らーめん自由区|東京ラーメンガイド新宿区のラーメン店リスト>旬麺しろ八@新宿御苑前
旬麺 しろ八 ラーメン遺産 殿堂入りの名店
しゅんめん しろはち
【所在地】東京都新宿区新宿1-12-1 サンサーラ第三御苑101 【お店の地図】
【電話】03-3341-0207
【定休日】日曜・祝日
【営業時間】
○11:30-21:00
○11:30-17:00(土曜)
【最寄駅】東京メトロ丸の内線 新宿御苑前駅出口2 徒歩3分

【メニュー】
○醤油らーめん700円、味玉麺800円、しろ八麺900円、ちゃーしゅー麺900円
○まったり醤油らーめん700円、まったり味玉麺800円、まったりしろ八麺900円、まったりちゃーしゅー麺900円
○塩らーめん700円、塩玉麺800円、塩しろ八900円、塩ちゃーしゅー900円
◎つけ麺(240g)750円、しろ八つけ麺950円
◎まったり醤油つけ麺750円、まったりしろ八つけ麺950円
◇味玉子100円、チャーシュー200円、スープ増し140円、はずれ1320円
◇半ライス100円、卵かけご飯200円、ちゃーしゅーご飯250円、他

【限定(これまでの)】
冷やし鯛らーめん(一口ご飯付き)780円、梅塩つけ麺780円、トマティーニャ・ツメタイーノ700円、ごま味噌しろ八980円、ごま味噌ラーメン780円、まったり味噌しろ八980円、まったり味噌ラーメン780円、醤油和え麺640円、トマティーニャ・シロハチーニ780円、トマティーニャ・ミソティーニ580円、味噌しろ八980円、味噌たんたん辛口780円、味噌らーめん780円、味噌しろ六950円、胡麻香らーめん680円、胡麻香らーめん野菜増しVer.750円、冷しごま辛麺730円、味噌バターらーめん730円、味噌バターしろ八らーめん880円、冷やし味噌750円、他

【系統】旬の野菜・和風出汁・ロハス系東京ラーメン

【お店について】
2005年9月13日創業。
旬麺しろ八@新宿御苑前-旧店舗外観 旬麺しろ八@新宿御苑前-旧店内
旧店舗・創業時の店舗と店内(東京都新宿区富久町18-5)

2009年8月29日をもって、富久町の路地裏の旧店舗は閉店。
2009年9月14日より、現在の地に移転し、営業を再開。

このお店のご主人の芳賀八城氏は、名店「ラーメン創房玄@秋葉原(閉店)」の出身。
店名は、名前の「八城」をひっくり返し→「城八」→「しろ八」とした。
ご主人は、オーガニックとエコロジーに高い関心をもち、「チーム・マイナス6%(地球温暖化防止の京都議定書の目標を達成するためのプロジェクトチーム)」にも参加している。
しろ八-チーム6%
ロハス(LOHAS=Lifestyles of Health and Sustainability・「健康な生活」と「地球環境の持続可能性」のためのライフスタイル)的な生き方を取り入れ、体現しているヒトの一人とも言える。ご主人の座右の銘は、「昨日よりも今日、今日よりも明日」。

お店の場所は、新宿御苑前駅出口2より外に出る。目の前の新宿通りを左手進み、一つ目の角を左に曲がる。そして、右手一つ目の角を曲がり直進。
旬麺しろ八@新宿御苑前-周辺
“新宿通り”と平行して走る一本北側の通りの風景。左手にオレンジ色の外装が見えてくる。

旬麺しろ八@新宿御苑前-店舗外観拡大
オレンジ色の外装と紺色の暖簾、店名の入った幟(のぼり)が目印。

旬麺しろ八@新宿御苑前-店内・カウンターより
店内に入って左側に券売機がある。メニューの中に「はずれ」というのがあるが、これはご主人の遊び心(常時売り切れランプがついている)。

しろ八-店内・奥より
L字型のカウンター15席。卓上には「香り七味」と「ごま」、箸はリサイクルタイプの洗い箸、冷水ポット・コップが置かれている。
その他には、「契約農家の紹介と付け合せの野菜についての解説」と「麺・旬菜・わさびについて/営業時間・定休日」が書かれたラミネート(パウチ)加工したものが置かれている。

