らーめん自由区・東京ラーメンガイド世田谷区のラーメン店リスト>茂木
らーめん茂木
もぎ
【所在地】東京都世田谷区太子堂2-13-1 【お店の地図】
【電話】03-3421-1769
【定休日】日曜・祝日
【営業時間】11:30-14:30/18:00-22:30
【最寄り駅】
 ○東急田園都市線 三軒茶屋駅 徒歩4分
 ○東急世田谷線 三軒茶屋駅 徒歩4分
【メニュー】
 ○特製らーめん570円、長葱麺730円、雲呑730円、雲呑麺840円、叉焼麺840円、高菜麺840円
 ○(夜の部の提供)角煮麺940円、韮玉麺940円
 □醤蚕(じゃんたん)=煮付玉子100円、めんま100円、のり100円、てばさきにつけ100円、豚かくに200円
 □皿わんたん350円、餃子(夜のみ)400円

【系統】こうや系東京ラーメン

【お店について】
 1994年12月創業。ご主人は元精肉業。ラーメン店に肉やガラを卸していた関係から、自分でも店をやりたくなり、「支那そば屋こうや@四谷」で修業をした後開業。
 三軒茶屋駅より、玉川通り・国道246号線を渋谷方面に行くとある。赤いビニールのひさしと白い暖簾が目印。店内はL字型のカウンター6席、テーブル11席。黒と白を基調とした店内はゆとりのある空間。スタッフは2名。お冷はジャスミンティー。酒の肴も各種取り揃えているので、夜も楽しめる。
雲呑麺@茂木
 本日は「雲呑麺」。スープ表面には、背脂から抽出したラードが層をなしている。甘味をもたらし、まろやかな味わいを与えている。その反面、最初の一口目、二口目は油分に阻まれてダシの味が伝わりにくい。飲み進むと味が伝わってくる。他のこうや系列店のラーメンは、塩分や化学調味料が強めに効いているが、このお店のスープは塩梅もほど良く飲みやすい。
 麺は中細の縮れ麺。小麦の風味は弱いものの、スープがよく絡み相性は良い。雲呑(ワンタン)は、豚と鶏の肉を二度挽きしたものを使用。皮は中厚で、肉は味噌のような茶色。ゴロンとした塊で、ほおばって噛むたびに肉汁があふれ出て美味しい。これは秀逸。チャーシューはバラ肉の巻きで、外側にはこんがりとした焼きめがついている。余分な油が抜け落ち、舌の上でとろける旨さ。メンマは色が濃いが、味付は控えめでシャキシャキとした食感。他の具は海苔と万能ねぎ。
【掲載】2007年 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★☆☆

 本日は「雲呑麺」+醤蚕。豚頭、ゲンコツ、鶏ガラ、モミジから摂ったダシ。タレは塩と醤油の中間といった感じ。キレがあり、旨味があってコクもある。縮れ中細麺は柔らかめのゆで加減で、スープの味も馴染みすすり心地も良い。具だくさんのワンタンは、噛むと肉汁があふれ出て美味しい。バラ肉の巻きチャーシューは厚切りで柔らかくジューシー。醤蚕(じゃんたん)は、セピア色に近い煮玉子で、色を見てびっくりするが、ホクホクとした食感で味わい深い。
【掲載】2003年 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★★☆
らーめん自由区世田谷区のラーメン店リスト>茂木
inserted by FC2 system