らーめん自由区・東京ラーメンガイド世田谷区のラーメン店リスト>一龍@下北沢
一龍いちりゅう
【所在地】東京都世田谷区北沢2-30-11 【お店の地図】
【定休日】水曜
【営業時間】11:30-20:30(早仕舞い有り)
【最寄駅】小田急・井の頭線 下北沢駅 徒歩4分

【メニュー】
 ○中華そば600円、メンマそば650円、にんにくそば700円、もやしそば750円、ワンタン麺850円、チャーシュー麺950円、 他

【系統】福井県「一力」系豚骨鶏ガラ白湯ラーメン

【お店について】
 1984年創業。正式名は「中華そば専門店一龍」。このお店のご主人の実兄は「一力@福井県敦賀市」で修行をし、現在は「一龍@福井県福井市中野」というラーメン店を営んでいる。その味を伝授してもらい、ここ下北沢の地でお店を開いた。かれこれ20年以上も続く下北沢の名店と言ってもよい。黒い電飾の看板と白地に赤い文字の大きめの暖簾、そして店頭にぶら下がる赤提灯が目印。概観は下北沢の街に合ったお洒落な雰囲気は出さず、「地元の中華そば専門店」といった店構え。間口は狭いが、店内に入ると奥行きがある。カウンター15席で、朱色の甲板(天板)というのが中華料理屋さん風。ご夫婦とアルバイトの3人で切り盛りをしている。卓上にはサービスのつぼ漬け(大根の醤油漬け)が置かれている。ご飯ものがないため、箸休め、もしくは口直しとして頂くと良い。BGMはテレビ。
中華そば@一龍
 本日は「中華そば」。ターメリックを入れたような黄金色のスープ。これは珍しい。ゲンコツと鶏ガラのみで強火で3時間炊いて摂るダシ。ダシに使う鶏は卵を産める雌鶏を使用。濁ったスープは動物系のコッテリとした感じを思わせるが、一口飲むととてもあっさりとしている。ニンニクや生姜、ネギなどのエキスも加わっているようだ。豚骨の風味も香るが、サラリとした口当たりと飲んだ後のスッキリ感は後味が良いもの。飲み進むと旨みとコクがジワジワ伝わってきて、最後の一滴まで飲み干せる。
 麺は加水率が高めの中細の縮れ麺。スープにやや馴染みにくいかなという印象。麺をもちあげると、湯気と共にかん水の匂いがする。食べ進むと気にならなくはなるが、スープとの相性を考えるとどうであろうか。チャーシューはモモ肉の薄切りが4枚。醤油ダレで煮込んだもので、味付けも良く、引き締まってはいるが噛みしめると味わいがある。枚数にも満足。紅生姜はスープの味に影響を及ぼすので個人的には好まないが、彩りとしては効果がある。メンマは細切りでシャキシャキと食感が良く、多めに入っているのが嬉しい。他の具は、もやし、ネギ。
 他では味わえない個性溢れるスープで、時たま食べたくなるような魅力もある。このラーメンに惚れこんだ人が足しげく通うといった地元密着型のお店。
【掲載】2006年4月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★☆☆
らーめん自由区世田谷区のラーメン店リスト>一龍@下北沢
inserted by FC2 system