本文へスキップ
らーめん自由区|東京ラーメンガイド中野区のラーメン店リスト>中野大勝軒@中野
中野 大勝軒
なかのたいしょうけん

【所在地】東京都中野区中野3-33-13 【お店の地図】
【電話】03-3384-9234
【定休日】水曜
【営業時間】10:30-21:00
【最寄駅】JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 中野駅 徒歩3分

【メニュー】
○ラーメン520円、やさいラーメン650円、メンマラーメン650円、ワンタンメン700円、チャーシューメン700円、スペシャルラーメン800円
○とんこつラーメン640円、塩ラーメン700円
◎つけそば520円、こってりつけそば520円、やさいつけそば650円、竹の子つけそば650円、もやしタマゴつけそば650円、ワンタンつけそば700円、肉入りつけそば700円、豚バラつけそば700円、のりタマゴつけそば700円、スペシャルつけそば800円
◎とんこつつけそば640円、特製塩つけそば700円
◇麺大盛り120円、もやし・味タマゴ各80円、のり100円、やさい120円、メンマ180円、エビワンタン200円、焼豚230円、他
□餃子430円、他

【限定メニュー(これまでの)】
油そば680円、フライドポテトつけそば650円、担々麺750円、ココナッツつけそば750円、他。

【系統】丸長・大勝軒系東京ラーメン

【お店について】
1951年(昭和26年)12月30日創業。
丸長・大勝軒系系列のお店。
創業者は、坂口正安さん。
現在の店主は、次男の坂口光男さん(6代目店長)。
株式会社大華物産(代々木上原大勝軒=丸長グループの大勝軒本部)が運営している。
熱々のスープに冷たい麺、唐辛子と酢が効いたつけ汁につけて食べる「つけ麺」の発祥の地が、このお店と言われている。

創業当初は、中野通りの橋場町(現・中野区中央5丁目)付近にあった。
中華そば40円、ワンタンメン60円の時代。
売り上げを順調に伸ばし、1955年(昭和30年)には「大勝軒@代々木上原」を開店させ、こちらを本店とした。
その後、橋場町の店は、1974年(昭和49年)6月に中野駅寄りの現在の地に移った。

【元祖つけそば(つけ麺)について】
橋場町時代に、創業当初より働いていた先代の従兄弟の息子さんである山岸一雄さん(東池袋大勝軒)が、考案したのがつけそば。
これは、山岸さんの「栄楽=現・丸長@阿佐ヶ谷」時代のまかないメシで、1955年(昭和30年)4月に中野大勝軒の店長になって4か月後にメニュー化した。
代々木上原の本店では、その3年後にメニュー化した。
因みに、「つけ麺」のことを東池袋大勝軒では「もりそば」、中野大勝軒では「つけそば」と呼んでいる。
※「つけ麺」という名前を最初に使ったのは、「つけ麺大王」。

中野大勝軒-店舗外観
中野駅南口より、中野通りを直進。
白地の看板と暖簾が目印。


店内に入り、左手中央に設置された券売機は、ボタンの数が多い。
どれを押したらよいのか迷うほど。

中野大勝軒-店内
客席は、への字型。
厨房と通路の前のカウンター11席。

中野大勝軒-厨房
厨房。

中野大勝軒-卓上
卓上には、豆板醤、天かす、爪楊枝、一味、ラー油、タレ、酢、白胡椒が置かれている。

壁には、来店した有名人の色紙を画像処理して編集したものが貼られている。

「自然食指向なので、化学調味料はいっさい使用していません。」とのこと。
油は、なたね油と本胡麻絞りをブレンドした「天好麻油(てんはおまゆ)@日清オイリオ」を使用している。
中野大勝軒-ワンタンメン+味タマゴ
本日は「ワンタンメン+味タマゴ」

麺は太麺or細麺から選べるので、細麺を選択。

ゲンコツ・豚足・親鳥・モミジ・鶏胴ガラ等の動物系と香味野菜を7〜8時間炊いた出汁。
それに、鯖節・宗田鰹節・昆布・椎茸等の和風出汁をブレンドしたスープ。

具が盛りだくさんで、ビッチリと表面を覆っている。
スープは透明感のある醤油色の清湯スープ。

先ずはスープを一口。
醤油ダレは控えめで、あっさりとした口当たり。
飲んだ瞬間ホッコリするような優しい味わい。

続いて飲むと・・・。
豚と鶏の旨味と魚介のエキス感、野菜の甘みとのバランスも良く、ジワッと押し寄せる。
じっくりと煮出した感じで、ボディがしっかりとしている。
パンチ力はないものの、サラッとしたコクが十分感じ取れる。
繊細な出汁と薄めのカエシが、和みを与えてくれる。

麺は、中太のストレート麺。
「細麺」とあるが、一般的には中太の太さ。
麺は多めなのが嬉しい。
麺肌はツルツルとしていて、スルスルと啜り心地が良い。
柔らかめであるが、張りがあり、しなやかさもある。
グルテンがしっかり練り込まれたようなコシもある。
噛んではモチモチとした食感で、ウマい。

具のワンタンは、3つ。
皮は中厚で、大判の皮を畳んだ感じ。
肉は少量で、モチモチと皮の食感を楽しむ。

チャーシューは、肩ロース肉を使用したもので、柔らかい肉質。
口の中で、ホロホロと崩れる。

味タマゴは、醤油の味がしっかりと染み込み、黄身がジュレ状の半熟具合で美味しい。
メンマは細切りで、バリボリとクラックする繊維感のある食感。
他の具は、水菜、海苔、小口切りのネギ。

【掲載】2017年3月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★★☆
★このページに掲載されているそれ以前の実食レポートは、下記のページです。 

油そば【2015年6月】(7)
やさいラーメン【2015年5月】(6)
スペシャルラーメン【2015年4月】(5)
特製塩つけそば【2015年2月】(4)
スペシャルつけそば【2014年2月】(3)
担々麺【2008年12月】(2)
つけそば【2003年】(1)
inserted by FC2 system Pー桴