らーめん自由区・東京ラーメンガイド千代田区のラーメン店リスト>麺屋武蔵 神山@神田
麺屋武蔵 神山めんやむさし かんざん
【所在地】東京都千代田区内神田3-8-7 グラン・フォークス神田ビル 【お店の地図】
【電話】03-3256-3634
【定休日】無休
【営業時間】11:00-21:00
【最寄り駅】JR山手線・中央線他 神田駅西口 徒歩1分

【メニュー】
 ○ら〜麺750円、味玉ら〜麺850円、神山ら〜麺1000円、焼豚麺1200円、味玉焼豚麺1300円
 ◎つけ麺750円、味玉つけ麺850円、つけ神山1000円、つけ焼豚1200円、味玉つけ焼豚1300円
 ◇温玉・味玉各100円、メンマ・焼豚各150円、他
 □とんがり飯200円

【限定メニュー(これまでの)】
 炙り乾酪(チーズ)味噌ら〜麺900円、冷つけ800円、冷つけ神山1000円、辛つけ麺800円、辛ら〜麺800円、冷しっちゅ〜華800円、味玉冷しっちゅ〜華900円、神山冷しっちゅ〜華1050円、焼豚冷しっちゅ〜華1250円、味玉焼豚冷しっちゅ〜華1350円、他

【系統】麺屋武蔵系東京ラーメン

麺屋武蔵 神山@神田-店舗外観 麺屋武蔵 神山@神田-店内
【お店について】
 2009年2月11日オープン。2008年9月に、再開発による区画整理のため閉店となった「麺屋武蔵 青山@青山一丁目」がこちらに移転し、名前と共に生まれ変わった。

 神田駅西口より直ぐの「神田駅西口商店街」にある。以前、リンガーハットがあった場所。白地に屋号が書かれた電飾の看板、葛飾北斎の浮世絵版画・冨嶽三十六景の一つ「凱風快晴(がいふうかいせい)」の赤富士の絵と暖簾が目印。
 店名は、「神田」の“神”と「青山」の“山”を組み合わせた「神の山」ということで、店内の随所に“富士山”をテーマとしたイメージキャラが登場している。壁には、武蔵と富士山の絵。スタッフのコスチュームは、前述の赤富士の配色が取り入れられている。照明の傘は、ラーメン丼を逆さにしたような富士山型。カウンター天板には、抜き身の日本刀を表現した装飾が埋め込まれている。

 木材を多用しその温もりのある広々とした空間。カウンターL字型17席。丸椅子は固定式だが、前後に動く仕様。厨房には、サラマンダーという調理機器が置かれている。「麺屋武蔵 江戸きん@浅草(閉店)」の時は、短時間で超濃厚スープが摂れる“攪拌寸胴(かくはんずんどう)”という装置が使用され話題となったが、こちらではこの調理器具が注目されている。金串に刺した角煮風の厚切り肉をタレに浸して、それからサラマンダーで焼いている。湯切りの際の「よいっしょ〜」の威勢の良い掛け声は以前と同じ。BGMはジャズ。

【麺屋武蔵の系列店】
 @麺屋武蔵 青山@青山一丁目・閉店、A麺屋武蔵新宿本店@新宿 B麺屋武蔵 二天@池袋、C麺屋武蔵 武骨@御徒町、D麺屋武蔵 虎洞@吉祥寺、E麺屋武蔵 武骨外伝@渋谷、F麺屋武蔵 鷹虎@高田馬場、G麺屋武蔵 江戸きん@浅草・閉店、H麺屋武蔵 神山@神田、I麺屋武蔵 武仁@秋葉原(千代田区)、J麺屋武蔵 厳虎@秋葉原
麺屋武蔵神山-つけ神山
 本日は「つけ神山」の(大)。ラーメンの麺の量は2段階、つけ麺は(小)(中)(大)の3段階で嬉しい同額サービス。

 麺は中太のストレート麺。表面はツルツルとしていて、とても滑らか。外側が固めで、中心部がソフトな食感。想定外は、麺の量。通常、大盛は300g位が標準。神山の場合(大)は、2.5玉(500g)。なかなか減らない量に、ちょっと辟易。

 つけ汁は、やや甘めの味付け。背脂が少し浮いたライトな豚骨魚介の出汁。「麺屋武蔵 青山@青山一丁目」の時のようなキレはなく、“らしさ”はなくなった。凡庸になった印象。麺が多い分、つけ汁の濃度は徐々に薄まっていく。

 具のチャーシューは、焦げ目があり、香ばしいと言うよりは焦げっぽい匂いが汁に移ったのが残念。前回と違ってジューシーではなく、硬い肉質でパサパサとしている。温泉卵は崩して麺に和えたが、薄まった汁では何の効果も得られず…。他の具は、万能ネギと糸唐辛子。
【掲載】2009年11月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★☆☆
麺屋武蔵 神山-神山ら〜麺
 本日は「神山ら〜麺」の大盛。屋号を冠するお店のお薦めメニュー。「味玉ら〜麺」に焼豚が1個増量されたものと言った方が分かりやすい。麺の量は、「並」or「大」の2種類で同額サービス。

 スープは「青山」の時のような濃い醤油の色ではなく、茶濁色。豚骨魚介に、背脂を浮かしたスタイル。移転と共に、スタイルも味もリニューアルしたようだ。
 スープ表面には、ラードの油層がある。そのため最後まで、熱々の温度をキープ。一口目で感じるのは甘味。オイリーなため、出汁の旨味の伝達がやや遅いが、くどさは無くマイルドな味わい。柚子の欠片の清涼感が心地よい。

 中太のストレート麺は、黄色味を帯びた低加水率のポクポクとした食感。茹で加減も良く、小麦の風味も香り高く美味しい。

 具のチャーシューが、このお店のセールスポイント。大と中の2個入り。三枚肉を使い、甘辛い味付けをし、サラマンダーで焼き目をつけている。「武骨」と同様に、包丁でダイナミックに切り分けていく。外側が香ばしく、噛むと肉の旨味が溢れてとてもジューシー。トロトロとした口溶け感が良く、満足度が高い。味玉は、おでん玉子のような固ゆで。味が染みていて美味しいが、味玉に求めるのはやはり半熟。技量がわかるし、美味しいし…。形状が拍子木のメンマは、コリコリとした食感。他の具は、海苔と小口切りのネギ。
【掲載】2009年9月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★☆☆
らーめん自由区千代田区のラーメン店リスト>麺屋武蔵 神山@神田
inserted by FC2 system