らーめん自由区|東京ラーメンガイド港区のラーメン店リスト>TETSU 六本木ヒルズ店@六本木
つけめんTETSU 六本木ヒルズ店
つけめん てつ ろっぽんぎひるずてん
【所在地】東京都港区六本木6-2-31 六本木ヒルズノースタワーB1 【お店の地図】
【電話】03-3497-0154
【定休日】無休
【営業時間】11:00-23:00
【最寄駅】
 ○東京メトロ日比谷線 六本木駅 徒歩2分
 ○都営大江戸線 六本木駅 徒歩5分

【メニュー】
 ○中華そば750円
 〇まぜそば800円
 ◎つけめん800円、辛つけめん850円、味玉つけめん900円、ネギつけめん900円、特製つけめん1100円
 ◎あつもり800円、辛あつもり850円、味玉あつもり900円、ネギあつもり900円、特製あつもり1100円
 ◇辛くする50円、味玉・ネギ各100円、メンマ・野菜各150円、チャーシュー・特製にする300円、他
 □らーめん屋のカレー680円、名物!肉おこわ150円、オレたちのカツオめし!200円、他
 オレたちのカツオめし&茹で餃子2個200円、名物!肉おこわ&茹で餃子2個200円
 ※つけめん・あつもりの麺の量・・・並盛・大盛・特盛-同額サービス

【系統】濃厚豚骨魚介系東京ラーメン

【お店について】
 2005年8月11日創業の「つけめんTETSU@千駄木本店(文京区)」の支店。
 2010年12月15日オープン。
 支店は、「つけめんTETSU品川店」、「つけめんTETSU 横浜ランドマークプラザ店」、「つけめんTETSU 三鷹店」、「つけめんTETSU 壱の木戸 水戸店」、「つけめんTETSU さいたま特別版」、「TETSU京都店(閉店)」など。
 セカンドブランドは、「つけめん102@大宮」、「つけめん102@川口」、「江戸前煮干中華そば きみはん@鶯谷」、「江戸前煮干中華そば きみはん 五反田店」、「鶏と魚だしのつけめん哲 溝の口店」、「炒飯と酸辣湯麺の店-キンシャリ屋」、「つけめん102サクラサク@高円寺(閉店)」など。
 プロデュース店は、「つけめん駒鉄コマテツ@駒場東大前」などがある。

 店主の小宮一哲さんは、大学を卒業後ユニクロに入社。円満退社後に開業。独学ということもあり紆余曲折(うよきょくせつ)もあったが、「六厘舎@大崎」の店主にアドバイスを受け、現在のスタイルを確立した。

 本店では、“昼”は豚骨×魚介スープ+太麺、“夜”は鶏×魚介+中太麺とスタイルを変えている。注目を浴びたのは、豚骨ベースに魚介系を加えた濃厚豚骨魚介系つけ麺。味もさることながら、食べた後の割りスープを飲む際に入れる“焼き石”というスタイルが独特で話題となった。また、あつもりは麺に鰹出汁が加えられ、冷めないように工夫されている。開業より短期間で行列のできる人気店となった。

TETSU@六本木-ノースタワーB1
 お店の場所は、「六本木ヒルズ ノースタワー」の地下1階。
 「六本木ヒルズ」には建物が多いので分かりにくいが、六本木通りに面した建物と言えば分かりやすいだろうか。
 地下に降りると、「クイックスタイルのグルメ空間」と謳われているように、11軒の飲食店と2軒のコンビニが並んでいる。

TETSU@六本木-店舗外観
 このフロアーの東側、つまり日比谷線の六本木駅寄りの場所に位置する。
 レンガ風の壁紙と白い暖簾が目印。

TETSU@六本木-店内
 店内は広々としたゆとりのある空間。
 カウンター14席、テーブル12席(2席×6卓)。 

TETSU@六本木-卓上
 卓上には、冷水入りのポット、割り箸、揚げネギ、胡椒、酢、楊枝、割りスープの入ったポットなどが置かれている。
 BGMは洋楽。
TETSU@六本木-特製つけめん
 本日は「特製つけめん」。“特製”の部分が、別皿で登場。

 麺は極太縮れ麺。うどん粉用とパン用の粉をブレンドした「TETSU専用粉」を使った麺。
 ゴワゴワとしていて、固めの茹で加減。
 啜り心地、喉越しを楽しむタイプではない。
 箸を麺の隙間に差し込んで、持ち上げる。
 つけ汁につけて、ワッシワッシと豪快に口の中に放り込む。
 歯を立てれば、歯を押し返す程の強靭なる弾力性。若干、アゴが疲れる。
 咀嚼すると小麦の香りと甘味が出てきて美味しい。

 つけ汁の出汁は、ゲンコツ・鶏ガラを2日間かけて炊いた動物系と濃厚な魚介出汁を合せたもの。
 粘度があり、麺に吸着する。
 動物系の出汁と魚介系の出汁の出方も濃いので、パンチ力がある。
 濃厚な分、後半は少し飽きが来る。そこで、卓上調味料の活用。
 割りスープや酢を入れて調整したり、揚げ葱を投入して“味変”効果を狙う。
 元々の味を変えない程度に、変化をもたらせることがコツ。

 具のチャーシューは、バラ肉の厚切り。箸でつかむとフルフルと揺れ、口の中に入れるとトロ〜リと溶ける感じ。
 太めのメンマは、味付けはほど良くシャクシャクとした食感。
 味玉は、味付けは控えめで、黄身がトロリとした絶妙な半熟具合。
 他の具は小口切りのネギ、ナルト、カイワレ。

 最後にスープ割り。スープは鰹出汁。
 スープを足して、“焼き石”を投入。熱々の状態に戻る。
 時折、継ぎ足して全汁。

【掲載】2012年4月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★★★

らーめん自由区港区のラーメン店リスト>TETSU 六本木ヒルズ店@六本木
inserted by FC2 system