らーめん自由区・東京ラーメンガイド新宿区のラーメン店リスト>モモンガ@西武新宿
新宿 モモンガ
しんじゅく ももんが
【所在地】東京都新宿区歌舞伎町2-46-7 第3平沢ビル1F 【お店の地図】
【電話】03-3209-0720
【定休日】無休
【営業時間】
○11:30-24:00(L.O.23:45)-月〜金
○11:30-22:00(L.O.21:45)-土・日・祝
【最寄駅】
○西武新宿線 西武新宿駅北口 徒歩2分
○JR山手線 新大久保駅 徒歩5分
○JR・他 新宿駅東口 徒歩10分

【メニュー】
○煮干しらーめん680、味玉煮干しらーめん780、特製煮干しらーめん880円
○海老らーめん750円、味玉海老らーめん850円、特製海老らーめん950円
○辛海老らーめん780円、味玉辛海老らーめん880円、特製辛海老らーめん1080円
◎海老つけめん750円、味玉海老つけめん850円、特製海老つけめん950円
◎辛海老つけめん780円、味玉辛海老つけめん880円、特製辛つけめん980円
◇味玉100円
□豚めし220円、他
※らーめんの麺の量:(並)150g/(大)210g・・・同額サービス
※海老らーめんの麺の量:(並)180g/(大)270g 〃
※つけめんの麺の量:(並)200g/(中)300g/(大)400g 〃

【限定メニュー(これまでの)】
醤油らーめん680円、塩らーめん680円、つけめん680円、特製つけめん950円、鶏白湯煮干しらーめん500円、ホワイトミソ チキンヌードル チョコレート添え800円、醤油つけめん680円、塩らーめん680円、醤油らーめん680円、鶏白湯らーめん780円、ジンジャーヌードル850円、他

【系統】淡麗・濃厚創作系東京ラーメン

【お店について】
「とんび@府中(2005年11月1日創業)」の系列店。

2009年11月4日、当初「中華そば わさび」という屋号でオープン。
2012年12月に、一度店を閉じる。
2012年1月上旬より、店名未定のままプレオープン。
2012年3月27日、グランドオープン。

お店のコンセプトは、「本当にやりたいことだけをやる」。
府中の店舗が、豚骨魚介”なので、それ以外の味に挑戦するとのこと。

モモンガ@西武新宿-店舗外観
西武新宿線の西武新宿駅北口を出て、新大久保方面へ向かう。
「職安通り」に出たら、右折。
曲がった直ぐ右手。

モモンガ@西武新宿-店舗外観
竹で覆われたスタイリッシュな外観。
以前、燻製玉子で人気を博したラーメン店「竈」があった場所。

モモンガ@西武新宿-店内
店内に入り、右手に券売機がある。
黒を基調とした内装、照度を落とした落ち着いた雰囲気。
コの字型カウンター13席。

モモンガ@西武新宿-店内
奥に、漫画の書棚、更に洗面所とトイレが続く。

食券を渡す際に、麺の量を申告する。
どのサイズも料金は一緒。
つけ麺に関しては、「太麺」「細麺」を選ぶことができる。

スタッフは、3名。
BGMは、JPOP。
モモンガ@西武新宿-特製つけめん
本日は「特製つけめん」

麺の量が、200g・300g・400gとあり、同額サービス。
ということで、400gをオーダー。

麺は「鈴木製麺@立川」製の中太ストレート麺。
スルスルと啜りやすく、プリプリとしていて、噛むとシコシコとした食感。

つけ汁は、やや尖りのある醤油味で、あっさりとした味わい。
鶏の出汁の旨みに、昆布出汁の濃い旨味がプラス。
方向性としては、和風。

具のチャーシューは、ふっくらと仕上がっており、柔らかく口溶け感が良く美味しい。
メンマは、柔らかくシャクシャクとした食感。
珍しい具としては、おぼろ昆布と切り昆布。
昆布の種類は、フコダインが多く含まれることでも知られている「ガゴメ」。
ガゴメは、主に函館東海岸に生育している珍しい昆布で、強い粘りが特徴。
他の具は、青ネギ、白髪ねぎ、鷹の爪。

最後にスープ割り。
温度が上昇し、風味が増して美味。

【掲載日】2014年6月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★★★
★このページに掲載されているそれ以前の実食レポートは、下記のページです。

特製海老らーめん【2014年4月】(2)
特製醤油らーめん【2014年3月】(1)

らーめん自由区新宿区のラーメン店リスト>モモンガ@西武新宿
inserted by FC2 system