らーめん自由区・東京ラーメンガイド高田馬場・早稲田のラーメン店リスト>宗@西早稲田・高田馬場
麺屋 宗(SOU)
めんやそう
【所在地】東京都新宿区高田馬場1-4-21 サンパークマンション高田馬場B102 【お店の地図】
【пz03-5876-7640
【定休日】第2日曜
【営業時間】
 ○11:30-15:00/17:00-23:00

【最寄駅】
 ○東京メトロ副都心線 西早稲田駅 徒歩5分
 ○東京メトロ東西線 高田馬場駅7番出口 徒歩7分
 ○JR山手線・西武新宿線 高田馬場駅 徒歩9分

【メニュー】
 ○焙煎旨塩そば750円、地鶏味玉そば850円、地鶏魚玉そば880円、香味白髪そば880円、炙り焼きトンそば980円
 □海南チキンライス〜SOU〜風800円、海南チキンライスミニサイズ420円、珠美人豆腐380円
 □昔ながらの焼き餃子290円、しそ餃子390円、一口エビ餃子390円
 □モノトーンアイスクリーム380円、麺スイーツ「若菜」500円、他
 ※スープ-@「塩」、A「ゆず塩」のどちらかを選択
 ※麺-@「手もみボコボコ麺」、A「中太縮れ麺」のどちらかを選択

【限定・これまでのメニュー】
 ○柚子紫(柚子風味醤油つけ麺・小)750円、焙煎鴨白湯(白湯つけ麺・小)750円、焙煎鴨パイタンつけ麺900円、ブラックインド950円、楓(カルパッチョ風混ぜ麺900円、冷製ポタージュ風つけ麺・カボチャの王様900円、ホワイトインド(カレーつけ麺)950円、大地の味噌〜冷製サラダ風混ぜ麺900円、他

【系統】創作系東京ラーメン

宗@高田馬場-店舗外観 宗@高田馬場-店内 宗@高田馬場-店内2
【お店について】
 2007年4月25日創業。店主は、インダストリアル(工業)デザイナーの柳宗理(やなぎむねみち)氏の甥っ子。大学では経営学を学び、卒業後、4つのラーメン店で味と経営方法を学ぶ。厨房に立つもう一人のスタッフは、元イタリアンシェフで、イタリアの一つ星レストランで働いた経験がある。

 早稲田通りと明治通りの交差点の近く。黒を基調とした外観。店内は、間接照明を駆使した落ち着いた雰囲気。スタイリッシュにまとめられたラーメンダイニング。カウンターの天板は、撥水(はっすい)加工が施された人工の黒畳。椅子や水差し、コップ、カトラリーなどは柳宗理氏のデザインによるもので洗練されている。お冷やは冷酒用のグラス。カウンター11席、テーブル8席。夜は、ワインや焼酎を飲みながら、サイドメニューを楽しむこともできる。麺を使った曜日替わりのデザートも用意されている。

 スープベースは、こんがりと焼いた合鴨と大山地鶏のガラの動物系と、海老・昆布・鰹節など10種類以上の魚介系の出汁を併せたもの。タレには、ヒマラヤの「ピンクロックソルト」と対馬海峡「浜御塩」などをブレンドした焼き塩が使われている。
麺屋宗@高田馬場-焙煎旨塩そば
 本日は「焙煎旨塩そば(ゆず塩・中太縮れ麺)」。透明感のあるスープは、鶏のふくよかな旨味がジンワリと湧き上がる滋味深さ。ほのかに香る柚子の風味が心地よい。塩梅は、心持ち塩が強め。複雑でありながら、すっきりとした味わい。糸唐辛子の辛味がアクセントとして効果的。
 中太縮れ麺は、実際に感じる太さは中細で緩やかな縮れ。スープの絡みが良く、口当たりと啜り心地も良い。
 香ばしいローストされたチャーシューは逸品。噛むほどに肉の旨味が溢れ出て美味しい。他の具は、しっかりとした味付けの穂先メンマと水菜。
【掲載】2008年3月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★★☆
麺屋 宗@高田馬場-地鶏魚玉そば
 本日は「地鶏魚玉そば(ゆず塩・ボコボコ麺)」。丼は、島根の「出西窯」製。スープ表面には、桜海老、黒胡椒が浮かぶ。甲殻類の風味と旨味が効いた塩味の清湯スープ。ガツンとくるインパクトないが、口に含むとふくよかな旨味がジワジワと押し寄せる。滋味深い味わい。柚子の風味と唐辛子の辛味が適度に効いている。
 「手もみボコボコ麺」は加水率が高い中太の平打ち縮れ麺。長さは短く、スルスルと啜り心地の良い麺。「ボコボコ」というほどには歪ではないが、強めの縮れがスープを良く持ち上げる。舌触りはピロピロとした感じで、歯ざわりはシコシコとした食感。
 別添えの魚玉は、白髪ねぎと万能ネギをトッピングし、魚ダレをかけた味付け玉子。魚の風味は弱めで、黄身はゼリー状。肩ロースのチャーシューは炭火で炙ってあるので、香ばしい。しっかりとした肉質で歯応えがある。穂先メンマは、薄めの味つけで柔らかい。他の具は、糸唐辛子、水菜。
【掲載】2008年2月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★★☆
らーめん自由区高田馬場・早稲田のラーメン店リスト>宗@西早稲田・高田馬場
inserted by FC2 system