らーめん自由区・東京ラーメン食べ歩きガイド渋谷区のラーメン店リスト>AFURI@恵比寿
AFURI(阿夫利)あふり
【所在地】東京都渋谷区恵比寿1-1-7 【お店の地図】
【定休日】無休
【営業時間】11:00-翌4:00
【最寄り駅】JR山手線 恵比寿駅 徒歩7分

【メニュー】
 ○塩らーめん750円、醤油らーめん750円、ゆず醤油らーめん850円(季節限定)
 □鶏油50円、肉ごはん430円、竹ごはん380円
 他
【系統】中村屋系中華そば

【お店について】
 2003年6月創業。恵比寿がラーメン激戦区として脚光を浴びてからかなりの年月が経過した。それ以来漸増気味には増えているが、注目される店としては久しい。この店は神奈川県七沢温泉にある「ZUND-BAR」の系列店。実弟が経営する神奈川県の高座渋谷にある「中村屋」は既に有名。店名はご主人の出身地厚木市にある大山(別名・雨降山、阿夫利山=あふりやま)に由来する。

 シンプルな外装、重いスチール製の扉を開くと奥行きのあるカウンター24席。奥の窓から日差しが入り、ちょっと洒落たカフェのようだ。厨房にはキャップを被りTシャツとズボン姿の今風の若いスタッフが所狭しと動き回っている。湯切りの「天空落とし」はここではパフォーマンスとしては意識していないようである。お客の大半は10代〜20代、気後れするが券売機で食券を購入。
AFURI・阿夫利・東京ラーメン
 本日は「醤油ラーメン」。丹沢山系の大山の麓に湧き出る天然水をスープに使用している。ゲンコツ、滋養赤鶏ガラ、丸鶏と2種類の昆布、煮干、鯖節、鰹節等の魚介系のスープを併せたもの。澄んだスープを保つために丁寧にアク取りがなされている。上品でスッキリとした味わい。

 極細のストレート麺は低加水率、やや硬めの食感でスルスルと口に収まる。

 チャーシューは炙られたもので肉質の締まった鮪ステーキ風。メンマ、黄身の甘味を感じる味付け玉子は丁寧な仕事。葱の粗みじん、水菜はスープとマッチしている。

 コストパフォーマンス的には量的なものも含めて割高感を感じるが、立地条件や厳選素材の使用を考えると相殺されるかなとも思う。完成度の高いスープではあるがコクという点では強さはないので、鶏油を加えると良いと思う。
【掲載】2004年4月 【行列】2人 【らーめんの王様】★★★☆☆
らーめん自由区渋谷区のラーメン店リスト>AFURI@恵比寿
inserted by FC2 system