本文へスキップ
らーめん自由区|東京ラーメンガイド中野区のラーメン店リスト>どうげんぼうず@新中野
麺屋 どうげんぼうず 
めんや どうげんぼうず

【所在地】東京都中野区本町4-30-11 アーク新中野1F 【お店の地図】
【電話】03-6382-7622
【定休日】月曜
【営業時間】
・11:30-15:00/18:00-22:00・・・平日
・11:30-15:00・・・日曜
【最寄駅】東京メトロ丸の内線 新中野駅 徒歩5分

【メニュー】
○塩そば730円、味玉塩そば830円、ネギ塩そば830円、肉塩そば930円、子供塩そば350円
○辛そば780円、味玉辛そば880円、ネギ辛そば880円、肉辛そば980円
◎塩つけ780円、味玉塩つけ880円、ネギ塩つけ880円、肉塩つけ980円
◎辛つけ830円、味玉辛つけ930円、ネギ辛つけ930円、肉辛つけ1030円
◇味玉・メンマ・のり・粉チーズ・各100円、肉増し200円
□麺大盛100円、そぼろ飯200円、他

【限定メニュー(これまでの)】
辛ベジ1000円、塩ベジ1000円、他。

【系統】鶏清湯魚介系東京ラーメン

【お店について】
2014年11月1日オープン。

2012年8月22日、「麺処おかげさま@笹塚」という屋号で創業。
店主は、寺脇浩美さん。
寺脇さんは、30年近くサービス業に従事後、大成食品株式会社の「鳥居式ラーメン塾」でラーメンを学ぶ。
フードコートへの期間限定出店を経て、笹塚で開業。

2013年8月3日で、一時休業。
2013年9月1日、「麺屋どうげんぼうず」という屋号で、リニューアルオープン。
店長(店主)は、近廣直也さん。
近廣(ちかひろ)さんは、路上ライブなども行っていた元・歌手。
「どうげんぼうず」とは、近廣さんの出身・山口県下関市の方言で、「悪たれ、悪ガキ」という意味。

2014年6月29日をもって、笹塚の店は閉店。
2014年11月1日に、新中野の鍋横に、移転オープン。

麺屋どうげんぼうず@新中野-店舗外観
お店の場所は、新中野駅出口3を出て、青梅街道を右手に進む。
鍋屋横丁交差点から、鍋横商店街に入り、直進して左手にある。
以前、「千聖」→「中野汁場 進化」→「惣次郎」というラーメン店が営業していたテナント。

麺屋どうげんぼうず@新中野-店舗外観
以前黒を基調とした外観を白に塗り替え、猫と蝶のペイントを施している。

麺屋どうげんぼうず@新中野-店内
店内は、L字型カウンター8席。
BGMはJ-Rap、ヒップホップなど。 

麺屋どうげんぼうず@新中野-店内
卓上調味料は、コショウとお酢。
カウンター上には「温かいお茶」と「つけ麺用の割りスープ」のポットが置かれている。
麺屋どうげんぼうず@新中野-味玉辛そば
本日は「味玉辛そば」

辛さは普通★★、ちぃ辛★★★、ぶち辛★★★★から選べる。
シバキ ★★★★★(+100円)。

今回はぶち辛を選択。
スープベースは、鶏ガラ・丸鶏と鯖節等の魚介系、香味野菜などを丁寧に煮込んだもの。
辛味は、日本産と韓国産の唐辛子、山椒をブレンドしたものを使用。
辛味油は、エビ油をベースにしたもの。

スープは、灼熱地獄の赤い色。
然程熱々ではなく、サラリとした清湯。
辛さも「ぶち辛」だが、ヒリヒリして味がわからなくなるような辛さではない。
始めに、鶏、魚介の風味や旨みが舌に広がり、続いて辛さや痺れがやってくる。
最後は、またスープの旨みが口の中に広がっていく。
辛さが旨味をブーストする感じで、辛味を効果的に使用している。

麺は、「大成食品」製の平打ちの中太縮れ麺。
手もみが入り歪な形状。
麺とスープの絡みは良い。
啜ると跳ねるような感じで、ビロビロ感のある口当たり。

具のチャーシューは、豚バラロール。
提供直前にバーナーで炙る。
香ばしく、柔らかくて美味しい。

味玉は、黄身に味が染み込み、ゼリー状の半熟具合。
メンマは、細切りで、シャキシャキ、コリコリとした食感。
白髪ねぎは良い箸休め。
他の具は、海苔、挽肉。

【掲載】2016年7月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★★☆
★このページに掲載されているそれ以前の実食レポートは、下記のページです。

味玉塩そば【2016年3月】(1)
inserted by FC2 system