本文へスキップ
らーめん自由区|東京ラーメンガイド中野区のラーメン店リスト>好日@東中野
麺汁食膳 好日 ラーメン遺産 殿堂入りの名店
めんしるしょくぜん こうじつ
【所在地】東京都中野区東中野1-53-7 MKハウス1F 【お店の地図】
【電話】03-3369-5914
【定休日】日曜
【営業時間】
*11:30-14:30/17:30-20:30
*11:30-14:30・・・土曜
【最寄駅】JR総武線・都営大江戸線 東中野駅西口 徒歩2分

【メニュー】
○らあめん700円、らあめん少なめ盛650円、らあめん大盛800円、煮玉子らあめん800円、ちゃーしゅうめん900円、煮玉子ちゃーしゅうめん1000円
○つけめん700円、つけめん少なめ盛650円、つけめん大盛800円、煮玉子つけめん800円、ちゃーしゅうつけめん900円、煮玉子ちゃーしゅうつけめん1000円
◇焼餃子(5コ)300円、めんま小鉢200円、もやし小鉢(小)100円、もやし小鉢(大)200円、キムチ小鉢200円
◇完熟マンゴーデザート200円、他
□つけめんお持ち帰り用(生麺・ゆで麺)、餃子お持ち帰り用-上記と同額

【系統】和風だし系東京ラーメン

【お店について】
2001年創業。女性店主の宗松由美子さんは、元々国分寺で中華料理店を営んでいた。
開店させる好日も夫と2人で営んでいく予定だったが、ご主人が他界。
そのため、女性店主として切り盛りすることとなった。
宗松さんは、タレントの関根勤さんと都立八潮高等学校時代の同級生。

「自然の美味しさが伝わる…そんな体に優しいらあめん創りを心掛けております」が、「好日」のコンセプト。

好日@東中野-コンセプト
食べる側の健康を考え、天然素材のみを使用した体に優しいラーメン、つけ麺づくりを心がけている。
麺は自然卵を使い、一日寝かせた自家製麺。

好日@東中野-周辺
お店の場所は、JR東中野駅の南口を出て、真っ直ぐ南進した路地の角地。
周辺は人通りが少ない住宅街。グリーンの庇(ひさし)が目印となる。

好日@東中野-店舗外観正面
一見、ラーメン専門店に見えない店構え。
木製の看板は、重厚で風情がある。

好日@東中野-店内
店内奥に、4人がけの四角いテーブル12席。中央に大きな楕円のテーブル10席の計22席。

スタッフは女性のみで、整然としていて清潔感が溢れている。女性客が多いのも頷ける。
サラリーマン、OL、中高年の夫婦、高校生など、客層の幅が広く、常時賑わっている。
器は佐賀県の陶器(有田焼)メーカーの「深川製磁」製のものを使用している。

会計は後払い。
BGMはオルゴールミュージック。

【好日 使用食材一例】
こいくち(近藤醸造元)、沖縄の塩・シママース(青い海)、スプーン印グラニュー糖(三井製糖)、紹興酒(中国産)、福来純・三年熟成本みりん(白扇酒造)、米酢(ミツカン)、大山丸鶏・鶏ガラ、煮干、鰹節、サバ節、羅臼昆布、どんこ、他。
好日@東中野-煮玉子らあめん
本日は「煮玉子らあめん」

大山丸鶏・鶏ガラ・豚足等の動物系と煮干・鰹節・鯖節・羅臼昆布等の魚介類をじっくり炊いた清湯スープ。
スープ表面は、ラードに覆われていて、温度は熱め。

先ずは、スープを一口。
淡麗なる醤油味。
尖ったところがなく、サラリとした口当たり。
甘味やコクのバランスが良い。

続いて飲むと・・・。
すっきりとした醤油の味わいに、鶏の旨み、昆布や椎茸などの各種天然素材の旨みがじんわりと押し寄せる。
飲み進むにつれ、魚介の出汁の味が際立ってくる。
動物系の出汁、魚介系の出汁、油分、塩分濃度が丁度良いバランスで一体化している。
後味も柔らかで、塩気を感じさせず、ナチュラルな旨みのみ淡く余韻として残る。

麺は、自家製の中太のストレート麺。
加水率多めで、かん水少なめ。
つるりとしていて喉越しが良い。
噛むとモチモチとした弾力性があり、密度を感じさせるしっかりとした歯ごたえがあって美味しい。

具のチャーシューは、大振りなサイズのロース肉。
適度に醤油ダレが染み込み、柔らかい肉質。
煮玉子は、ジュレ状の半熟具合で、甘目の味加減。
メンマは、細めながらも、コリコリとした歯応えが小気味よい。
他の具は、小口切りのネギと海苔。

好日@東中野-チャーハン
ランチサービスの「チャーハンの小鉢」

入口横のケースの中に、「もやしの小鉢」と「チャーハンの小鉢」が置かれている。
ランチ時のみのサービス品(先着順)。

玉子、椎茸、チャーシュー、刻みネギなどの具。
炒飯というよりは、炊き込みご飯風。

ラーメンを待つ間に食べるもよし、一緒に食べるもよし。
この一品のサービスが、嬉しい。

【掲載】2015年7月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★★★
inserted by FC2 system