本文へスキップ
らーめん自由区|東京ラーメンガイド>>練馬区のラーメン店リスト>麺屋きころく@練馬
麺屋 きころく
めんや きころくき
【所在地】東京都練馬区豊玉中3-16-13 サンワコーポラス1F 【お店の地図】
【電話】070-5022-2569
【定休日】水曜
【営業時間】
*11:30-15:00/17:00-21:00(平日)
*11:30-15:00/16:00-21:00(土・日・祝)
【最寄り駅】西武池袋線・都営大江戸線 練馬駅中央口・A2 徒歩8分

【メニュー】
○とりとんかつおらーめん700円
○特濃とりとんかつおらーめん800円(1日限定15食)
◎つけ麺750円
◎油そば600円
◇特盛(つけ麺・油そば)各+100円増し
◇のり・生卵・鰹節・各50円、味玉・メンマ増量・玉ねぎ増量・長ネギ増量各100円、具沢山250円
◇つけ麺用-カレー味・特製辛味・各50円
◇油そば用-チーズ・カレー味・マヨネーズ・各50円
□【半】卵かけごはん100円、丼きころくぉーね250円、他

*麺の量は、並〜大までは同額サービス。
・麺の量(ラーメン)・・・並盛130g/中盛180g/大盛250g
・麺の量(つけ麺)・・・並盛200g/大盛300g/特盛(+100円)400g・500g・600g
・麺の量(油そば)・・・並200g/大盛300g/特盛400g/特盛(+100円)500g・600g

【限定メニュー(これまでの)】
きのこ油そば800円、他。

【系統】濃厚動物魚介ベジポタ系東京ラーメン

【お店について】
2013年1月16日創業。
2014年2月14日には、支店の「麺屋 きころく 成増店」がオープン。
それに伴い、練馬店が本店となった。

店主は、木村康二さん。
埼玉の名店「狼煙@鉄道博物館」で学んだ「濃厚・動物魚介系スープ」をベースに、独自に野菜を加えた「ベジポタスープ」で勝負をする。

店名の「きころく」は、店主のご先祖が江戸時代〜明治時代に営んでいた呉服店の屋号「亀甲六」に由来する。
亀甲六は、亀甲紋(六角形)の内に六と書く。
160年間続いた老舗であったが、明治時代に廃業。
そして、今回の店を開業するにあたり、この屋号を復活させた。

麺屋きころく-看板
西武池袋線の練馬駅中央口を出て、千川通りを左(桜台方面)に進む。
「練馬消防署前」交差点に出たら、信号を渡り、「三井住友銀行」と「練馬消防署」の間の道(都道442号線)を南下。
目白通りを超えて更に直進。
関東バス「豊玉こうしん通り」バス停が目印。

その右横を見ると、美容室の置き看板の上に、「麺屋きころく」の袖看板がせり出ている。
よく見ると、看板の底に、店の方向を知らせる矢印が描かれている。

麺屋きころく-エントランス
お店は、住宅街のマンションに1階の奥にある。
以前あった「小料理たいら」、「居酒屋JINJIN」の跡地。

麺屋きころく-店舗外観
「自家製麺」と「亀甲紋」が書かれたシンプルの暖簾。
向かって右側が、厨房。

麺屋きころく-店内
店内に入り、直ぐ左手に券売機が設置されている。
カウンター6席+テーブル4席(壁に寄せられたテーブル2卓に椅子4台)。

麺屋 きころく@練馬-卓上調味料
卓上には、昆布酢、一味唐辛子、胡椒、冷水入りポット、ティッシュ、割り箸などが置かれている。
BGMは、洋楽。

本日は、「特濃とりとんかつおらーめん」

1日限定15食のメニュー。
「特濃」は、とりとんかつおらーめんの2倍の濃さとのこと。
麺は極太麺になる。

スープは、豚骨・豚足・鶏ガラ・モミジ・鰹節+野菜等で長時間炊いたもの。
野菜は、カボチャをメインに9種の野菜を煮込み、ミキサーでペースト状にしてから動物系スープに合わせる。
醤油ダレには、枕崎産の鰹節、昆布等を使用。

茶濁色をした見るからに濃そうなスープ。
先ずは、スープを一口。
削り節の良い香りが、鼻孔をすり抜ける。
粘度のあるドロッとした口当たり。
濃厚ではあるが、後口の良さもある。
ベジポタたる所以か。

続いて飲むと・・・。
動物系と魚介系のそれぞれのパンチ力を感じるが、素材の突出した感は無く、まとまりがある。
出汁の旨みと野菜の甘みのコンビネーションにより、重層的な深みを感じさせる。
飽きることなく、グビグビと飲めてしまう魔力がある。

麺は、長野県産「ゆめかおり」を使用した極太ストレート麺。
量は同額サービスの大盛りを選択。
スープの濃度と麺の重さで、リフトに若干力が入る。
摩擦係数が高く、ズズズッと音を立てて啜る。
歯を立てると、パッツンと切れる歯切れの良さがある。
噛んでは、ムッチリとした食感。
小麦の風味も豊かで、噛むほどに甘みが滲み出てくる。

具のチャーシューは、豚肩ロース肉のコンフィ。
大判の薄切りで、柔らかくしっとりとした肉質で、ローストビーフのような食感。
味付は控えめ。
メンマは、柔らかくシャクシャクとした食感。
刻み玉ネギは、さらしてあるので辛味は無く、甘味があり良い箸休め。
他の具は、海苔、糸唐辛子、小口切りのネギ。
【掲載】2015年5月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★★★
 
★このページに掲載されているそれ以前の実食レポートは、下記のページです。

油そば+味玉【2015年4月】(3)
つけ麺+味玉【2015年1月】(2)
とりとんかつおらーめん+味玉【2014年8月】(1)
inserted by FC2 system