らーめん自由区・東京ラーメンガイド渋谷区のラーメン店リスト>五十六@幡ヶ谷
鶏そば 鶏つけ 五十六・閉店
とりそば とりつけ いそろく
【所在地】東京都渋谷区幡ヶ谷2-13-4 【お店の地図】
【電話】03-5388-4186
【定休日】月曜日
【営業時間】11:00-23:00
【最寄り駅】京王新線 幡ヶ谷駅 徒歩1分

五十六@幡ヶ谷-店舗外観 五十六@幡ヶ谷-店内入口より
【メニュー】
 ○鶏そば700円、鶏そば大盛800円、特製鶏そば850円、特製鶏そば大盛950円
 ○鶏赤そば(辛)800円、鶏赤そば大盛(辛)900円
 ◎鶏つけ(麺250g)750円、鶏つけ大盛(麺350g)750円、鶏つけ特盛(麺500g)880円
 ◎特製鶏つけ900円、特製鶏つけ大盛900円
 ◇特製味玉子100円、メンマ・白髪ネギ・青髪ネギ・辛ネギ各150円、鶏つみれ250円、鶏肉300円、他
 □ごはん(小)100円、ごはん(大)180円、他

【限定メニュー(これまでの)】
 冷鶏そば750円、冷鶏そば大盛850円、他

【系統】鶏白湯系東京ラーメン

【お店について】
 2010年6月18日オープン。2005年6月創業の麺匠 呉屋@蒲田(大田区)のセカンドブランド。
 店主の本間利幸氏は幾多の有名ラーメン店での修行後、製麺所の老舗「浅草開化楼」に勤め、その後独立。開業した「麺匠 呉屋」は昼夜異なるメニューを提供し、話題となった。「五十六」は、「呉屋」とは異なる「鶏白湯」を中心としたメニューを提供している。

 京王新線 幡ヶ谷駅北口を出ると…目の前には、甲州街道。上を見れば「首都高速4号新宿線」。
五十六@幡ヶ谷-幡ヶ谷駅前
 回れ右をすると、お店の赤い看板が目に留まる。立地条件◎。以前、「さいたま屋」や「駅前ラーメン 麺房」があった場所。

五十六@幡ヶ谷-店舗外観
 奥にも、飲食店が数店舗ある。
 五十六と言うと、“連合艦隊司令長官:山本五十六”を連想する。果たして、屋号との関連は┐(-_- )┌ …?
 券売機は、入口右横に設置されている。食券を購入して、店内に入る。

五十六@幡ヶ谷-店内・カウンター席
 店内に入ると、厨房前に左手に伸びる横長のカウンター5席(6席になることも)。奥の壁際にも、カウンターが3席用意されている。

 黒いステンレスの天板。卓上には、つけ麺用の割りスープが入ったポット・ギャバンのコショウ・エコ箸・レンゲ(ステンレス)・紙ナプキン・爪楊枝・冷水入りポットなどが置かれている。
 BGMはJPOP。スタッフは1〜2名の体制で切り盛り。

五十六@幡ヶ谷-店内・奥より
 奥の席から入口方向を見た光景。椅子の座面は、やや高め。
 左側の仕切りの横に給水器が置かれている。
五十六@幡ヶ谷-冷鶏そば
 本日は「冷鶏そば」。「9月下旬まで、続けます」とのこと。期間限定だったのね(`ω゚艸)ナヌ?

 スープはよく冷やされた乳白色の鶏白湯スープ。粘度は然程なく、クリーミーではあるが、サラリとしている。ほんのりとした甘味が口の中に広がり、適度に効かせた塩味が味を引き締めている。鶏特有の匂いはなく、凝縮された旨味が舌を喜ばせる。
 付属のジュレ玉(コラーゲン)が溶け出すと、ミゾレっぽいシャリシャリとした舌触りになり、変化をもたらし楽しめる。

 麺は「浅草開化楼」製の中太ストレート麺。断面は四角く、シコシコとした食感。麺の主張は強すぎず、スープの絡みも良く相性もバッチリ。

 具は鶏肉・メンマ・1/2味付玉子・アスパラ・白髪ネギなど。
 鶏肉は、胸肉をほぐしたものにコショウがまぶされている。味がしっかりとついていて、量もあるので食べ応えがある。メンマは太めで柔らかく、シャキシャキとした食感。1/2味付玉子は、味付けがしっかりと施され黄身がしっとりとした半熟具合。アスパラは、良い箸休め。白髪ネギは、長めに切られているもので、量も多い。ヘルシーで嬉しい。

【掲載】2010年9月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★★★
らーめん自由区渋谷区のラーメン店リスト>五十六@幡ヶ谷
inserted by FC2 system