本文へスキップ
らーめん自由区|東京ラーメンガイド中野区のラーメン店リスト>青葉@中野
中華そば 青葉 中野本店 ラーメン遺産 殿堂入りの名店
ちゅうかそば あおば なかのほんてん
【所在地】東京都中野区中野5-58-1 【お店の地図】
【電話】03-3388-5552
【定休日】無休
【営業時間】10:30-20:00(売り切れあり)
【最寄り駅】JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 中野駅 徒歩4分

【メニュー】
○中華そば730円、特製中華そば900円
◎つけめん780円、特製つけめん950円
□大盛各+100円
※つけめん-太麺(14:00〜数量限定で提供)

【系統】Wスープ系東京ラーメン

【お店について】
1996年10月創業。店主は、芳賀良則さん。
屋号「青葉」の由来は、ご主人の故郷“仙台のイメージ”と“これから伸びゆく、繁れる”という日本的な言葉の響きから採り入れた。

ラーメンに関しては独学で始めたご主人。東京ラーメンと九州ラーメンの良さを取り入れたラーメンの構想を練る。
動物系と魚介系の出汁を摂るのに適した温度が異なることに着目。別々に摂ることを試みた。
別々に摂ったスープを提供直前に、丼で併せる「Wスープ」方式を取り入れた。
現在では、予め寸胴で併せているが、「Wスープ」方式はここから始まったと言える。

創業当時はシンプルな店構えのためか、素通りされてしまうような感じだった。
その後、口コミでその噂が広まり、東京屈指のラーメン店になった。
「青葉インスパイア系」という言葉が生まれ、影響を受けたお店の数も多い。
ラーメン界に影響を与え続けつつ、その支店(暖簾分け)を首都圏に、漸増気味に拡げつつある。

ふれあいロード・・・青葉@中野
中野ブロードウェイに続く賑やかなサンモール。
このお店は、その東側に平行して走る「ふれあいロード」の一角にある。
この道沿いには飲食店がひしめいている。
居酒屋に続き多いのが、ラーメン専門店。俗称「ラーメンアベニュー」とも呼ばれている。
旭川の有名店「旭川らぅめん青葉」とは関係ない。

店舗外観・・・青葉@中野
白地に緑色で「中華そば」、赤で「青葉」と染め抜かれたシンプルな庇(ひさし)と暖簾が目印。
「並んでまでラーメンを食べたくない」という人も多いが、「並んでも食べてみたい」と思わせるのが“青葉の中華そば”。
店外左手に、券売機が置かれている。

青葉@中野-店内
4.5坪のスペースに、屋台をイメージして作られた店内。
1997年に初訪問して以来、何度か通ったが、その間に内装工事も入り、カウンター13席となって広くなった。

中華そば 青葉@中野-店内
以前のような行列は少なくなったが、それでも土曜・日曜の昼時には行列が出来る。
回転が速いため、待ち時間は短い。
カウンター席から、厨房内の様子が良く見える。BGMはAMラジオ。

卓上・・・青葉@中野
卓上に置かれている調味料類は、粒子の細かい胡椒のみ。
青葉オリジナルの薬味「ゆず唐辛子」も提供されるようになったが、卓上には置かれていない。口頭で頼むと出してくれる。

「おみやげ中華そば」が、2007年12月より本店と池袋サンシャイン店で販売されるようになった。
薄めないストレートタイプのスープと麺がセットになったもの。(2012年現在、販売停止)

青葉の支店(系列店)は、青葉系のページで紹介。
青葉@中野-特製中華そば
本日は「特製中華そば」

僅かに濁りのあるスープ。
一見塩ラーメンのような色合い。
スープ表面は鶏油で覆われ、熱々をキープ。

先ずは、スープを一口。
豚骨の優しい甘みと、じんわりと押し寄せる魚介の旨み。
均整の取れたバランス系。

続いて飲むと・・・。
昨今の濃厚魚介スープと比較するとややおとなしく感じる。
魚介は突出せず、鶏の出汁が効いた穏やかなスープ。
パンチ力はないが、完成度の高さは感じられる。

麺は、中太のストレート麺。
表面はツルツルで、スルスルと滑り啜り心地が良い。
中心部分は、高い密度感と熟成感があり、モチモチとした食感。

具のチャーシューは、肉厚のロース肉。
柔らかく、ふっくらとした肉質で、適度な噛み応えも残している。

味玉は、黄身が若干流れ出るジェル状。
オレンジ色の黄身の味は濃く、ウマい。

メンマは、表面も中心部も一定の柔らかさがある。
歯触りが良く、シャクシャクと咀嚼する楽しさがある。
他の具は、海苔、ナルト、小口切りのネギ。

【掲載】2015年6月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★★★
inserted by FC2 system