らーめん自由区|東京ラーメン・つけ麺ガイド新宿区のラーメン店リスト>麺屋武蔵 新宿本店@新宿
麺屋武蔵 新宿本店 ラーメン遺産 殿堂入りの名店
めんやむさし しんじゅくほんてん
【所在地】東京都新宿区西新宿7-2-6 K1ビル1F 【お店の地図】
【電話】03-3363-4634
【定休日】無休
【営業時間】11:30-22:30
【最寄り駅】
○都営大江戸線 新宿西口駅 徒歩3分
○西武新宿線 西武新宿駅 徒歩4分
○JR山手線・中央線他 新宿駅 徒歩8分

【メニュー】
○角煮ら〜麺800円、味玉角煮ら〜麺900円、武蔵ら〜麺1000円、角煮3倍ら〜麺1200円、味玉角煮3倍ら〜麺1300円
◎角煮つけ麺800円、味玉角煮つけ麺900円、武蔵つけ麺1000円、角煮3倍つけ麺1200円、味玉角煮3倍つけ麺1300円
□ご飯類:変り飯(季節により異なる)200〜300円程度
◆トッピング:味玉100円、メンマ150円、角煮1個200円、他

【期間限定メニュー(これまでの)】
豆乳冷やし麺850円、宮崎風冷汁つけ麺850円、角煮味噌ら〜麺850円、ワインガーナ850円、ホエートンコツ味噌ら〜麺1000円、味噌らー麺850円、酸辣ガーナ850円、冷し辛つけ麺850円、武蔵二刀麺850円、辛つけ麺800円、味噌らー麺850円、梅ガーナ800円、15種類のきのこそば(トリュフ添え)1000円、味噌つけ麺800円、味玉味噌つけ麺900円、冷やし塩つけ麺800円、塩つけ麺800円、塩ら〜麺800円、海水ら〜麺800円、冷やし米粉麺800円、冷やし麺750円、アイス担担麺、泡乾酪味噌ら〜麺800円、秋味塗し麺/秋香スープ付800円、冷印度麺、氷やし麺、冷虹麺、トマトと浅蜊の冷やし麺、冷やし七味、柚子味噌冷やしつけ麺、柚子味噌温つけ麺、柚子の擂り流しつけ麺、ゆず冷やし麺、ごま塩つけ麺、夏菜沫仕立、酒煎りら〜麺、霞の塩そば、田楽麺、スカンピとムール貝のつけ麺、魚穀醤油ら〜麺、魚骨のら〜麺、えび醤ら〜麺、豆と牛のら〜麺、酒骨ら〜麺、牛蕎麦、焼味噌ら〜麺、親子味噌ら〜麺、蟹と南瓜の味噌ら〜麺、菜の花とあさりの塩、紅白の塩ら〜麺、茶の塩ら〜麺、かぶと鯛の塩ら〜麺、三変化ら〜麺、黒味噌ら〜麺、とろつけ麺、鶏とこなかきの塩ら〜麺、野の冷やし麺、他

【旧・メニュー】
○ら〜麺750円、あじ玉ら〜麺830円、チャーシュー麺1100円、あじ玉チャーシュー麺1200円
◎つけ麺750円、あじ玉つけ麺850円、大盛つけ麺900円、大盛味玉つけ麺1000円

【系統】麺屋武蔵系東京ラーメン

【お店について】
1996年5月、麺屋武蔵は、南青山(麺屋武蔵青山@青山一丁目・閉店)で創業。1998年5月に新宿店をオープンさせ、こちらを本店とする。

ご主人の「山田雄」氏はアパレルメーカーに入社。その後独立し、アパレルメーカーを設立。
年商23億円の青年実業家となるが、バブルの影響で廃業。
その後、独学でこの道を開き、たぐい稀なるセンスと向学心で東京ラーメンの新たなスタイルを確立した。
剣豪・宮本武蔵が店名の由来。誰にも教わらない、無手勝流であることからその名を採り入れた。そして、今や知らない人はいないぐらい超有名店になった。

お店の場所は、新宿駅より、小滝橋通りを大久保方面に向かって行くと右側にある。都営大江戸線が開通してからは、「西新宿駅」が最寄駅。

麺屋武蔵@新宿-周辺
小滝橋通りから見た「麺屋武蔵 新宿本店」。

麺屋武蔵 新宿本店-店舗外観
新宿に開店して以来、東京一の行列店として「麺屋武蔵」の名を轟かせた。
待ち時間1時間というひと頃の長蛇の列は落ち着きを見せ、じっと耐えて待つ時間は減った。
店外に行列はなくとも、店内に待ち客が並んでいることもしばしば。しかし、回転が速いので、待ち時間は短い。

