らーめん自由区|東京ラーメン・つけ麺ガイド中野区のラーメン店リスト>地雷源@中野
我流旨味ソバ 地雷源 中野本店・店名変更 ラーメン遺産 殿堂入りの名店
がりゅううまみそば じらいげん なかのほんてん
→「肉煮干し中華そば さいころ」に改名
【所在地】東京都中野区中野2-28-8 【お店の地図】
【電話】03-6304-8902
【定休日】年中無休(正月など臨時休業有)
【営業時間】
 ●我流旨味ソバ 地雷源[Jiraigen]…11:00-17:30
 ■プレシャス[PRECIOUS]…18:00-23:00(金・土は、-翌1:00)
【最寄駅】JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 中野駅南口 徒歩3分

【メニュー】
 ●我流旨味ソバ(醤油)750円、塩の旨味ソバ(塩味)750円、肉ソバ(醤油or塩)880円、特製ソバ(醤油or塩)930円
 ●ハーフ旨味ソバ600円、フランキー中華ソバ(醤油)680円、塩のフランキー中華ソバ(塩味)680円、鶏油魚粉ソバ(醤油)750円
 ◎つけソバ(醤油/並・中・大)850円、塩のつけソバ(塩味/並・中・大)850円
 ◇絶妙半熟煮玉子・とろける温玉・のり各100円、辛ネギ150円、ブタ250円
 □らぁ麺Aセット(醤油or塩+温玉のせごはん)830円、らぁ麺Bセット(醤油or塩+豚めし)850円
 □辛肉味噌ごはん・キーマカレーごはん・とろける温玉ごはん各200円、炙り焼きチャーシューごはん280円
 □黒豚焼き餃子380円、黒豚焼き餃子(ハーフ)200円、他
 ※つけ麺の麺の量(同額)-(並)200g・(中)300g・(大)400g
【メニュー・プレシャス】
 ●コクまろ味噌ソバ850円、我流旨味ソバ(醤油)750円、塩の旨味ソバ(塩味)750円
 ◎濃厚つけ汁ソバ850円、辛肉ミソのつけ汁ソバ950円、キーマカレーのつけ汁ソバ950円、魚出汁ソバ750円、他

【限定メニュー(これまでの)】
 NIBOつけソバ850円、冷やしらぁ麺(醤油・塩)850円、カレーつけソバ880円、辛つけソバ880円、汁なしソバ850円、魚出汁ソバ750円、コクまろ味噌ソバ850円、香油汁なしソバ(醤油)780円、濃厚ツケ汁ソバ850円、辛肉ミソのつけ汁ソバ950円、他

【系統】トリプルスープ系東京ラーメン

【お店について】
 2002年4月22日創業。創業地は、方南町(杉並区)。2010年2月28日に閉店し、移転。
 2010年3月18日、「地雷源 中野本店(中野区)」がグランドオープン。
 2011年9月07日、「肉煮干し中華そば さいころ」と改名。

 フランチャイズ1号店として、「地雷源 勝田店@勝田(茨城県ひたちなか市)」が、2007年3月09日オープン。
 フランチャイズ2号店として、「宝城 イーアスつくば店@研究学園(茨城県つくば市)」が、2008年10月31日オープン。
 その他、「らぁ麺 あんど@三ノ輪(2009年7月)」を開業支援(プロデュース)した。

 店主は「鯉谷剛至(こいたに・つよし)」さん。
 「魂が宿った天然食材で、日本のソウルフード=無化調で魂を込めたラーメンを創る」がコンセプト。
 「醤油や味噌、鰹節、煮干し、昆布、干ししいたけなどの食材…、それは民族が日常生活においてかかすことのできない食材。人間が自然の中で生きていく上で屈しないよう、工夫され長期保存できるようになったものばかりである。すなわち、それらには「魂」が宿っている。魂が宿った食材を活かし、化学調味料に頼らないラーメンを創作し、提供する。」ということ。
 万人に優しく、心地よい、洒落た空間作りを心掛けている。

 方南町時代には、通常の「我流旨味ソバJiraigen」の他に、「BLACK FRIDAY」、「ィ夜の味噌ソバ 裏七Jimmy」、「濃厚つけ汁ソバFRIDAY」、「定休日の味噌ソバHOLIDAY」などのブランドを展開。曜日や時間帯により違うメニューを提供し話題となった。

 お店の場所は、中野駅南口より「ファミリーロード(中野通りより一本東寄りの道)」を直進すると左手に中野郵便局が見えてくる。その右向かいの角地に位置する。
地雷源 中野本店-外観(中野郵便局前)
 中野通りから行った場合は、直進し五差路に出たら左手(大久保通り)に曲がって直ぐの場所。
 以前、「佐世保ラーメン 港」や居酒屋が雑居していた古い建物で、それを改装したもの。黒い外装と電飾の看板が目印。

