本文へスキップ
らーめん自由区|東京ラーメンガイド中野区のラーメン店リスト>食堂七彩@都立家政
食堂 七彩 ラーメン遺産 殿堂入りの名店
しょくどう しちさい 

【所在地】東京都中野区鷺宮3-1-12 【お店の地図】
【電話】03-3330-9266
【定休日】第3火曜
【営業時間】
*11:30-15:00/18:00-24:00頃
*11:30-24:00頃・・・土
*11:30-22:00頃・・・日・祝
※営業時間が時折変わるので、電話等で要確認。
【最寄駅】西武新宿線 都立家政駅 徒歩1分

【メニュー】
〈らーめんの部〉
○純手打 喜多方らーめん(醤油・塩)820円、 味玉らーめん970円、ねぎらーめん1020円、喜多方らーめん(肉)1070円
○喜多方らーめん(type-SA)820円、喜多方らーめんtype-SA(肉)1070円
○稲庭 中華そば820円(醤油・塩・味噌)、稲庭 中華そば(肉)1220円
○喜多方らーめん(Type-SA)820円
○担々麺(汁有or汁無)970円、香菜担々麺1120円
◎つけ麺(醤油)870円
◇彩美卵の半熟味付け玉子150円、本日のお漬物170円、厚切りチャーシュー400円、チャーシューと支那竹320円
□もちもち無農薬玄米100円、ちゃーしゅー飯170円、気まぐれごはん320円
□愛玉子100円

【期間限定・これまでのメニュー】
煮干しそば770円、フレッシュグレープフルーツの冷し中華970円、冷がけ中華そば(醤油・塩・味噌)870円、冷やし中華970円、担々麺の冷やがけ870円、豆乳の冷やがけ870円、辛い冷やがけ中華そば870円、黒味噌まぜそば820円、一寸豆らーめん(冷やし)970円、豆乳冷やし麺970円、エジプシャンゴールドトマトの冷がけ中華そば870円、じゅんさい稲庭中華1200円、カシワ芹中華そば1200円、赤ネギらーめん870円、味噌らーめん(能代スタイル)870円、稲庭芹中華そば1200円、小麦ヌーヴォー970円、稲庭冷がけ中華そば(醤油・塩・江戸甘味噌・辛い・冷やし中華)870円、牛肉そば1200円、鶉の煮込み中華そば1200円、辛い味噌らーめん920円、味噌らーめん870円、和歌山醤油豚骨中華そば770円、トマトタンメン870円、生姜そば870円、冷やし(冷や中・ざる中・醤油・塩)870円、Aセット870円、Bセット970円、七彩の醤油らーめん770円、冷やしらーめん820円、醤油らーめんセット(半らーめん・玄米ご飯・漬物)870円、素食セット(玄米ご飯・味噌汁・副菜)770円、他
〈ご飯物の部〉・・・オムライス970円、極上親子丼(味噌汁付)970円

【系統】創作料理+ラーメン

【お店について】
2007年2月27日創業の「麺や 七彩@都立家政」。
2012年5月23日に、「食堂七彩」としてリニューアルオープンした。

このお店は、「株式会社アール・エー・アール」が運営し、他には「東京駅(東京ラーメンストリート)/閉店」、「麺や七彩@八丁堀」、「金町製麺」などの系列店がある。
化学調味料は一切使用しない「MSG FREE(モノ ソデュウム グルタメイト)」ラーメンを提供するお店として知られている。

食堂七彩@都立家政-店舗外観
西武新宿線 都立家政駅北口の「家政銀座商店街」。
魚屋さんの右隣が、「食堂七彩」。
入口は、ワンステップ下がったところにある。
階段の所がウェイティングスペース。
丸椅子が数脚置かれている。

