らーめん自由区・東京ラーメン食べ歩きガイド中野区のラーメン店リスト>RYOMA@新井薬師前
RYOMA 本店りょうま
【所在地】東京都中野区上高田3-19-16 【お店の地図】
【定休日】水曜
【営業時間】11:00-22:00頃
【最寄駅】西武新宿線 新井薬師前駅 徒歩30秒
【メニュー】
○塩ラーメン730円、うめ玉ラーメン800円、塩エビワンタンラーメン830円、塩トリチャーシューラーメン880円、Wねぎラーメン1030円、半ラーメン550円
○塩つけめん780円
□うめ味玉子100円
□マーボー鉄板半ラーメンセット780円、RYOMA鉄板半ラーメンセット900円

【系統】鶏ダシ創作系塩ラーメン

【お店について】
 2005年4月創業。正式名称は「大人のラーメンレストラン RYOMA本店」。「(株)Let's just do it.」が運営するお店。ラーメンと鉄板焼の2部構成という変り種。
 新井薬師前駅南口を出て直ぐ。ロゴ入りの黒の垂れ幕が目印。ラーメン屋さんに見えない外観で、角地にあるため店内を挟むように2方向に入口がある。店内はJAZZの流れるお洒落な感じの開放的な空間。カウンター5席、テーブル席10席。椅子はボックス状で荷物が収納できる。「日本を救いたい!うまいだけのラーメン時代に革命を!」という思いを込め、坂本竜馬にちなんでつけた屋号。

 2007年11月25日には、2号店「麺やRYOMA 高田馬場店」がオープン。
RYOMA@新井薬師前・東京ラーメン
 本日は 「塩トリチャーシューラーメン」+うめ味玉子。丸鶏4羽と豚ガラ、鯵、アゴ等を10時間煮込んだダシ。塩ダレにはフランス産ゲランド自然海塩、てん菜糖(ビート)を使用している。スープの表面に浮かぶ香味油は桜海老の風味を移したエビ油。コクを深める意味では効果的。全体的にあっさりとしていながら、鶏のダシが強めに出てふくよかな旨味がジンワリと感じられる滋味深い味わい。

 麺は「三河屋製麺」製の薄黄色の細縮れ麺。柔らかめの茹で加減ではあるが、歯切れがよく、しっかりとしたコシがあり、滑りも上々。スープとの絡みも良く馴染んでいる。

 チャーシューは岩手県産「みちのく赤どり」の柔らかな鶏のムネ肉を蒸したもの。豚に比べ淡白な感じがするものの、塩ダレで味付されているので物足りなさはない。メンマは細切りで程よい味付でコリコリとした食感。特筆すべきは梅酢に漬けたうめ味玉子。梅の風味と酸味がスープの味に影響を与えぬよう別皿で提供される。塩ラーメンにたまにトッピングされる梅干や青じそとは違って、個性が強い分、単体で味わうに限る。甘酸っぱく血液がサラサラになりそうな健康的な逸品。卓上には「ラーメン用揚げエシャロット」と「鉄板用揚げニンニク」の2種類が置かれ、好みで入れることができる。大量に入れても口臭は気にならず、風味が増し、スープに奥行きをもたらす。他の具は糸唐辛子、小口切りされた万能ネギ。

 店長とその母親、若いスタッフで運営するアットホームな雰囲気のするお店。家族連れや知り合いが利用することも多く、その場合は賑やかになる(1人客にとっては肩身が狭い)。ボリュームを求める人には鉄板焼と半ラーメンのセットをたのむと満足度が増すように思われる。
【掲載】2006年2月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★★☆
らーめん自由区中野区のラーメン店リスト>RYOMA@新井薬師前
inserted by FC2 system