 出入り口は右手側のドア。正面には、サッシ戸がある。ドアを入って右側に券売機があり、正面には2階へと続く階段がある。左手には厨房と向き合うようにカウンター席が続く。

地雷源 中野本店-店内奥より
 1階カウンターは11席。市松模様の床は、方南町時代と同様。

地雷源 中野本店-2階客室
 2階はテーブル8席(4人掛け×2卓)+トイレ。2階は主にグループ優先スペース。通常は1階席に通される。

 黒を基調とした店内。床は黒と白の市松模様。カウンターと椅子が床から高めに設置されている。荷物は天板下のフックに引っ掛ける仕様。
 座ると最初に、おしぼりが差し出され、続いてお冷やが出される。卓上には、酢・ラー油・醤油・グリーンペッパーソース(タバスコ)が置かれている。お箸は長さが短めで、つかみやすい竹箸。スタッフのファッションは、帽子(野球帽orハンチング帽)とお揃いの“地雷源オリジナルのTシャツ”で統一し、混雑時には5人前後で切り盛りをしている。
地雷源 中野本店-麺茹で機
 ラーメン類の麺茹でには「テボ(振りザル)」が使われているが、つけ麺には四角い“麺茹で機”が使用されている。茹で上がった後、レバーを持って半回転させるとシンク(流し)に流れ落ちる合理的な仕組み。個別に茹でるやり方に比べ、湯切りのスキル(技能・熟練)を必要としない。そして、1時間で99杯分のつけ麺が提供できる優れもの。

地雷源 中野本店-DJブース
 厨房の奥(大久保通りに面した)の角の小部屋はDJブース。ここからBGMのモダンジャズを中心とした曲が流されている。

【参考-これまでに使われている厳選素材】
 〈スープ〉・・・[豚系]-ゲンコツ・豚足・背脂・豚バラ肉、[鶏系]-讃岐コーチン・阿波尾鶏・名古屋コーチン鶏ガラ・イサブラウン丸鶏、[魚介系]-真昆布・帆立貝柱・干し椎茸・鯖節・宗田鰹・花鰹・煮干のトリプルスープ。
 〈タレ〉・・・広島県寺岡家長期3年熟成醤油、愛知県甘強味醂酒造の昔仕込本味醂、鹿児島県産洗双糖。

■濃厚味噌らぁ麺 裏七ジミー[Jimmy]…(月〜土)22:00-翌1:30【一時休止】
■ブラックフライデー[BLACK FRIDAY]…(金)11:00-21:30/22:00-翌1:00【一時休止】
濃厚つけ汁ソバ-地雷源@中野
 本日は「濃厚つけ汁そば」。夜の部「プレシャス」のメニュー。

 麺は極太平打ちストレート麺。形状はきしめん。固めに茹でられ、水できっちり引き締められている。摩擦係数は高く、ズル、ズズズッとゆっくり口内に滑り込んでくる感じ。

 つけ汁は、豚骨と鶏ガラスープに、背脂でコッテリ感を出している。魚介系の旨みも滲み出ていて旨い。
 酢の穏やかな酸味、一味のピリッとした辛味、刻み玉葱の甘みのバランス良く、スープにアクセントを加えている。
 麺と温野菜の上に振りかけられているブラックペッパーのスパイシーな刺激が後からジワジワと効いてくる。

 具の炙りチャーシューは、バラ肉のものが2枚。赤身の部分がミチッと引き締まった感じの硬さ。白身の部分はジューシー。
 温野菜のもやしとキャベツは、箸休め。他の具は、刻みネギ。

 最後にスープ割り。スープの量が少なかったのか、やや塩辛さが残り全汁はパス。

【掲載】2011年9月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★★★
★このページに掲載されているそれ以前の実食レポートは、下記のページです。
キーマカレーのつけ汁ソバ【2011年8月】(12)
コクまろ味噌ソバ+半熟煮玉子【2011年7月】(11)
辛つけソバ【2011年1月】(10)
フランキー中華そば(醤油)【2010年12月】(9)
塩の旨味ソバ【2010年11月】(8)
塩のつけソバ【2010年10月】(7)
鶏油魚粉ソバ(醤油)+とろける温玉【2010年10月】(6)
冷やしらぁ麺(醤油)【2010年9月】(5)
塩のフランキー中華そば【2010年9月】(4)
カレーつけソバ【2010年7月】(3)
冷やしらぁ麺(塩)【2010年7月】(2)
我流旨味ソバ(醤油)【2010年3月】(1)
らーめん自由区中野区のラーメン店リスト>地雷源@中野
inserted by FC2 system