らーめん自由区|東京ラーメン・つけ麺ガイド新宿区のラーメン店リスト>麺や庄の@市ヶ谷
麺や 庄の・移転
めんや しょうの
【所在地】東京都新宿区市谷左内町1 山本ビル1F 【お店の地図】
【電話】03-3267-2955
【定休日】日・祝日
【営業時間】
 ○11:00-15:00/17:30-21:30
 ○11:00-15:00(土曜日)
【最寄駅】JR総武線・東京メトロ南北線・有楽町線・都営新宿線 市ヶ谷駅 徒歩3分

【メニュー】
 ○らーめん(こってり)730円、味玉らーめん(こってり)830円、特製らーめん(こってり)930円 ちゃーしゅー麺(こってり)1100円
 ○らーめん(あっさり)730円、味玉らーめん(あっさり)830円、特製らーめん(あっさり)930円 ちゃーしゅー麺(あっさり)1100円
 ◎つけ麺780円、味玉つけ麺880円、特製つけ麺980円、ちゃーしゅーつけ麺1150円
 ◎極旨辛和麺(うまからあえめん)780円
 ◇半替玉100円、替玉150円、つけ麺大盛100円、らーめん大盛150円、他
 ◇白葱盛り・味付煮玉子・ゆでキャベツ・特製メンマ各100円、ちゃーしゅー200円、炙りちゃーしゅー300円、他
 □水餃子180円、柚子卵御飯180円、炙りちゃーしゅー丼280円、他

【限定メニュー(これまでの)】
 寒鰤と根菜の塩つけ麺〜トロロ醤油添え〜980円、牡蠣の潮つけ麺980円、海老の乳麺1500円、秋の魚の味噌つけ麺980円、地鶏ユッケの和えつけ麺980円、〜サラダ仕立ての〜しゃけつけ麺980円、mole de tuke men(モーレ デ つけ麺)980円、魚介・トム・ヤム980円、和牛スープカレーヌーヴォー980円、海と山の旬な和え麺980円、しびれ豚骨麻つけ麺980円、鱧と梅の冷し潮らぁ麺980円、穴子スダチ醤油つけ麺980円、冷し潮らーめん980円、ビントロつけ麺〜鮪味〜980円、濃厚牛汁味噌800円、蟹味噌つけ麺〜北海道仕立て980円、春野菜とアサリの潮らーめん980円、タイ国伽哩チョコつけ麺980円、七草980円、梅塩冷麺柚子風味900円、担々式冷汁つけ麺900円、他

【系統】魚介豚骨醤油系東京ラーメン
麺や庄の-店舗外観 麺や庄の-店内
「麺や 庄の@市ヶ谷」の店舗外観(左)、店内(右)
【お店について】
 2005年9月創業。正式名は「麺や 庄の」。屋号は店主・庄野智治氏の苗字を取り入れたもの。店主は高校生の時から独学でラーメンを作っていたという大のラーメン好き。その後、「げんこつ屋」を経て25歳で独立。

 お店の場所は、JR市ヶ谷駅前の市ヶ谷橋を渡り、靖国通りに出たら信号を渡り、右手の飯田橋方面に進む。マグドナルドの角を曲がって坂道を登って行くと左手に見える。「麺や庄の」と書かれた置き看板と店名のロゴが目印。入口の赤いビニール製の庇には「濃厚豚骨魚介出汁毎月替乃創作麺処」と書かれている。ロゴの色が開店当初のオレンジ色から、グレーに変わった。
 店内は奥に細長く続く、L字型カウンター11席。卓上には、粗挽きの胡椒と一味などが置かれている。ティッシュは、頭上の照明横の部分に取り付けてある。BGMは洋楽。プロジェクターとスクリーンもある。

 らーめんのスープは、「こってり」と「あっさり」の2種類。「こってり(濃厚豚骨魚介)」は、鹿児島産黒豚のげんこつを2日間煮込んだもの+本枯節・煮干を効かせたもの。「あっさり(豚鶏清湯魚介)」は、2日間かけて煮込んだ豚骨+地鶏出汁(地鶏・香味野菜)+魚介出汁(羅臼昆布・宗田節・鯖節・貝)を併せたもの。

 「庄の」では、月替わりの創作麺を提供している-「季節の旬の素材を使用し、型にはめずに表現し、感動していただけますよう心を込めて創っております」とのこと。
2010年11月16日をもって閉店。下記へ移転し、2010年11月20日オープン。
※移転先:東京都新宿区市ヶ谷田町1-3 クレセントビル1F 電話:03-3267-2955
麺や庄の-極旨辛和麺
 本日は「極旨辛和麺(辛め)」。チャーシューだれと魚介だし醤油で和えた汁なしそば。創作麺から定番に加わったメニュー。@黒豚を煮詰めた醤油ダレ、A煮干・鰹節・宗田節の魚介だし、B唐辛子の辛味、C焦がし葱の香り油-「旨味・辛味・香ばしさを追求しました」とのこと。辛さは4段階から選べる(激辛・辛め・普通・控えめ)。

