本文へスキップ
らーめん自由区|東京ラーメンガイド中野区のラーメン店リスト>つけ麺 しろぼし@東中野
つけ麺 しろぼし
つけめん しろぼし

【所在地】東京都中野区東中野5-6-8 三和マンション1F 【お店の地図】
【電話】03-5937-4510
【定休日】月曜(祝日の場合営業、翌日休み)
【営業時間】
*11:00-14:00/17:30-21:00(20:45L.O.)・・・火〜土
*11:00-15:00・・・日・祝日
【最寄駅】JR総武線・都営大江戸線 東中野駅東口2 徒歩2分

【メニュー】
○醤油炊き しろぼしらーめん850円、醤油炊き しろぼし味玉らーめん950円
◎醤油炊き しろぼしつけ麺800円、醤油炊き しろぼし味玉つけ麺900円
◎醤油炊き 辛味しろぼしつけ麺800円、醤油炊き 辛味しろぼし味玉つけ麺900円
※並盛(220g)・中盛(280g)・大盛り(330g)同額サービス
◇味玉・焼き海苔5枚・メンマ・ねぎ・温野菜・各100円、鶏団子2個・チャーシュー2枚・各200円、特製全部盛り300円
◇特盛(2玉・440g)+100円、えびすこ盛(3玉・660g)+200円
□チャーシュー丼350円、他

【限定メニュー(これまでの)】
極めだし 焦がしにんにく黒らーめん900円、他。

【系統】魚介豚骨醤油系東京ラーメン

【お店について】
2014年12月1日創業。
店主の木村謹仁さんは、武蔵川部屋の元力士(四股名は、巨武蔵・おおむさし)。
第57代横綱・三重ノ海が親方の時代に在籍。
因みに、現在は第67代横綱・武蔵丸が親方。
現役15年で引退した後、高田馬場のラーメン店等の飲食店で8年間の修業を積み、同店を開業した。

屋号の「しろぼし」は、相撲界で「勝ち」を表す。
ちゃんこ鍋とつけ麺を融合させた「醤油炊き つけ麺」が看板メニュー。

しろぼし@東中野-店舗外観
東中野駅東口2を出て、右側の道を北へ進む。
「東中野四丁目交差点」を右に曲がり、坂を下った左側。
「West 53rd日本閣」と「ユニゾンタワー東中野」の裏(北)側に位置する。
「三和マンション」の1階の角地。
白い暖簾が目印。

しろぼし@東中野-店内
店内に入り、正面に小さな券売機が設置されている。
左手に客席がある。
席数は、カウンター5席、テーブル6席(2人掛け×3卓)。

しろぼし@東中野-店内
店内のモニターには、DVDによる相撲の取り組みが映し出されている。
卓上には、酢、ミル付容器のブラックペッパー、冷水入りのポット、爪楊枝等が置かれている。
スタッフは、店主+奥さんor男性(元力士)。
しろぼし@東中野-醤油炊き 辛味しろぼし味玉つけ麺
本日は「醤油炊き 辛味しろぼし味玉つけ麺」

他店では”特製“となる盛り沢山のビジュアル。
つくね団子に、チャーシュー、海苔、味玉、もやし、キャベツ、ニンジン、花鰹。
レンゲには薬味の柚子、そして細かくカットした油揚と大根が載っている。

並盛り(220g)〜大盛り(330g)が、同額サービス。
今回は、大盛りで。

麺は「サッポロ製麺」製の中太ストレート麺。
断面は四角く、黄色っぽい色合い。
麺肌は、ツルツルとしていて、スルスルと啜り心地が良い。
噛むとクキクキとした歯触りで、噛みしめるとムチッとした食感。

つけ汁は、油分多めで赤茶色をしている。
具としてネギとメンマが入っている。
味は酸味のある甘辛い味。
辛すぎることなく、食欲中枢を刺激する辛さ。
絶妙な辛さが甘味を強調し、後から酸味が追いかけてくる味わい。
そして、ベースの魚介の旨みがジワジワと浮かび上がってくる。
途中で、レンゲの柚子大根を入れれば、爽やかな味わいに変化する。

具のチャーシューは、バラ肉ロールの薄切りで、柔らかくてジューシー。
鶏肉つみれは、密度感がありながらも、フワフワとしていて美味しい。
味玉は味が染みていて、黄身がトロリとした半熟具合。
メンマは柔らかくシャクシャクとした食感。
もやしとキャベツなどの温野菜は、良い箸休め。

最後に、スープ割り。
魚介の味わいに柚子の爽やかな酸味が感じられて、完飲。

【掲載】2017年1月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★★★
★このページに掲載されているそれ以前の実食レポートは、下記のページです。

醤油炊き しろぼし味玉らーめん【2016年8月】(2)
醤油炊き しろぼし味玉つけ麺【2015年5月】(1)
inserted by FC2 system