らーめん自由区・東京ラーメンガイド中野区のラーメン店リスト>うぜん@中野新橋
濃厚鶏塩ポタージュつけ麺 うぜん・閉店
のうこう とりしお ぽたーじゅ つけめん うぜん
【所在地】東京都中野区本町3-12-13 野崎ビル1F 【お店の地図】
【電話】非公開(店舗)・・・(有限会社うぜん-03-3498-0158)
【定休日】不定休
【営業時間】
 ○11:30-15:00/17:30-スープがなくなるまで(早じまいが多い)
【最寄駅】
 ○東京メトロ丸の内線 中野新橋駅 徒歩2分
※2011年8月11日閉店

【メニュー】
 ○鶏塩ラーメン(並)690円
 ◇追加味付け半熟たまご100円
 □鶏塩ラーメン+小鶏丼セット880円
 ◎鶏塩ポタージュつけ麺(並・麺200g)790円、(大・麺300g)850円
 ◇つけ麺用リゾット風御飯セット150円、半ライス150円、ライス200円
 ■らーめん用「生七味唐辛子(七味唐辛子ペースト)」瓶詰め(80g)-450円
 ※あつもりは不可(麺の材質の関係上)

【限定(これまでの)】
 
冷やし貝出汁塩ワンタン麺630円、貝出汁塩ラーメン500円、冷し担々麺780円、濃厚鶏白湯魚介醤油つけ麺850円、他

【系統】創作ベジポタ系東京ラーメン

【お店について】
 1997年創業の恵比寿の「SHOT BAR 羽前(uzen)」が、2009年9月17日洋風塩つけ麺のお店「羽前@恵比寿(渋谷区)」としてリニューアルオープン。
 2010年3月31日、「羽前@恵比寿(渋谷区)」は移転のため閉店。

 2010年7月7日、中野新橋に移転オープン。
 屋号は「羽前」から、平仮名で「うぜん」となった。オーナーの出身地である山形(明治時代に設定された地方区分の国の一つ「羽前国」)に由来するもの。

 軌道に乗り始めた「恵比寿」から「中野新橋」に移転した理由を伺うと、「元々ショットバーという造りで、麺類を提供し続けるには難しさがあった」とのこと。また移転先は、「専門店を出すのに相応しい場所」ということで選んだそうである。
 ちなみに代表の小宮山さんは、この界隈に在住ではなく、恵比寿界隈に住んでいるらしい。

中野新橋周辺-うぜん
 お店の場所は、中野新橋駅(007の映画に登場した駅)を出て、駅前の通りを左(青梅街道方面)へ進む。暫く歩くと右側にある。
 レンタルビデオの「TSUTAYA」の前。近くには「貴乃花部屋」がある。
 以前「ライフセレモ」という会社があった場所。
 レンガ色の建物と、「ラーメン」と書かれた赤の幟(のぼり)が目印。。

店舗外観-うぜん@中野新橋
 開店当初から、目印になるものは店頭に貼られたポスターだけだった。
 暫くたって、「ラーメン」と書かれた幟が立てられるようになった。

店内手前より-うぜん@中野新橋
 店内に入り手前に、カウンター4席。その奥の壁際にカウンター2席。
 店内は、狭い空間を上手に生かしている。
 元々、飲食店が入ったことのないテナント。水周りや換気の面で、難しい面もあるが、コンパクトにまとめている。

店内奥より-うぜん@中野新橋
 オープン当初は、代表が厨房に立っていたが、女性スタッフに代わった。

卓上調味料-うぜん@中野新橋
 卓上には、ミル付き容器に入ったブラックペッパーと揚げニンニクが置かれている。
 この揚げニンニクは、パン粉とニンニクを揚げたものがミックスされ、麺の上に振りかけて食べる。

【スープの特徴】・・・トロミと乳白色の秘密
 @宮崎地鶏のガラと丸鶏を5時間ほど炊いた濃厚白湯スープ
 A玉ねぎ、生姜、ニンニク、セロリ、ニンジンなどのエキスを煮出した香味野菜のスープ
 @とAのスープを合わせたのが基本ベースのスープ。
 ラーメンは、これに鶏の二番出汁となる清湯スープを加えて濃度を調整していく。

 丼鉢の中にスープと「固形にしたマッシュポテト」を入れ、ハンディ・フードプロセッサーで撹拌する。
 これにより、トロミが出て、ミルクのような色になる。

 最後の工程で、“バーミックス(BAMIX)”と言うハンディ・フードプロセッサーを使うのが珍しい手法。

 本日は「鶏塩ポタージュつけ麺」
 麺は「三河屋製麺」製の平打ち太ストレート麺。国産小麦の「春よ恋」を使用。
 蛇行しながらピラピラと唇に触れる感覚が心地良い。幅広の麺がスープをよく吸着し、一体となって口の中に滑りこんでくる。
 表面がツルツルとしていて張りがあり、噛めばモッチリとした食感。

 つけ汁は、乳白色。ビシソワーズスープのような滑らかな口当たり。トロリとした密度感は、油脂によるものではなく、ジャガイモによるものなのでしつこさは皆無。
 鶏の旨みに、野菜のエキスが溶け込んだ優しい味わい。
 麺を食べ終わると、汁の残りは僅か(今回は汁の量が少なめo( ̄^ ̄)oぐっ)。

 具のキャベツや豚肉は、ブイヨンで味付けされているので、サッパリとしながらも旨みがあり美味しい。
 ※現在、豚肉→鶏つくねに変わっている。
 糸唐辛子は、ピリッとした辛味がアクセント。
 他の具は、半熟玉子1/2と青ネギ。

 このメニューに、「つけ麺用リゾット風御飯セット」をつけるのが“鉄板”と言える。これがお薦め( ̄ー ̄)ニコ

【掲載】2011年8月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★★★
★このページに掲載されているそれ以前の実食レポートは、下記のページです。

冷やし貝出汁塩ワンタン麺【2011年8月】(5)
鶏塩ポタージュつけ麺【2011年3月】(4)
鶏塩ラーメン+味付け半熟味玉子【2011年1月】(3)
濃厚鶏魚介醤油つけ麺【2010年8月】(2)
鶏塩ポタージュつけ麺+リゾット風御飯セット【2010年7月】(1)
らーめん自由区中野区のラーメン店リスト>うぜん@中野新橋
inserted by FC2 system