本文へスキップ
らーめん自由区|東京ラーメンガイド渋谷区のラーメン店リスト>一福@初台
らぁめん一福 ラーメン遺産 殿堂入りの名店
らあめん いちふく

【所在地】東京都渋谷区本町2-17-14 小泉ビル 【お店の地図】
【電話】03-5388-9333
【定休日】月曜・不定休有り
【営業時間】
○11:30-15:00・・・※暫く昼営業のみ
○11:30-15:00(日曜・祝日)
【最寄り駅】京王新線 初台駅 徒歩12分

【メニュー】
■ラーメン
○味噌らぁめん730円、味噌ぴりか880円、囲炉裏麺(酒粕入り)1080円
○醤油らぁめん680円

■つけ麺
◎味噌つけめん780円、味噌ぴりかつけめん880円
◎トマトのつけめん900円、囲炉裏つけめん1130円
◇味玉100円、らぁめん大盛100円
□カレーライス650円、ミニカレー250円、他

【限定メニュー(これまでの)】
まぜ福880円、冷しごまみそずい900円、ばみ〜880円、菜麺880円、Se Sa Mi980円、ごまみそずい900円、汐彩870円、つけめん The SE・SA・MI980円、涼やか900円、味噌辣500円、爽香麺800円、梅しそつけめん870円、琥珀の刻800円、冷やしらぁめん汐彩870円、カレーつけめん800円、アロイ870円、毬藻の雫930円、冷やし塩ラーメン汐彩840円、首領辛(どんから)930円、黒ゴマ麺(醤油・塩)770円、黒ゴマ麺味噌820円、雪篭り840円、菜醤麺930円、他

【系統】創作系東京ラーメン

【お店について】
1990年10月30日創業。
店主は、石田久美子さん。
「身体に優しい素材を使用し、お客様にホッとして頂ける店づくりを常に心がけています。」がポリシー。

当初は、分かれた夫が脱サラで始めた。
ところが早々と手を引き、後戻りできない状況となり、石田さんが引き継ぐこととなった。
一からスタートということで苦労を重ねたようだが、独学で勉強しつつ、何度も札幌に足を運び入れるなど研究をし続けたという。
このお店を一躍有名にしたのが「味噌らぁめん」である。
1990年代後半から、雑誌や口コミで広まり、都内屈指の味噌ラーメンが味わえるお店として有名になった。

お店の場所は、初台駅北口から徒歩12分。
旧店舗より3分ほど近くなった。
「新国立劇場(東京オペラシティ)」の西側の道を北上すると、水道道路(東京都道431号線角筈和泉町線)に出てそれを渡る。
さらに進むと「不動通り商店街」に出て、それを左折して暫く歩くと見えて来る。

一福@初台-不動通り商店街
幡ヶ谷寄りから見た店舗周辺。

一福@初台-店舗外観
小ざっぱりとした小料理屋のような店舗外観。
小さい「らあめん一福」と書かれた看板と、オリーブグリーンの暖簾が目印。

一福@初台-店内・テーブル席
店内に入って左側に、券売機がある。
その奥に、テーブル6席。

一福@初台-店内
厨房を囲むように、L字型カウンター7席が配置されている。

卓上には、洗い箸や爪楊枝の他、胡椒、一味唐辛子、塩、すりおろしニンニク、一輪ざしの花などが置かれている。
水はセルフ。浄水器はアルカリイオン水の「ハーモニーウォーター」を使用している。

厨房内は、石田さんとアシスタント(男性or女性)の2人体制で、切り盛りをしている。調理は石田さん1人でこなす。無駄のないてきぱきとした動き。
常連さんの名前をしっかり覚えており、「○○さん、今日は何にします」という会話が交わされることも多い。対面商売のお手本とも言うべき、やり取り。