麺屋武蔵 新宿本店-店内
カウンター19席。厨房にいる赤いシャツに茶色のエプロン姿のスタッフは、元気がよい。
皆長身で、ガッチリとした体型。

麺屋武蔵 新宿本店-店内奥より
「接客マニュアル」による教育もあるのであろうが、自然に体が動き、楽しんで働いているという様子が伺える。
チームワークも良く、リズミカルに調理をしていく。

期間限定メニューが、時折メニューに載ることもある。1日数量限定のものと、そうでないものとがある。
数量限定のものは、マスメディアで紹介されることが多く、開店後30分程度で売り切れることもある。
原価率も高く、いわばお店のPR用のメニューともいえる。

2009年1月19日より、メニューと価格を変更。
チャーシューが、角煮に変わり、ラーメンの並盛・大盛が同額。つけ麺の並盛・中盛・大盛・特盛が同額。
サンマ煮干・大量の羅臼昆布・無化調という「素材主義」から、ポピュラリティーを追求した「大衆主義」に変わった。

【麺屋武蔵の系列店(閉店の店も含む)】
@麺屋武蔵 青山@青山一丁目(閉店)、A麺屋武蔵 新宿本店、B麺屋武蔵 二天@池袋、C麺屋武蔵 武骨@御徒町、D麺屋武蔵 虎洞@吉祥寺、E麺屋武蔵 武骨外伝@渋谷、F麺屋武蔵 鷹虎@高田馬場、G麺屋武蔵 江戸きん@浅草(閉店)、H麺屋武蔵 神山@神田、I麺屋武蔵 武仁@秋葉原、J麺屋武蔵 厳虎@秋葉原、K麺屋武蔵 相傳@上野、L麺屋武蔵 虎嘯@六本木、M麺屋武蔵@蒲田、N麺屋武蔵@芝浦。
麺屋武蔵 新宿本店-豆乳冷やし麺
本日は「豆乳冷やし麺」。8月31日(15:00以降・20食提供)までの限定メニュー。

夏バテ予防に効果的な栄養素を大量に含んでいる“豆乳”に注目して開発したメニュー。
キッコーマン飲料が販売する「紀文の調整豆乳」とのコラボレーション。

純白スープに、赤いアイスクリームが載った「日の丸」をイメージしたデザイン。
ロンドンオリンピックに向けた“ガンバレ日本”という応援の意を込めたもの。

四角いガラスの器はキンキンに冷やされ、白と赤のコントラストが綺麗。

あさり、貝柱、生ハム出汁のクリーミーな豆乳スープ。
ラーメンスープと言うよりは、クラムチャウダーとかビシソワーズのような洋風スープに近い。
豆乳のコクの中に、生ハムと貝類の旨みが滲み出た滋味深い味わい。
刻まれた生ハムの塩分が、丁度良い塩梅。

中央のトマトベースの“豆乳ラー油アイス”は、単独で味わうものではない。
食べ進むうちに溶け出し、徐々に辛味が増していくような味変効果を狙ったもの。
最後まで美味しく飽きさせない工夫が施されている。

麺は平打ちの太縮れ麺。
手揉みが入ったいびつな形状。
啜るとピラピラと震えながら、口の中に飛び込んで来る。
スープの絡みが良く、ムッチリとした食感でウマい。

サプライズは、麺の下に隠れた具。
オリンピックの五輪を意識した5色の「彩り野菜の柚子風味ゼリー寄せ」と鶏ムネ肉。
野菜は、パプリカの赤と黄色、ヤングコーン、スナップエンドウ、キクラゲ。
個々の瑞々しい食感を楽しむことが出来る。
衣をつけた鶏ムネ肉は、出しゃばらず控えめな味付け。

進取の気性に富み、趣向を凝らした「麺屋武蔵」らしい一杯。

【掲載】2012年8月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★★★
★このページに掲載されているそれ以前の実食レポートは、下記のページです。

宮崎風冷汁つけ麺【2012年8月】(15)
味玉角煮つけ麺【2011年12月】(14)
味玉角煮ら〜麺」(アッサリ・大盛)【2011年12月】(13)
ホエートンコツ味噌ら〜麺【2011年3月】(12)
味玉味噌ら〜麺+担々辛み玉【2010年2月】(11)
武蔵ら〜麺(コッテリ・大盛)【2009年7月】(10)
梅ガーナ【2009年2月】(9)
あじ玉味噌ら〜麺【2009年1月】(8)
15種類のきのこのそば(トリュフ添え)【2008年11月】(7)
あじ玉塩ら〜麺【2008年6月】(6)
冷やし麺+豆豚丼【2007年9月】(5)
あじ玉ら〜麺(こってり)【2007年3月】(4)
あじ玉つけ麺【2007年1月】(3)
あじ玉チャーシュー麺(あっさり)【2005年5月】(2)
あじ玉ら〜麺(こってり)【2003年】(1)

らーめん自由区新宿区のラーメン店リスト>麺屋武蔵 新宿本店@新宿
inserted by FC2 system