旬麺しろ八-店内・厨房
厨房内は広く、店主とスタッフの2人体制。

店名に「旬麺」とあるように、付け合せの野菜が季節ごとに変わり、ラーメンに「旬(しゅん)」を取り入れている。野菜は契約農家の有機栽培のみを使用し、スープは化学調味料やエキス不使用。自慢の“純天然だし”のスープは、鶏と豚、4種の野菜、6種の海産物を朝5時からじっくりと煮込んで仕上げている。

基本はあっさり(鶏油)だが、背脂を浮かした「こってり」のメニューもある。希望をすれば、わさび、ゴマ、にんにくなどの薬味も出してくれる。
2010年7月より、「こってり」の呼称を「まったり」に変更。
2011年より、スープに使う鶏は「美桜鶏」を使用。
しろ八@新宿御苑前-冷し鯛らーめん
本日は「冷し鯛らーめん」。期間限定メニュー。
今回使われている野菜は、「長野県中野勝昭さんの有機レタスです。標高1000m近い長野県塩尻に日本で一番太陽に近いレタス畑があります。日中は真夏の陽を贅沢に浴び、夜は清涼な空気で締められ、味の濃いレタスが育ちます。丹精込めて栽培されたこのレタスをご賞味あれ。」とのこと。

旬の野菜が盛りだくさん。
レタスは瑞々しく、シャキシャキとした歯触り。
赤と黄色のパプリカとプチトマトは、ほのかな甘味があって美味しい。
大根とおくらはサックリとした食感が楽しめる。

スープは冷やされ、サッパリとした口当たりで滋味深い。
あっさりとしながらも、コクがあり、飲むほどに旨みが増していく。

麺は中細の平打ち縮れ麺。
啜るとフルフルと揺れながら、口の中に飛び込んでくる。
噛めば、クキクキと音が出るような歯触り。
スープが良く絡み、美味しい。

具のチャーシューは、鶏チャーシュー。
サッパリとした味付けで、しっかりとした歯応え。
淡泊ながら、噛むほどに味が出て来る。

一口ご飯-しろ八
麺を食べた後に差し出されるのが、「一口ご飯」。
器は手で長くは持てないほど、熱々に熱せられている。
残ったスープを器に注げば、鯛茶漬け。
あられの香ばしさと青紫蘇の心地良い香りが立ち上る。
サラサラと〆のご飯を平らげる。

【掲載】2012年8月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★★★
★このページに掲載されているそれ以前の実食レポートは、下記のページです。

トマティーニャ ツメタイーノ【2012年7月】(26)
ごま味噌しろ八【2011年12月】(25)
醤油和え麺+味玉子【2011年12月】(24)
冷やし鯛らーめん(一口ごはん付き)【2011年7月】(23)
梅塩つけ麺+味玉子【2011年5月】(22)
塩らーめん【2011年4月】(21)
まったり醤油らーめん+味玉子【2011年3月】(20)
トマティーニャ シロハチーニ【2011年1月】(19)
味噌しろ八+味玉子【2010年12月】(18)
冷やし鯛らーめん+味玉子【2010年7月】(17)
梅塩つけ麺+味玉子【2010年7月】(16)
冷やし鯛らーめん【2010年7月】(15)
こってりしろ八麺【2010年2月】(14)
味噌たんたん辛口【2009年12月】(13)
味噌しろ六【2009年11月】(12)
しろ八つけ麺【2009年10月】(11)
しろ八麺【2009年10月】(10)
冷やし鯛らーめん(一口ごはん付き)【2009年7月】(9)
梅塩つけ麺+味玉子【2009年6月】(8)
しろ八麺【2009年4月】(7)
こってりしろ八麺【2009年1月】(6)
味噌しろ六【2008年12月】(5)
しろ八つけ麺【2008年9月】(4)
冷しごま辛麺+味玉子【2008年8月】(3)
しろ八塩らーめん【2007年6月】(2)
しろ八麺【2006年4月】(1)

らーめん自由区新宿区のラーメン店リスト>旬麺しろ八@新宿御苑前
inserted by FC2 system