円
【系統】青葉系東京ラーメン
【お店について】
 1996年創業の名店「青葉 本店@中野」の初めての暖簾分けのお店で、2000年6月開店。餃子とタンメンで知られている「おけい」と東池袋系「大勝軒」に挟まれた場所にある。店内は木製のカウンター12席。厨房には大釜が鎮座している。
青葉 飯田橋店@飯田橋・東京ラーメン
 本日は「特製中華そば」。豚骨・鶏ガラを12時間以上煮込んで一晩寝かせ、鯖節、煮干し、鰹節などの魚介系の出汁を併せるWスープ方式。やや粘度のあるスープは最初、魚介系の風味が鼻孔をくすぐり、次に豚と鶏の白湯スープのコッテリとした旨味が口の中に広がる。その絶妙なバランスで2種類のスープが融合している。中野本店ではスープ温度の低さが気になったが、食べ始めは適度な熱さがあって良い。アクセントとなる粗挽き胡椒は控えめ。180gの麺は平打ちの中細多加水麺。表面は柔らかいが適度なコシがあり、ツルツルとしていて喉越しが良い。肩ロースのチャーシューは柔らかく煮込まれているので箸でつかむとホロホロと崩れる。メンマは太めで存在感があり、コリコリとした食感。ナルトは魚の含有率が高そうなモチッとした感じで上質なもの。
 「青葉」は、首都圏に10店舗、6月に「青葉@池袋サンシャインシティ」、7月には「青葉@御徒町」が開店する。それらを含めると支店(暖簾分け)が12店舗となる。有名店の暖簾分けのお店の中には、「出藍の誉れ」とはいかず、本店との味の違いがある場合が多い。その点、青葉の系列店は本店の味を踏襲し、比較的、同水準の味を提供しているように思う。
【掲載】2005年5月 【行列】2人 【らーめんの王様】★★★★★
 らーめん自由区千代田区のラーメン店リスト>青葉@飯田橋
inserted by FC2 system