らーめん自由区|東京ラーメン・つけ麺ガイド高田馬場・早稲田のラーメン店リスト>太麺堂@高田馬場
太麺堂・閉店
ふとめんどう
【所在地】東京都新宿区高田馬場1-4-18 【お店の地図】
【電話】03-3203-2083
【定休日】無休
【営業時間】11:00-21:30
【最寄り駅】
 ○東京メトロ副都心線 西早稲田駅 徒歩4分
 〇JR山手線・東京メトロ東西線高田馬場駅 徒歩5分

【メニュー】
 〇太醤油ラーメン800円(太宣言で700円)-麺の量(並150go/大225g同額)
 ◎太つけ麺800円(太宣言で700円)-麺の量(並225g/大300g同額)
 ◎太油そば800円(太宣言で700円)-麺の量(並225g/中300g/大375g同額)
 ◇味玉・メンマ・のり各100円、軟骨チャーシュー・ラフテー各250円、他

【限定メニュー(これまでの)】
 太ふへん者ラーメン800円(太宣言で700円)、ブラック太郎ラーメン780円、ブラック太郎つけ麺780円、太麺堂のつけ麺・ロッソ780円、太煮干ラーメン780円、他

【系統】極濃魚介創作系東京ラーメン

太麺堂@高田馬場-店舗外観 太麺堂@高田馬場-店内
【お店について】
 2009年11月11日11時11分オープン。博多の人気店「麺劇場 玄瑛(福岡市中央区)」の店主入江瑛起氏と製麺所『浅草開化楼』のカリスマ製麺職人「不死鳥カラス」氏とがタッグを組み、2009年11月〜12月30日までの期間限定店舗として始まった。
 日清食品が、「つけ麺ブーム」に次ぐ「太麺ブーム」を作るためにサポート。2009年11月の「太麺堂」開店に合わせて、日清食品「太麺堂々 濃厚魚貝豚骨醤油」を発売。「カップヌードル」の2倍の1.8mm麺の太さで、20〜30代を中心に予想以上の反響を得たと言う。

 2010年1月15日、再オープン。店主は、斉藤悠氏。「太いが旨い」がコンセプト。

 お店の場所は、高田馬場駅早稲田口より、早稲田通りを早稲田方面へ直進。明治通りを交わる馬場口交差点の近く。
太麺堂-高田馬場方面から見た外観
 「太」と一文字書かれた看板と黒地の暖簾が目印。引き戸を開けて、店内へ。

太麺堂@高田馬場-店内・拡大
 店舗は12坪。通路を挟んだコの字型のカウンター17席。奥に厨房がある。厨房に男性スタッフ2人、ホール係の女性2名の体制。BGMはJポップ。

太麺堂@高田馬場-卓上調味料
 卓上にはラー油、塩、一味、胡椒、酢、すりろしニンニクなどが置かれている。

 このお店の面白いところは、“太宣言”をすると麺類の料金が100円引きになるというサービス。
 「最初から割り引いておけばよいものを…」と思う人もいるだろうが、お店側の遊び心。
太麺堂@高田馬場-太宣言 太麺堂@高田馬場-小麦粉・傾奇者
 卓上に置かれたカードに、自分にまつわる「太いもの」を書き、スタッフに渡すというもの。
 壁には、客の書いたカードの一部がコルクボードに掲示されている。
 また、その上には「日清製粉 傾奇者」の小麦粉の袋も掲示されている。これは、「不死鳥カラス」氏が手掛ける特注麺の粉袋。名店「六厘舎」の専用粉としても知られている。

2011年1月15日、閉店。
太麺堂@高田馬場-太醤油ラーメン+味玉
 本日は「太醤油ラーメン」+味玉
 スープは豚のゲンコツと背ガラを長時間炊き込んだ濃厚スープ。それに、昆布、鰹、アサリを加えたWスープ。
 香味油は、芝海老の鬼殻焼・アサリ・ホタテの貝柱・干し海老を胡麻油とラードで炒めたクワトロ油。補足するとクワトロは、イタリア語で「4」のこと。

 スープは白濁した豚骨魚介スープ。表面1/3を覆うのは、褐色の「クワトロ油」。まずは、香味油のない白いスープを一口。様々な素材から滲み出た奥深い味わい。
 次に、香味油が浮いた部分を一口。この薫りが、太麺堂独自の風味と味の決め手。キレとパンチ力を感じさせる。スープと香味油の組み合わせにより、独特な味わいがある。旨味は凝縮している反面、塩分濃度はやや高い。

 麺はややウェーブのかかったストレート太麺。切り刃12番といううどんに近い麺。噛むとボソボソとした食感ながら、噛みしめれば旨味が広がる美味しい麺。

 具は、チャーシューの代わりに、豚の軟骨2個。黒い色をしている。圧力鍋で煮込んだもので、肉の周りに付着したコラーゲンたっぷりといった感じのプルプル感、肉質はトロトロとしていて美味しい。味玉は、白身の部分は味が染みこみ、黄身はほんのり甘味のあるゼリー状の半熟具合。ラーメンの具としては珍しいカボチャ。スライス状の玉葱は、良い箸休め。他の具は、マグロ節、糸唐辛子、白ゴマ。

【掲載】2009年12月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★★☆
らーめん自由区高田馬場・早稲田のラーメン店リスト>太麺堂@高田馬場
inserted by FC2 system