らーめん自由区|東京ラーメン・つけ麺ガイド新宿区のラーメン店リスト>くぼ田@東新宿
麺 くぼ田
めん くぼた
【所在地】東京都新宿区大久保2-6-17-103 【お店の地図】
【電話】03-3203-2822
【定休日】日曜
【営業時間】
 ○11:15-15:20/17:30-21:20
【最寄駅】
 ○東京メトロ副都心線・都営大江戸線 東新宿駅B1出口 徒歩3分

くぼ田@東新宿-店舗外観 くぼ田@東新宿-店内

【メニュー】
 ○醤油ラーメン(1玉)680円、醤油ラーメン(1.5玉)700円、醤油ラーメン・細麺(1.5玉)700円、味玉入り醤油ラーメン(1.5玉)800円、ワンタン入り醤油ラーメン850円
 ○味噌ラーメン750円、野菜多め味噌ラーメン850円
 ○坦々麺850円
 ◎つけ麺醤油(1玉)680円、つけ麺醤油(2玉)730円、つけ麺醤油(3玉)830円、野菜つけ麺醤油(1.5玉)750円
 ◎つけ麺味噌(1.5玉)750円
 ◆味付玉子100円、メンマ・ワンタン6個各200円、チャーシュー4枚300円
 ■ランチ餃子(3個)150円、チャーハン650円、半チャーハン450円、ラーメンセット醤油+半チャーハン950円、他

【限定(これまでの)】
 冷やし豆乳坦々麺850円、他

【系統】Wスープ系東京ラーメン

【お店について】
 このお店のご主人、窪田博仁氏は「ラーメン創房玄@秋葉原」出身。
 2001年1月、「ラーメン玄々@新橋」を開業。
 2006年4月24日、「ラーメンげんげん@東新宿」として、この地に移転し屋号も変更。
 そして、世田谷区の「麺屋 八蔵@松陰神社前」プロデュースの味を育んで、2010年1月10日リニューアルオープン。屋号を「麺 くぼ田」とする。

 お店の場所は、明治通りと大久保通りが交わる「大久保2丁目交差点」の近く。JR新大久保駅からも、徒歩7分程度で行ける。黒の看板と白の暖簾が目印。
 看板には「THE GYOKAI 麺 くぼ田」と書かれている。
くぼ田@東新宿-店舗外観2

 店内は、入って右側に券売機がある。コの字型カウンター12席。卓上には、ギャバンのブラックペッパー、ゆず一味、酢などが置かれている。
くぼ田@東新宿-店内2
 奥に厨房があり、厨房に店主、ホール係の女性スタッフの2名で切り盛りをしている。厨房の手前にある壁に、液晶テレビが掛けられている。その音声が、BGM。
 壁には、紙に書かれたスープや麺に関する薀蓄(うんちく)が貼られている。
 また、壁のコート掛けが、人型でユニーク。
くぼ田@東新宿-フック

「麺 くぼ田」のスープの特徴。和風ダシと動物系ダシのWスープ
 @-北海道港直送の昆布(厚岸産)と椎茸でとった出汁に、本かつお・宗田かつお、さば・あじ節類、煮干し(九十九里産・長崎産)をブレンドした和風ダシ。
 A-豚のゲンコツと鶏ガラを合わせて6時間煮込んだ動物系ダシ。

 このお店のチャーハンの評判もまずまず。
くぼ田-冷やし豆乳担々麺
 本日は「冷やし豆乳坦々麺」。夏季限定のメニュー。

 麺は「三河屋製麺」製の中太の平打ち麺。つけ汁との相性も上々で、モッチリとしていて美味しい。

 汁は、胡麻の芳醇な香りとコクが溢れる濃厚な味わい。辛味は、5段階で3位の適度な辛さ。全体のバランスが良く、口に残る余韻も良い。

 具のメンマは、味付けが程好く、シャクシャクとした食感。中華くらげは、コリコリとした食感。味玉は1/4のものが2個。黄身がゼリー状の半熟具合。他の具は、挽肉、貝割れ大根、キュウリ。
 丁寧な仕事ぶりが伺え、完成度も高い。

【掲載】2010年8月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★★☆
らーめん自由区新宿区のラーメン店リスト>くぼ田@東新宿
inserted by FC2 system