本文へスキップ
らーめん自由区・東京ラーメン食べ歩きガイド杉並区のラーメン店リスト>中華蕎麦 はる@下井草
中華蕎麦 はる 
ちゅうかそば はる

【所在地】東京都杉並区下井草3-30-14 本橋ビル1F 【お店の地図】
【電話】非公開
【定休日】水曜
【営業時間】11:30-14:30/17:30-20:30
【最寄駅】西武新宿線 下井草南口 徒歩3分

【メニュー】
○中華蕎麦780円、味玉入り中華蕎麦880円、特製中華蕎麦980円
○煮干香味蕎麦800円、味玉入り煮干香味蕎麦900円、特製煮干香味蕎麦1000円
○濃厚白湯魚介蕎麦830円、味玉入り濃厚白湯魚介蕎麦930円、特製濃厚白湯魚介蕎麦1030円
◎魚介出汁つけそば850円、味玉入り魚介出汁つけそば950円、特製魚介出汁つけそば1050円
◇味玉・福岡産たけのこ(3枚)・有明産海苔(6枚)・鶏チャーシュー(2枚)・豚チャーシュー(1枚)・各100円
□麺大盛100円、麻婆ごはん・季節のごはん・各200円
□杏仁豆腐200円、他

【限定メニュー(これまでの)】
鰹出汁の中華蕎麦880円、冷やし中華蕎麦880円、冷やしつけ蕎麦880円、旬彩汐蕎麦880円、四川担々麺850円、鰹出汁の中華蕎麦880円、他
【季節のごはん(これまでの)】
焼豚回鍋肉ごはん、鶏肉と木耳の卵炒め、鶏そぼろごはん、牛肉の黒胡椒炒めごはん、麻婆茄子ごはん、しらたきの四川煮込みごはん、厚揚げ豆腐のオイスターソース煮込みごはん、春キャベツの焼豚回鍋肉、豚バラ大根ごはん、豚バラのトマト煮込みごはん、他

【系統】創作和風系東京ラーメン

【お店について】
2017年2月7日創業。
店主は、星野 健さん。
星野さんは、「中国料理 杏花飯店 豊田店/閉店」、「タイレストラン 沌@東京」、「朧月@銀座」等、外食店従事経験18年のキャリアをもつ。
「毎日でも食べられる身体に優しいラーメンを提供したい」と国産材料を使い、且つ化学調味料を使用しない一杯を提供している。
屋号は、お子さんの名前より命名。

中華蕎麦はる@下井草-店舗外観
下井草駅南口を出て右に進み、交番手前の横断歩道を渡る。
右手横断歩道を渡って「三井住友銀行」側に移る。
そのまま旧早稲田通りを直進すると交差点に出る
交差点の突当りにあるレンガ色の「本橋ビル」の1Fにある。
「杉並下井草郵便局」、「うな与志」の並び。

中華蕎麦はる@下井草-店舗外観
ベージュの土壁に、細長い窓、和色のグラデーションがキレイな暖簾が目印。
店頭には、メニュースタンドが置かれている。

中華蕎麦はる@下井草-店内
店を入って、すぐ右側に券売機が設置。
厨房には、店のロゴが入ったコック帽とコックコート姿の店主さんが1人で切り盛りをしている。

中華蕎麦はる@下井草-店内
L字型カウンター8席。
白木の広々としたカウンターで、清潔感溢れる店内。
隣席同士肘が触れ合わない間隔で、ゆったりとくつろいで食事ができる。。

中華蕎麦はる@下井草-店内
BGMはFM J-WAVE。
卓上には、冷水入りポットと割り箸、紙ナプキン、GABANのブラックペッパー&一味唐辛子が置かれている。 
退席する際は、「いってらっしゃいませ」の声がかかる。
中華蕎麦はる@下井草-特製煮干香味蕎麦
本日は、「特製煮干香味蕎麦」

大山地鶏(鳥取県)・美桜鶏(山梨県)・総州古白鶏(茨城県)と、イリコを合わせてじっくり炊いたスープ。
カエシは、醤油+鰹・鯖・昆布などを加えて旨みを引き出したもの。
醤油は、児玉醤油(広島県)の「淡口生醤油」と「天然醸造醤油」をブレンドしたものを使用。

茶濁色のスープ。
先ずは、スープを一口。
じんわりと来る煮干し出汁と鶏出汁の旨み、そして醤油の芳ばしさ。
ニボニボ感は突出せず、穏やかで後口スッキリ。

続いて飲むと・・・。
淡麗ながらも、それぞれがしっかりと主張し、濃密な旨味にあふれている。
ベースの鶏ガラのコクと香味野菜の甘み、煮干しの風味、醤油の熟成を感じさせる酸味がシャープに広がる。
決して重たくはなく、軽やかな味わいでバランスの良さを感じさせる。

麺は、「三河屋製麺」製の中細ストレート麺。
全粒粉を使用した麺で、ふすまの粒々が見て取れる。
やや柔らかめで、ツルツルと入って来て喉越しが良い。
長めの麺なので、一気に啜るのは難しい。
途中で噛むとザクッとした歯切れの良さ。
噛みしめると小麦の風味も豊か。

具のチャーシューは、鶏ムネ肉が1枚、豚バラ肉が1枚、豚肩ロース肉が2枚。
鶏ムネ肉は、控えめな味付けでしっとりとした肉質。
豚ばら肉は、口溶け感が良く、ジューシー。
豚肩ロース肉は、適度な噛み応えを残した肉々しい味わい。

味玉は適度な味付けで、黄身がトロ〜リと流れる絶妙な半熟具合。
タケノコは、和風の味付でシャリっとした食感で旨い。
刻み玉ネギは、シャリシャリとしていて瑞々しい。
三つ葉は香りが心地良い。
他の具は、小松菜と黒々とした海苔3枚。

【掲載】2018年11月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★★★
★このページに掲載されているそれ以前の実食レポートは、下記のページです。 

冷やしつけ蕎麦【2018年10月】(2)
旬彩汐蕎麦+味玉【2018年8月】(1)
inserted by FC2 system