食堂七彩@都立家政-店内
店内は、L字型のカウンター9席のゆったりとした空間。
入口左手に、券売機が置かれ、その隣に冷水機がある。

食堂七彩@都立家政-店内
壁面側に木製のラックが置かれ、ハーブや調味料などが収納されている。

卓上には、一味、胡椒、すりゴマのふりかけ、ナプキン、割り箸+洗い箸などが置かれている。

・オープン当初より、メニューは2種類のメイン料理(定食)を基本とした日替りを提供。
・2012年9月より、メニューは昼夜共通で、「らーめんの部」「定食の部」「ご飯物の部」となった。
・2013年より、「定食の部」はなくなり、「秋田 稲庭中華そば」「純手打 喜多方らーめん」「御飯物」がグランドメニュー。
・2014年4月より、麺の量が選べるようになった。
 乾麺(稲庭中華そば)・・・並70g/中110g/大150g
 生麺(喜多方手打ちらーめん)・・・並150g/中200g/大250g
・2016年8月1日より、価格改定。
 乾麺(稲庭中華そば)・・・並盛り100g/大盛り150g+100円
 生麺(喜多方手打ち麺)・・・並盛り150g/中盛り200g/大盛り250g(同額サービス)
 つけ麺(喜多方手打ち麺)・・・並盛200g/大盛り300g(同額サービス)
食堂七彩@都立家政-喜多方らーめん(type-SA)
本日は、「喜多方らーめん(type-SA)」

「type-sa」の「sa」とは、喜多方の名店「さゆり食堂(2015年10月12日閉店)」の略。
「さゆり食堂」へのオマージュ(敬意)を込めた一杯。
過去には、「Type-B(坂内食堂)」や「Type-H(はせ川)」などの提供もあった。

麺量は、並盛り150g、中盛り 200g 、大盛り 250gが同額サービス。
迷わず大盛りを選択。

丸鶏と煮干し出汁、生醤油を使った通常の「喜多方らーめん」に、さらに大量の煮干しを投入し、煮干粉を加えたスープ。
見た目は濃い煮干し色のグレーがかったスープの色。

先ずは、スープを一口飲む。
力強い煮干しの風味が充満。
僅かに煮干粉のザラツキがあり、特有の風味を感じさせるビターな味わい。

続いて飲むと・・・。
煮干し風味全開で、鶏の旨味と生醤油の芳ばしさも併せて口の中を席巻。
程良い苦味やエグミも伝わってくる。
煮干しの良さを余すところなく抽出していて旨い。

自家製麺は、無かん水の平打ち縮れ太麺。
注文が入ってから、麺帯を切り出したフレッシュな麺。
手もみがしっかりと入り、歪な形状。
スープをしっかり受け止め、ピロピロとした口触り。
フワフワとしていながら、コシのある弾力性のある食感。
噛みしめると小麦の味わいを楽しめる。

具のチャーシューは、部位の違うもの2種類。
低温調理された肩ロース肉はレアな感じで、適度な噛み応えを残したもの。
豚バラ肉は直前にコンロで炙られ、香ばしく口の中でホロホロと崩れる柔らかさ。

細切りのメンマは、コリコリとした食感。
ネギは良い箸休め。

【掲載】2017年5月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★★★
★このページに掲載されているそれ以前の実食レポートは、下記のページです。 

煮干しそば+半熟味付け玉子【2017年2月】(26)
冷やがけ中華そば(塩)【2016年11月】(25)
フレッシュグレープフルーツの冷し中華【2016年9月】(24)
冷やがけ中華そば(塩)【2015年9月】(23)
香菜担々麺【2015年7月】(22)
稲庭肉中華そば(醤油)【2015年1月】(21)
喜多方らーめん(肉)【2014年11月】(20)
担々麺の冷やがけ【2014年8月】(19)
冷やちゅう【2014年8月】(18)
担々麺(汁無)【2014年5月】(17)
一寸豆らーめん(冷やし)【2014年4月】(16)
豆乳冷やし麺【2014年3月】(15)
稲庭冷がけ中華そば(江戸甘味噌)【2013年12月】(14)
稲庭冷がけ中華そば(醤油)【2013年12月】(13)
稲庭冷がけ中華そば(塩)【2013年12月】(12)
エジプシャンゴールドトマトの冷がけ中華そば【2013年10月】(11)
じゅんさい稲庭中華【2013年8月】(10)
小麦ヌーヴォー2013【2013年7月】(9)
和歌山醤油豚骨中華そばダブル【2013年1月】(8)
トマトタンメン【2012年10月】(7)
四川担々麺【2012年10月】(6)
生姜そば(醤油味)【2012年9月】(5)
Bセット(スタミナ冷やし)【2012年7月】(4)
Aセット(新しい醤油らーめん)【2012年6月】(3)
Aセット(トマトたんめん)【2012年6月】(2)
Aセット(担々はるさめ)【2012年6月】(1)
inserted by FC2 system