本文へスキップ
らーめん自由区・東京ラーメン食べ歩きガイド高円寺のラーメン店リスト>麺屋 はやしまる@高円寺
麺屋 はやしまる ラーメン遺産 殿堂入りの名店
めんや はやしまる

【所在地】東京都杉並区高円寺北2-22-11 【お店の地図】
【電話】03-3330-6877
【定休日】水曜(祝日の場合は営業)、第2・第3火曜
【営業時間】
○11:30-15:30/18:00-22:30(月・木・金)
○11:30-16:00(火)
○11:30-21:00(土曜・日曜・祝日)
【最寄駅】JR中央線 高円寺駅 徒歩5分

【メニュー】
○らあめん(醤油・塩)750円、ちゃーしゅーめん1000円
○わんたんめん(醤油・塩)900円
○ミックスわんたんめん(醤油・塩)980円
○えびわんたんめん(醤油・塩)1100円
◎つけめん(醤油・塩)800円
◎わんたん2個入りつけめん880円、わんたん2個と煮玉子入りつけめん950円
◎えびわんたん2個入りつけめん960円、えびわんたん2個と煮玉子入りつけめん1030円
◎ミックスわんたんつけめん1040円
◎汁なし担々麺(1玉・1.5玉)850円、〃スープ付き950円、〃わんたん5個入りスープ付き1100円

◇ゆでキャベツ70円、煮玉子・のり・岩のり・パクチー各100円、メンマ・ちゃーしゅー各250円
□麻婆皿300円、おつまみチャーシュー380円、おつまみセット400円、皿わんたん肉400円、皿わんたんミックス460円、皿わんたんえび540円、他
□麻婆ごはん・ちゃーしゅーごはん300円
※つけめんの麺の量-並盛1玉(160g)、中盛1,5玉(240g)、大盛2玉(320g)同一料金

【限定・これまでのメニュー】
パクチーラーメン900円、カレー塩つけめん850円、辛つけめん(醤油・塩)850円、梅塩つけめん850円、わんたん湯麺930円、ちゃーしゅー湯麺950円、湯麺(タンメン)750円、冷やしらーめん(醤油・塩)780円、担々麺900円、鯵の冷やしそば880円、梅しおつけめん850円、炸醤麺(ジャージャーメン)780円、温玉炸醤麺850円、背脂煮干しらあめん800円、背脂煮干しわんたんめん980円、野菜つけ麺930円、冷やし担々めん880円、えびわんたんめん(醤油・塩)1030円、ミックスわんたんめん940円、焦がし担々つけめん880円、つけめん・えびわんたん2こと煮玉子入り980円、汁なし担々めん(小スープ付)850円、汁なし担々めん(中スープ+わんたん5個付)1030円、味噌らあめん800円、煮玉子味噌らあめん900円、味噌わんたんめん980円、味噌ちゃーしゅーめん1000円、味噌ちゃーしゅーわんたんめん1180円、角煮つけめん1050円、担々めん880円、煮玉子担々めん980円、担々わんたんめん1060円、担々ちゃーしゅーめん1080円、担々ちゃーしゅーわんたんめん1260円、味噌つけめん800円、煮玉子味噌つけめん900円、ちゃーしゅー味噌つけめん1000円、冷やし担々めん880円、えびわんたんめん(醤油・塩)980円、梅塩つけめん800円、みそらあめん730円、ひやしつけめん(ごまだれ)830円、他

【系統】たんたん亭系東京ラーメン

【お店について】
2004年10月創業。このお店のご主人・林信さんは、「げんこつ屋」、「光麺」を経て、「かづ屋@目黒」で1年ほど修業をし、独立。
はやしまる@高円寺-店舗周辺
高円寺駅北口より、純情商店街を通って突き当たりを左折すると庚申通り商店街に出る。
更に北上して右側の路地を曲がったところにある。
賑やかな商店街に近いにもかかわらず、土地勘がないと発見しにくい場所。
いわゆる路地裏系。

麺屋 はやしまる@高円寺-店舗外観
板材を多用した外観と白い暖簾が目印。
客層は幅広く、高校生から、老夫婦までと幅広く地元に根付いている。

麺屋 はやしまる@高円寺-店内
店内は、木材を基調とした温かみのあるゆったりとした空間。
厨房を囲むようなL字型カウンター11席。

麺屋 はやしまる@高円寺-卓上
卓上には、醤油、胡椒、酢、一味唐辛子、柚子一味、魚粉が置かれている。
口頭注文、前払い制。
時間帯や曜日により、店主とスタッフ1〜2名の体制。
麺屋 はやしまる@高円寺-パクチーラーメン+わんたん
本日は、「パクチーラーメン+わんたん/1050円」

塩ラーメンにラー油を浮かべ、たっぷりのもやしとパクチーを載せた限定メニュー。
丼の縁には、レモンが添えられている。

先ずは、スープを一口。
鶏挽肉で旨味のコクを深めた塩味がベース。
表面に浮かぶラー油が、結構刺激的。

続いて、たっぷりと盛り付けられたパクチーともやしを食す。
ある程度食べたないと、麺にはたどり着けない。
パクチー特有の青い香りが、ふわぁ〜と漂う。
もやしはサッと湯通しされ、生に近いパキパキとした食感。

続いてスープを飲むと・・・。
ピリッとした辛味が口の中を席巻する。
むせる程ではないが、とてもスパイシー。
この辛味とスープの旨みの波状攻撃で、レンゲを運ぶ回数も増える。

途中で、レモン汁を回しかける。
爽やかな香りが口の中に広がる。
サッパリとした後口で、ベトナムのフォーのようなアジアンテイストに。

麺は中太のストレート麺。
麺肌は滑らかで、噛むとムッチリとした食感。
多めのもやしが絡むので啜れず、ワッシワッシと食べる。

具のわんたんは、大ぶりのものが5個。
皮は中厚でツルツルとした口当たり。
餡がたっぷり入っていて、食べ応えあり。
ジューシーで美味しい。

さっぱりとした後口で、暑い時期にはピッタリの一杯。

【掲載】2016年9月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★★★
★このページに掲載されているそれ以前の実食レポートは、下記のページです。

つけめん(醤油)+わんたん2こと煮玉子【2014年2月】(26)
ミックスワンタンメン(醤油)【2014年1月】(25)
カレー塩つけめん【2013年11月】(24)
わんたん湯麺【2013年6月】(23)
汁なし担々めん(小スープ付き)【2013年5月】(22)
冷やしらーめん(醤油)【2012年8月】(21)
担々麺+わんたん【2012年8月】(20)
鯵の冷やしそば【2012年8月】(19)
梅しおつけめん【2011年8月】(18)
背脂煮干しわんたんめん【2011年5月】(17)
わんたんめん(醤油)【2011年3月】(16)
ミックスわんたんめん(醤油)【2010年11月】(15)
冷やし担々めん【2010年8月】(14)
焦がし担々つけめん+わんたん2個と煮玉子【2010年5月】(13)
汁なし担々めん+汁+ワンタン【2009年12月】(12)
角煮つけめん(醤油)【2009年11月】(11)
味噌わんたんめん【2009年3月】(10)
冷やし担々めん【2008年8月】(9)
担々つけめん【2008年7月】(8)
えびわんたんめん【2008年5月】(7)
わんたんめん(醤油)【2007年12月】(6)
梅塩つけめん【2007年7月】(5)
担々わんたんめん【2007年6月】(4)
みそらあめん【2006年1月】(3)
わんたんめん(塩)【2005年9月】(2)
わんたんめん(醤油)+煮玉子【2005年1月】(1)
inserted by FC2 system