2007年3月頃より、つけ麺には「三河屋製麺@東久留米」製の国産小麦「春よ恋」100%・防臭剤無添加の真空麺を使用。らあめんの麺は従来の「カネジン食品」製を使用。
2007年6月頃より、らあめん、つけ麺共に上記の「三河屋製麺」製の麺を使用している。
2010年に、創業20周年を迎えた。
2010年までの人気(売れ筋)メニューベスト3
【らぁめん部門】1位「味噌らぁめん」、2位「囲炉裏麺」、3位「味噌ぴりか」
【つけ麺部門】1位「味噌つけ麺」、2位「トマトのつけ麺」、3位「味噌ぴりかつけ麺」
2011年秋より、醤油・塩のメニューの販売休止・・・再開未定
2012年3月18日、創業地である旧店舗(東京都渋谷区本町6-6-4 森田マンション1F)は、移転のため閉店。
2012年4月25日、現在地に移転オープン。

夜はスローフードのお店を掲げ、お酒の他、ホワイトボードに書かれた“肴”数種類を取り揃えている。
※暫く、昼営業のみ。
一福@初台-まぜ福
本日は「まぜ福」
期間限定メニュー。

一福@初台-まぜ福
食券を渡すと、メレンゲの上に玉子の黄身が載った器が差し出される。
メレンゲとは、卵白を泡立てた食材。
麺が登場するまで、よく掻き混ぜる。

麺が登場。
麺に汁がかけられた和風の和え麺。
その上に載った具材は、チャーシュー、メンマ、微塵切りの玉ねぎ、鰹節、糸唐辛子、海苔、水菜など。

先ずは、よく掻き混ぜていただく。
麺は中太のストレート麺。
茹で加減は柔らかめで、噛むとムッチリとした食感。

汁は味噌ベースの和風味。
ライトなピリ辛感。
ジャンクな感じはなく、上品で穏やかな味わい。
途中で、フワフワの溶き卵を投入。
味は円やかに変化。

具のチャーシューは、7mm程の厚切り。
適度な噛み応えを残したソフトな食感で、ウマい。
メンマは、柔らかくシャクシャクとした食感。
刻み玉ネギのシャリシャリとした歯触りが心地良い。

麺と具を食べ終えた後、残った汁にご飯を投入。
その上に、そぼろ肉を振りかけ、卓上のラー油を回しかける。
台湾まぜそばの追いメシ風に早変わり。

完食で、満腹。
太鼓腹になり、退店。

【掲載】2015年9月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★★★
★このページに掲載されているそれ以前の実食レポートは、下記のページです。

冷しごまみそずい【2015年8月】(39)
ばみ〜【2013年7月】(38)
つけめん the SE・SA・MI【2013年5月】(37)
菜麺+味玉【2012年8月】(36)
トマトのつけ麺【2012年7月】(35)
味噌らぁめん+ミニカレー【2012年3月】(34)
囲炉裏麺【2012年3月】(33)
トマトのつけ麺【2012年3月】(32)
塩ちゃあしゅう麺【2011年11月】(31)
つけめん the SE・SA・MI【2011年8月】(30)
汐彩【2011年8月】(29)
ごまみそずい【2011年5月】(28)
つけめんthe SE・SA・MI【2011年2月】(27)
塩つけめん【2011年1月】(26)
涼やか【2010年8月】(25)
琥珀の刻+味玉【2010年7月】(24)
囲炉裏麺【2010年4月】(23)
琥珀の刻(とき)【2009年12月】(22)
汐彩【2009年8月】(21)
爽香麺+味玉【2009年7月】(20)
味噌ぴりか+味玉【2009年6月】(19)
味噌ぴりかつけめん【2009年6月】(18)
味噌ぴりかつけめん【2009年3月】(17)
囲炉裏つけめん【2008年4月】(16)
カレーつけめん【2008年2月】(15)
ごまみそずい【2008年1月】(14)
囲炉裏麺【2007年11月】(13)
毬藻(まりも)の雫【2007年10月】(12)
菜麺【2007年10月】(11)
冷やし塩ラーメン汐彩【2007年8月】(10)
梅しそつけめん【2007年7月】(9)
トマトのつけ麺【2007年6月】(8)
首領辛(どんから)【2007年5月】(7)
汐彩【2006年12月】(6)
アロイ【2006年7月】(5)
醤油らぁめん【2006年5月】(4)
味噌ちゃあしゅう麺【2006年5月】(3)
囲炉裏麺【2005年3月】(2)
味噌らぁめん【2003年】(1)
inserted by FC2 system