らーめん自由区・東京ラーメンガイド新宿区のラーメン店リスト>えびらーめんじゅうねん@曙橋
えびらーめん じゅうねん・閉店
【所在地】東京都新宿区住吉町2-10 【お店の地図】
【定休日】無休
【営業時間】11:00-23:00
【最寄駅】都営新宿線 曙橋駅A1出口 徒歩1分

【メニュー】
十年ラーメン750円 かに味噌ラーメン(塩780円/正油780円/味噌800円)
ラーメン(正油630円/塩630円/味噌650円) わんたん麺(正油800円/塩800円/味噌820円)
チャーシュー麺(正油880円/塩880円/味噌900円) のりチャッ玉ラーメン(正油1080円/塩1080円/味噌1100円)

【系統】創作系海老出汁ラーメン

【お店について】
 2005年11月にオープンした曙橋店。神奈川県港北区にある「じゅうねん@綱島(2002年9月創業)」の支店。居酒屋も経営する創業者の出身が、北陸地方。幼少の頃より食べ慣れた海老を使った味噌汁が味の原点。屋号は文字通り「味の確立に10年かかった」ところから来ている。赤を基調とした店構えは、異彩を放ち目立っている。中華街にあるお店風。店内も赤、白、黒で統一されている。カウンター14席、テーブル4席の広々とした空間。BGMはAMラジオ。
十年ラーメン@じゅうねん
 本日は「十年ラーメン」。お店イチオシのメニュー。漁師が食べる「伊勢海老鍋」をイメージしたラーメン。色鮮やかで、賑やかなトッピング。このメニューは、甘エビの頭で摂ったダシと塩ダレ、味噌ダレを使用したもの。味噌ダレは、信州味噌をベースに蟹味噌を加えている。どんぶりからは、磯の豊かな風味が立ち上る。一口飲むと海老の甘みと旨みが広がる。味噌は弱めで、塩気はそれなりにある。麺は中太の縮れ麺。固めの茹で加減で、コシがある。低加水率でボソっとした食感。スープの絡み、馴染みは弱い気がする。スープとの一体感が出るとさらに良い。チャーシューはバラ肉の薄切り。外側が香ばしく、中がトロトロ。味付け玉子は丸々1つ入っているように見えるが、実は半分。食紅を使ったような鮮やかなピンクが冴えている。この半熟玉子は、鰹ダシを加えた桜海老のタレに漬け込んだもの。海老ワンタンは海老のペーストを生地で折りたたむようにしたもの。餡は少ないが、エビの風味が強くて美味しい。ボイルした海老も実は半分。見せ方が上手。他の具はメンマ、浜名湖産のあおさ。
 甲殻類が好きな人には豊かな風味と味わいがたまらない一杯。食べてを選ぶかもしれないが、独創的で、個性的なラーメン。
【掲載】2006年10月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★☆☆
らーめん自由区新宿区のラーメン店リスト>えびらーめんじゅうねん@曙橋
inserted by FC2 system