本文へスキップ
らーめん自由区・東京ラーメン食べ歩きガイド高円寺のラーメン店リスト>Bia Bia(ビアビア)@東高円寺
Bia Bia ラーメン遺産 殿堂入りの名店
びあ びあ

【所在地】東京都杉並区高円寺南1-6-6 吉川ビル1F 【お店の地図】
【電話】03-3317-7154
【定休日】月曜
【営業時間】
○11:30-14:00/17:30-22:00(平日)
○11:30-スープ切れ終了(土・日・祝)
【最寄駅】東京メトロ丸の内線 東高円寺駅出口2 徒歩3分

【メニュー】
○塩ラーメン750円、塩半熟玉子ラーメン850円
○醤油ラーメン(普通or濃口)750円、醤油半熟玉子ラーメン850円
○ロースト・トマトラーメン(塩・醤油)900円、BiaBia Specialラーメン1000円
◇替玉100円、半熟玉子・ネギ・穂先メンマ・高菜・のり各100円、ローストトマト150円、チャーシュー200円
□チャーシューほぐしライス・高菜ライス・ローストトマトライス各300円

【限定メニュー(これまでの)】
30品目の味噌ラーメン、麻婆茄子まぜ麺、味噌×ドライカレーラーメン、完熟のトマトラーメン900円、冷やし担々麺900円、煮干しまぜ麺、ガーリックまぜ麺、汁なし担々麺、コクうま!担々麺900円、味噌ラーメン850円、酒粕ラーメン、ベジ塩らぁめん、冷しゃぶ胡麻だれ麺900円、山形の“だし”そば750円、グリーンカレー・ラーメン900円、煮干しラーメン850円、茄子とトマトのピリ辛まぜ麺850円、梅酒冷やしラーメン1000円、BiaBia special 夏バージョン1000円、ジャージャー麺800円、他。

【系統】創作系東京ラーメン

【お店について】
2012年12月20日創業。
店主は、イラン人のマスウド・ニコナムさん。
アメリカ人のアイバン・オーキンさんが営む「アイバンラーメン(芦花公園、経堂)」の出身。

ニコナムさんは、1990年代に来日。
ラーメンの美味しさに魅了され、1998年から「長浜らーめん世田谷店@八幡山」で働き始める。
約9年間働いた後、家系ラーメンの「まこと家@青物横丁」に移籍。
その後「アイバンラーメン」に2年1ヶ月在籍し、念願が叶って、東高円寺にて独立開業。

店名の「BiaBia(ビアビア)」とは、ペルシャ語で「おいでおいで」。つまり、英語でWelcome(ウエルカム)という意味。

BiaBia@東高円寺-店舗外観
お店の場所は、東高円寺駅出口2を出て青梅街道を左(中野坂上方面)に進み、「ニコニコロード」を入って直ぐ右側。

木肌を生かした店舗外観。
入口の右側の一室は、製麺室。
置き看板と木製のドアが目印。

BiaBia@東高円寺-店内
店内に入ると左手に板で覆われた券売機。
その隣の壁の棚には、食材や植物、郷土玩具などが飾られている。

BiaBia@東高円寺-店内
厨房に立つ店主のマスウドさん。
混雑時には、奥さんが加わる。
L字型カウンター8席。

基本メニューは、塩と醤油の2種類。
イラン色を出した「BiaBia Specialラーメン」もある。
後は、トッピングやサイドメニュー。
大盛は無く、その代りとして、替玉(+100円)システムがある。


卓上には、洗い箸、冷水入りポット、コップ、爪楊枝、ティッシュ、ミル付のブラックペッパー等が置かれている。
BGMは、洋楽ポップス。

スープベースは、大山地鶏の丸鶏を主体とした動物系出汁と、昆布や煮干しなど6種類の魚介系出汁を別取りした後、寸胴鍋で併せたWスープ。
「塩ラーメン」のタレは、リンゴと香味野菜を5~6時間煮詰めたものに、天然塩3種類と鰹をブレンド。
「醤油ラーメン」のタレは、濃口・薄口醤油を黄金比でブレンドしたものをじっくり煮詰めた「醤油シロップ」に、4種類の野菜を使用した香味油を加えて仕上げたもの。

麺は、「鳥越製粉株式会社@福岡市博多区」製の『特うたまろ』と、「太陽製粉株式会社@福岡市中央区」製の『ちっご祭り』の2種類の国産小麦粉をブレンドしたもの。
※「BiaBia Specialラーメン」の麺は、ライ麦を配合。
切り刃24番の細麺で、茹で時間30秒。
できるだけ速く提供をしたいということで、茹で時間の短い細麺に決定した。

※「限定メニュー」は、昼の部で売り切れることが多い。
BiaBia@東高円寺-担々麺
本日は「担々麺」

最初に、辣油とミル付容器に入った花椒が、提供される。

レンゲは、穴の空いたタイプ。
スープの中に沈んだ具をすくって食べるのに便利。

スープ表面には、白ゴマがたっぷり浮いている。
顔を近づけると、芳醇なゴマの風味。
先ずは、スープを一口。
辛さは適度。
唐辛子も控えめで、花椒もほんのり香る感じ。

続いて飲むと・・・。
ゴマの風味が食欲をそそる。
豆乳が加わり、マイルドで、コクが深い。
飲むほどに、後を引く味わい。

麺は、自家製のライ麦入りの細ストレート麺。
麺が細いのと柔らかめの茹で加減なので、麺同士がくっついて持ち上げにくい。
パキッとした麺だとくっつきにくいと思うが、スープとの相性が悪そうなので、致し方ない。
麺の風味と味は申し分ない。

具の肉味噌は、挽肉に豆豉(とうち)や紹興酒等を加えて味付されている。
この肉味噌と玉葱の微塵切りが、スープに馴染んでいくと、コクが増し更に旨くなる。
他の具は、カイワレと水菜。

穴あきレンゲスプーンで、沈んだ具をすくって食べつつ、スープを飲み、完食。

【掲載】2016年11月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★★★
inserted by FC2 system