 辛味ダレを和えた麺の上に、盛りだくさんの具が載っている。チャーシュー、味玉1/2、ねぎ、水菜、糸唐辛子、揚げ麺、刻み海苔。
 まず最初に、底に溜まったタレと麺が混ざるように天地返しをする。丼鉢が小ぶりなのと具が多いので、混ぜるのには根気が要る。水菜の下には結構大量の一味が潜んでいる。そして、魚粉も…。焦がし葱の風味が香ばしく、醤油ダレと魚介出汁の旨味が麺と絡まって食欲をそそる。ベビースターのような揚げ麺の食感がアクセントとしても楽しめる。食べ進むと唐辛子の辛味が舌に伝わってきて、ヒリヒリとした感じが残る。

 麺は軽く縮れた中太麺。国産の小麦を使用した多加水麺。柔らかめの茹で加減で、モチモチとした食感で美味しい。
 具のバラ肉を巻いたチャーシューは炙りが入り、表面がカリカリッとしていて、かじると肉の旨味が口の中に広がり美味しい。味玉は味つけが控えめで、黄身がゼリー状の半熟具合。メンマはコリコリとした食感。

 後で気づいたのは、別売りオプション(各100円)があったこと。「揚げ葱つけ卵」or「海老つけ卵」で、すき焼き風もしくは混ぜ込んで食べる。「玄米茶魚介出汁」を残った麺やタレに注ぎ込んで食べる…などの楽しみ方があった。後半、味の濃さと辛味のインパクトで味わいが単調になったので、オプションを加えて変化をつけた方が良かった。
【掲載日】2010年2月 【行列】2人  【らーめんの王様】★★★★☆
麺や庄の-梅塩冷麺
 本日は「梅塩冷麺柚子風味」。月替わりの創作メニューの一つ。もう一つは担々式冷汁つけ麺。
 少し濁りのあるスープに3個の荒く削られた氷が浮いている。ダシを凍らしたものだったらグッドアイデアと思ったが、舐めると普通の氷。極細縮れ麺は冷えており、細いながらもコシがあってしっかりとした食感。スルスルとすすりやすく、喉越しも良い。汁は魚介の効いた塩ダレのスープで、塩梅も良くダシの旨みがジワジワ伝わってくる上品な味わい。柚子の酸味の効果もあり、スッキリとしていて旨みが舌にしみ込むような感じがする。

 豚バラのチャーシューは片面が炙られているのでとても香ばしい。裏側を見ると脂身の比率が大きい。旨みがあって美味しいが、冷たい分、脂が強調される。トッピングの本鰹の花削り、水菜、揚げ玉ネギ、そして別皿の大葉、昆布の薄挽き(とろろ昆布)、梅干をスープに浸しながら食べると、色々な風味を楽しむことができる。細い針状の揚げ玉ねぎは甘く、香ばしく、とても美味しい。
【掲載日】2006年9月 【行列】3人  【らーめんの王様】★★★★★
麺や庄の-特製らーめん麺や庄の
 本日は「特製らーめん(こってり)」。ゲンコツ、豚頭、豚足、鶏ガラ、香味野菜を14時間以上じっくり煮込んだ動物系のダシがベース。出来上がったスープは一日寝かせてから使用。それに、煮干、本鰹節などの魚介系のダシを併せている。乳化しているので、粘度が高く、トロミのあるスープ。ゼラチン質が豊富で、コラーゲンたっぷりといった感じ。きのこや香味野菜の甘みも滲み出ていて、濃厚でありながら飲みやすい。一つの素材が突出せず、バランスが取れている。魚粉も使用されているが、ザラッとした舌触り感は気にならない程度。味付けは濃いめで、塩辛く感じる一歩手前という感じで、そのあたりは微妙。人によってはしょっぱく感じるかもしれない。化学調味料は使わず、濃厚な旨みを出すところは、クォリティとしては高い。

 麺は「三河屋製麺」製の中細のストレート麺。コシの強い強力粉を一等粉の中から厳選し、数種類ブレンドしたものを使用。シコシコ感を引き出すためにかん水の配合にも気を使っている。角がしっかりとした四角い断面で、硬めに茹でられている。噛むと小麦の甘い風味もあり、スープを持ち上げおいしい。量的にも180gと満足できる。

 特製のチャーシューは鹿児島産黒豚のバラ肉を使用。軽く炙ってあるので香ばしく、柔らかくてジューシー。特製以外はバラ肉のロールで、炙ってはいないようだ。メンマは細長い形状で、コリコリとした食感。味玉の味付けは薄めで、黄身がゼリー状。他の具は、糸唐辛子、小口切りされたネギと白髪ネギ。
 何が特製かというと、大きめの炙りチャーシューになることと、ハーフの煮玉子がつくこと。お得な感じがしないのは、具が増量されたという印象を与えないためであろうか。それを差し引けば、質の高い一杯で満足できる。また、月替わりで創作性のあるラーメンを提供しているので、それが楽しみなお店でもある。
【掲載日】2006年8月 【行列】0人  【らーめんの王様】★★★★☆
らーめん自由区新宿区のラーメン店リスト>麺や庄の@市ヶ谷
inserted by FC2 system