本文へスキップ
らーめん自由区|東京ラーメンガイド練馬区のラーメン店リスト>似星@中村橋
ラーメン愉悦処 似星
らーめんゆえつどころ にぼし

【所在地】東京都練馬区貫井2-3-1 【お店の地図】
【電話】03-3926-7773
【定休日】月曜
【営業時間】
○11:30-15:00/17:30-翌1:00(平日)
○11:30-翌1:00(土)
○11:30-21:00(日)
【最寄り駅】西武池袋線 中村橋駅 徒歩3分

【メニュー】
○煮干ラーメン680円、味玉煮干ラーメン780円、極煮干ラーメン900円
◎淡麗煮干しつけ麺750円、淡麗味玉つけ麺850円、全部入り淡麗つけ麺950円
◎濃厚煮干しつけ麺800円、濃厚味玉つけ麺900円、全部入り濃厚つけ麺1000円
◎豚油そば700円、野菜マシ豚そば750円、ネギ玉油そば750円
◎和牛脂そば800円、野菜マシ牛脂そば850円
◇味玉100円、うずら燻玉・メンマ各120円、チャーシュー220円
□にぼたま丼セット+280円、ぎょうざセット+280円、焼きめしセット+500円

【限定メニュー(これまでの)】
海老ビスクつけ麺1000円、エビボシ900円、シャケボシ900円、鴨と地鶏のスルメ支え1000円、フランス鴨の冷そば1000円、マグロ三昧900円、鰆味噌の牛出汁ラーメン850円、仔羊と煮干しの炊き合わせ850円、濃厚フレッシュウォータークラム(しじみ)チャウダー風ラーメン750円、極牡蠣つけ麺1000円、煮干し豚骨ラーメンブタオニボシ700円、筍の栄螺出汁ラーメン750円、蛍烏賊の鶏白湯ラーメン800円、特濃オニクボシ800円、鰆味噌の牛出汁ラーメン850円、仔羊と煮干しの炊き合わせ850円、極煮干しつけ麺980円、かっけつけ(温・冷)780円、カキにぼし900円、鰤豚似星ラーメン800円、鶏プル白湯つけ麺800円、褐毛(あかげ)和牛煮干麺900円、鴨と軍鶏の塩ラーメン フォアグラ付1100円、一期一会 鴨割烹900円、秋刀魚味噌ラーメン800円、ネギたま油そば680円、イカニボシ800円、ウニボシ〜白トリュフオイル仕立〜1000円、サンマ味噌ラーメン800円、ねぎまラーメン〜トロづくし1000円、ミラクルカレーつけ麺あつ盛(生赤エビのフライ&チーズ付)1000円、鮎の冷汁1000円、大山地鶏の炊き煮干し800円、フグの白子つけ麺〜大山地鶏とコダキガイの炊き合わせ〜1000円、貝三昧ラーメン900円、一期二会〜忍法鴨割烹〜(フォアグラ有)1100円、金目鯛の出汁そうめん(しそごはん付)900円、カニボシーフード(ラーメン)900円、豚煮干と鰯鯛の合わせ搾り800円、鱧出汁そば800円、似星家・とんこつラーメン700円、縞ホッケ白湯つけ麺900円、時鮭の搾り出しラーメン〜旬添〜900円、天然真鯛の冷搾りラーメン900円、牡蠣煮干し900円、牛煮干しラーメン900円、新緑味噌出汁ラーメン900円、煮干しトロつけ麺900円、トリコロールベジ和え麺900円、本ツブ貝の吟醸潮つけ麺900円、似星流高井田式中華蕎麦880円、ボタン海老油そば780円、責め取り煮干しラーメン880円、どろグリーン880円、似星流油そば680円、鯛出汁塩煮干しラーメン880円、エビ煮干しつけ麺880円、旨辛似星ラーメン880円、ニボロネーゼ880円、肝トロ煮干しラーメン880円、クワトロ煮干ラーメン880円、牡蠣煮干しラーメン880円、日向地鶏の『鶏白湯〜煮干し豚モツ仕立て〜』880円、煮干し黒みそいラーメン880円、あん肝味噌ラーメン880円、 エビ煮干しつけ麺880円、鱈煮干880円、背脂煮干しラーメン680円、牛煮干しラーメン880円、他。
※限定メニューは、日時、提供杯数等が不確定な“ゲリラ限定”。
日曜日が多く、提供杯数は150〜250杯位。

【系統】和風創作系東京ラーメン

【お店について】
2013年3月1日創業。
店主は、阿部ポールさん。
東京・立川の名店「ラーメン愉悦処 鏡花」の出身。

阿部さんは、日本人とアメリカ人の両親の間に生まれたハーフ。
アメリカで育ち、9歳で来日。
15歳で和食の世界に入る。
「菊乃井@京都」などの和食割烹の店で13年、「鏡花@立川」で4年の修業をし、独立。
「鏡花」からの暖簾分けの第1号店となり、分店という形でオープン。

店名の「似星」は、“煮干”をもじった造語。
似星@中村橋-店舗外観
「中村橋駅」の改札を出て左折、商店街を北へ直進した右側にある。
「逸品堂」の跡地。

赤い暖簾が目印。
暖簾にデザインされているのは、麺を啜っている鰯。
店頭の照明の左端にプロジェクターが設置してあり、道路にお店のロゴを投影させるという演出もしている。


店内に入ると、突当りに券売機が設置されている。
壁面には、パステルカラーの色合いで、イワシの絵が描かれている。

似星@中村橋-店内
店内は、カウンター6席、テーブル8席(1卓×4席+2卓×2席)。

卓上には、ギャバンのホワイトペッパー、醤油、煮干し酢、ラー油、冷水入りポット、割り箸、レンゲ、爪楊枝などが置かれている。
お冷及び、スープに使用されているのは、吟醸濾過水。

スタッフは、調理担当とホール担当の2名の体制。
ユニフォームは、作務衣。
BGMは、洋楽ロック。
利き酒師でもある店主の選んだ日本酒も飲める。

【備考】
水45Lに対して、煮干しを約10kg使っている。
種類は、カタクチイワシ、ウルメ白口イワシなど。
乾物(煮干し・昆布・干し椎茸など)の水出しに18時間、その後、それらを11時間炊く。
似星@中村橋-和牛脂そば
本日は「和牛脂そば」

牛脂と牛筋肉を使った油そば。
見た目はガッツリ系のラーメン二郎風。
「ニンニク抜き」で。

先ずは、丼の底に汁気の多いタレが溜まっているので、麺・野菜と共に混ぜ合わせる。

麺は、「三河屋製麺」製の太ストレート麺。
ワシワシと口に押し込むようにして食べる。
柔らかめの茹で加減で、タレがシッカリと絡みついている。
ムッチリとした食感で、ウマい。

タレは醤油感が強く、濃いめ。
タレの主張が強いためか、牛という感じは分かりくい。
コッテリ感や旨みがシッカリとしていて、ジャンクな美味しさがある。
柚子の欠片が忍ばせてあるので、飽きがこず食べられる。

具の牛筋肉は、大ぶりで食べ応えがある。
筋の部分がトロトロで、柔らかく旨みたっぷり。
そして、コラーゲンもたっぷり。

キャベツともやしは、3:7位の割合で、比較的キャベツは多め。
軽くボイルされたもので、シャキシャキとした食感。
タレの濃い味が中和される。

別添えで提供されたラー油とお酢を後半少しずつ入れて味変。
「似星」がウリとする「煮干し」感はないが、一般的な「油そば」とは違った味わいで面白い。

【掲載】2016年8月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★★★
inserted by FC2 system