らーめん自由区・東京ラーメンガイド新宿区のラーメン店リスト>らぁめん ほりうち@新宿
らぁめん ほりうち
【所在地】東京都新宿区西新宿1-4-7 高野ビル1F 【お店の地図】
【電話】03-3348-5530
【定休日】日曜・祝日・第2・4土曜
【営業時間】
 ○11:00-21:00
 ○11:00-20:00(土曜)
【最寄駅】
 ○東京メトロ丸の内線 新宿駅 徒歩2分
 ○都営大江戸線 西新宿駅 徒歩3分
 ○JR中央線・山手線他 新宿駅 徒歩5分

【メニュー】
 ○らあめん800円、納豆らあめん870円、月見らあめん900円、チャーシューらあめん1300円
 ◎ざる850円、メンマざる1050円、チャーシューざる1150円
 ◇大盛+250円、単品メンマ200円、単品バター100円、単品生卵50円


【系統】満来(あっさり醤油)系東京ラーメン

ほりうち-店舗外観 ほりうち-店内
【お店について】
 2007年8月29日創業。新宿西口の名店「らぁめん満来」の元店長のお店。
 2006年11月、持ちビルの改築のため、右側に隣接する高野ビル(新宿区西新宿1-4-7)の1Fに一時的に移転した「らぁめん満来」。途中、初代が高齢になったために引退したのを機に、堀内利博氏が独立し店名を「らぁめん ほりうち」として開業。
 一方、「らぁめん満来」は、2008年10月9日に、完成した「満来ビル(元の場所)」の1Fで復活した。

 店主は、16歳で入店してから40年間「満来」の厨房に立ち、名店の味を実質守り続けた人物。実務に携わり、満来そのものと言っても過言ではない。店名は変わっても、伝統の味を守る継承者。
 満来の根強い人気は、巷で「草鞋(ぞうり)」とも呼ばれた特大チャーシューとボリュームのある自家製麺。このお店でも、自慢のスタイルを踏襲し、毎日国産の肩ロースの生肉を50s仕込む。

 お店は、小田急ハルクの北側に位置し、西に少し歩けば「満来@新宿」がある。奇しくも肩を並べることになった。共存共栄となれば理想的。
 御影石の外装の奥に構えた店舗。白の暖簾が目印。
 店内は、天井が高めの開放的な空間。カウンター15席。カウンター上部から突き出た給水栓から水をセルフで入れる。スタッフは4人で、お揃いの白衣と帽子。日本料理の板場という雰囲気。ラーメンの提供は極めて迅速。客層は、年配の男性が多い。
ほりうち@新宿-らあめん
 本日は「らあめん」。満来と同じ丼鉢。なみなみと注がれたスープ。スープの表面から顔を突き出す麺とその上に盛られた具。凄みのあるビジュアル。

 スープを一口飲むとライトな油感としつこさのない鶏ガラの旨味が、味蕾に染み渡る。塩梅はほど良く、ほんのり香る醤油の風味が心地よい。
 麺は、中細の平打ち縮れ麺。柔らかめの茹で加減で、ツルツルシコシコとした食感。スープの絡みも良く美味しい。麺の量が多く、食べ応えもある。

 具のチャーシューは煮豚。期待していたよりは小さめ。それでも、厚みはあり柔らかい仕上がり。さっぱりとした味付けで、噛み締めるごとに肉の味が染み出る。平たいメンマは、柔らかくシャキッとした食感。他の具は、海苔、ほうれん草、小口切りのネギ。

 量が多めにも関わらず、胃にもたれず、サクッと食べられるのがこのラーメンの魅力。どこか郷愁をそそる味わいで、思い出すとまた食べたくなる一杯。
【掲載】2008年12月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★☆☆
らーめん自由区新宿区のラーメン店リスト>満来@新宿
inserted by FC2 system