らーめん自由区|東京ラーメンガイド中野区のラーメン店リスト>江戸甘@都立家政
TOKYO味噌らーめん 江戸甘・閉店 ラーメン遺産 殿堂入りの名店
とうきょうみそらーめん えどあま
【所在地】東京都中野区鷺宮3-1-12 【お店の地図】
【電話】03-3330-9266
【定休日】
 ○第3火曜+不定休(店頭に表示)
 ※第1・2・4火曜日は、サードブランドが営業
【営業時間】18:00-売り切れ次第終了(23:00頃)
【最寄駅】西武新宿線 都立家政駅 徒歩1分

【メニュー】
 ○中華そば(醤油・塩)600円、生姜そば(醤油・塩)700円、焼豚めん(醤油・塩)920円
 ○TOKYO味噌らーめん720円、TOKYO味噌らーめん(ハイカラ)820円
 ○辛い味噌らーめん870円、辛い味噌らーめん(ハイカラ)970円
 ○タンメン720円、トマトタンメン870円、TOKYOタンメン1200円、TOKYOタンメン(ハイカラ)1300円
  らーめん 麺の量−普通(150g)、中盛(200g)、大盛(250g)は同額で、食券を渡す時にオーダーする。特盛り(300g)は+100円。
 □つけ麺820円-時季により内容が若干変更
  参考…(醤油つけ麺、塩つけ麺、味噌つけ麺、辛味噌つけ麺、トマトつけ麺、チリトマトつけ麺、他)
  つけ麺 麺の量−普通(200g)、中盛(300g)、大盛(400g)は同額で、食券を渡す時にオーダーする。
  麺の「あつもり、ひやもり」が選べる。
 ◇半熟味付け玉子100円、単品ネギ200円、メンマ・いもがら200円、単品ちゃーしゅー320円
 ◇玉子かけ御飯270円、きまぐれ御飯370円、ちゃーしゅー飯320円、焼豚飯370円、きまぐれデザート100円、他

【期間限定メニュー(これまでの)】
 だだ茶豆の冷やしらーめん、冷やしらーめん(辛い味噌・トマト)820円、中華そば500円、野生卵のかま玉風(温・冷)500円、冬の翡翠麺870円、萌黄麺870円、Tokyo味噌つけ麺〜田舎風〜870円、鶏白湯煮込みらーめん870円、炙り醤油らーめん870円(金曜日限定)、秋の翡翠麺870円、玄米甘酒のピリ辛らーめん870円、トマトタンメンのつけ麺870円、生姜のつけ麺(醤油味・塩味)870円、冷やし支那そば(しょうゆ味・塩味)720円、冷やし生姜そば(しょうゆ味・塩味)770円、冷やし味噌らーめん870円、冷やし辛味噌らーめん870円、トマトとクリーム豆腐の冷やし中華870円、鶏ぷるっ冷やし麺870円、タンメンのつけ麺(塩味)、タンメンのつけ麺(醤油味)、野生卵の酸辣湯つけ麺870円、冷やしらーめん(味噌)920円、野生卵のかき玉そば720円、チリトマトつけ麺870円、春の翡翠麺(塩味)820円、味噌らーめん820円、味噌らーめん(ハイカラ)920円、タンメン820円、タンメン(ハイカラ)920円、他

【系統】創作味噌・タンメン系東京ラーメン

【お店について】
 2008年6月2日オープン。「麺や七彩@都立家政(2007年2月27日創業)」のセカンドブランド。昼の部(11:00-16:00)は「七彩」、夜の部(18:00-)は「江戸甘」として営業している。
 「TOKYO味噌らーめん【ハイカラ】」は、3月より「七彩」で登場したメニューであったが、中野区主催の「中野の逸品グランプリ2008」で、最優秀逸品賞「中野新進気鋭賞」を取ったのを機に、このメニューをセカンドブランドとして前面に出すことになった。味噌らーめんの他、タンメンのメニューも取り揃えている。このタンメンは、横浜市の「三幸苑@桜木町(中区野毛町)」のものをイメージして作った創作タンメン。

 お店の目指す方向性は、地産地消(地域で生産したものを地域で消費すること)。ということで、味噌らーめんのベースは、1885年(明治18年)創業の「あぶまた味噌@新中野/中野新橋」の「江戸甘味噌」を使用。使用する野菜なども、今後、それに近づけていくことになるであろう。

江戸甘-店舗外観
 このお店は、西武新宿線「都立家政」駅北口から直ぐの「家政銀座商店街」にある。昼間の褪せた藍色の暖簾とは違い、樺色に近い和色の暖簾を掛けている。

江戸甘-店内
 道路よりワンステップ下がった店内に入ると、入り口左に券売機がある。水はセルフ。L字型のカウンター10席のゆったりとした空間。

七彩・江戸甘-調味料の販売 江戸甘-天然酵母のパン 購入した酵母パン 購入した自家製麺
 客席背後の壁面の棚には、七彩・江戸甘で実際使用している醤油、塩、酢などの調味料や卵などが置かれ、販売している。また、自家製の生麺(2009年購入時-700g50円)や知人が作った無添加・天然酵母のパンを販売することもある。

 2010年3月より、「麺や 七彩」の夜の部である「TOKYO味噌らーめん 江戸甘」にて、第1・2・4火曜日を利用してスタッフ(お弟子さん)がそれぞれのメニューを提供するサード(3rd)ブランドが始まった。
 第1火曜日は、山下勝義氏の「麺や七郎 背脂」
 第2火曜日は、田尻健一郎氏の「田尻麺一郎」→長尾優介氏の「やきそば どろっ」終了→※長尾氏が立ち呑み居酒屋「金町製麺@京成金町」の店長になったため。
 第3火曜日は、定休日
 第4火曜日は、太田和 駿氏の「牛魔王@都立家政(中野区)」
 第5火曜日は、阪田博昭氏と藤井吉彦作「匠(MIEDTER)@都立家政(中野)」
 ※2011年4月8日より、「麺や 七彩/TOKYO味噌らーめん 江戸甘」が、「ラーメンストリート(東京駅八重洲南口・一番街地下1階南通り)」に出店のため、サードブランドは終了。
 ※「ラーメンストリート」に出店のため、「江戸甘」は休業。

2012年5月23日「食堂 七彩@都立家政(中野区)」として、リニューアルオープン。
江戸甘-生姜そば・塩
 本日は「生姜そば・塩(普通)」

 やや小ぶりな丼鉢。そこから香りを放つ生姜の風味。もやしの上に、大きいもの1個分は使っていると思われる生姜をスライスして、もやしの上にうず高く盛っている。
 まず、一口。鼻をツーンと刺激する香り、特有の酸味と辛味が舌に染み入り、心地よい痺れ感がじんわりと…。そして、身体の奥から温かいものが込み上げてくる。スライスのみならず、スープの方にもスリおろし生姜が加えられている。醤油味よりも、塩味の方がダイレクトに生姜の味が伝わってくる。
 生姜との相性を考えれば、醤油味の方に軍配は上がるが、コクのあるスープに見事に調和されていて美味しい。

 麺は七彩・江戸甘で使われている麺では一番細い形状のストレート細麺。柔らかめの茹で加減で、スルスルとすすり心地の良さ。噛めばポクポクとした食感。

 具のチャーシューは、赤身と脂身が層をなしていて、ミシッと噛み応えのある肉質。細いメンマは、コリコリとした漬物のような食感。他の具は、江戸菜、糸唐辛子、刻みネギ。

 1度の食事で、これだけ多くの生姜を摂取したことはない。食べた後、本当に身体の芯から温まる。鍋物にも応用してみたい。

【掲載】2010年12月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★★★
★このページに掲載されているそれ以前の実食レポートは、下記のページです。
冷やしラーメン・辛い味噌(普通)【2010年10月】(13)
支那そば・塩(中盛)+半熟味付け玉子【2010年8月】(12)
生姜そば(醤油)+半熟味付け玉子【2010年5月】(11)
冬の翡翠麺【2010年2月】(10)
TOKYO味噌つけ麺〜田舎風〜+半熟味付け玉子【2010年1月】(9)
鶏白湯煮込みらーめん+半熟味付け玉子【2009年12月】(8)
秋の翡翠麺+今月のきまぐれごはん【2009年10月】(7)
冷やし味噌らーめん【2009年8月】(6)
支那そば(醤油)【2009年7月】(5)
トマトタンメンのつけ麺+半熟味付け玉子【2009年5月】(4)
TOKYOタンメン+半熟味付け玉子+阿部鶏の柚子飯【2009年2月】(3)
トマトタンメン(ハイカラ)+半熟味付け玉子【2009年1月】(2)
TOKYO味噌らーめん(ハイカラ)【2008年8月】(1)
らーめん自由区中野区のラーメン店リスト>江戸甘@都立家政
inserted by FC2 system