本文へスキップ
らーめん自由区・東京ラーメン食べ歩きガイド杉並区のラーメン店リスト>貝節麺raik@方南町
CLAM&BONITO 貝節麺raik 
くらむ あんど ぼにーと かいぶしめん らいく

【所在地】東京都杉並区方南2-21-21 【お店の地図】
【電話】03-5913-9119
【定休日】月曜
【営業時間】
・11:30-15:00/18:00-22:30・・・火曜〜土曜
・11:30-15:00/18:00-21:00・・・日曜・祝日
【最寄駅】東京メトロ丸の内線 方南町駅 徒歩1分

【メニュー】
○貝節潮そば800円、特製貝節潮そば980円
○鮮魚の潮そば820円、特製鮮魚の潮そば1000円
○貝節つけそば880円、特製貝節つけそば1050円
◇味玉120円、チャーシュー200円
□麺大盛り100円、〆の貝節ご飯180円(ランチ120円)、貝節チャーシュー丼250円、他

【限定メニュー(これまでの)】
貝節松茸そば1200円、貝煮干そば880円、冷やし中華1000円、冷たい鮮魚の潮そば1000円、冷たい貝のポタージュ950円、トリュフ香る冷たい貝節そば1000円、他。

【系統】創作和風系東京ラーメン

【お店について】
2018年3月16日オープン。
2015年6月28日創業の「Bonito Soup Noodle RAIK@永福町」の2号店。
店主は、郡山一成さん。
郡山さんはアパレル業界を経て、「京鰹節つけ麺 愛宕ATAGO@新橋」に6年間在籍した後独立。
「貝節麺 raik」は元々「ボニート スープ ヌードル ライク」の月曜(定休日)限定二毛作として2017年3月13日に開始。
「ライク」では“鰹+動物系”スープ、「貝節麺 raik」では“鰹+貝”スープとしていた。
2号店では、1号店「貝節麺 raik」のラーメンをブラッシュアップさせている。
1号店ではサブ的な扱いだった貝をメインに据え、動物系を排し、魚介のみを使用している。

屋号の「raik」は、「Like(好き)」をもじった造語。
「沢山の人に末永く好まれる店になるように」との想いが込められている。
貝節麺raik@方南町-店舗周辺
お店の場所は、方南町駅2番出口を出て横断歩道を渡って「方南通り」沿いを左手に進む。
1つめの方南銀座商店街の「ファミリーロード」を右折し、少し進んだ左手。
「CLAM&BONITO」と書かれた白い看板と「CLAM&BONITO 貝節麺 raik」と書かれた暖簾が目印。
以前「インドレストラン&バー バラト」が営業していたテナント。
2Fは「居酒屋め組」。

貝節麺raik@方南町-店舗外観
方南通りからは、お店を視認するのは難しい。
入口は階段を数段下りた奥にある。

貝節麺raik@方南町-店内
入って右側に、券売機が設置されている。
左手に、ウェイティングスペース3席。

貝節麺raik@方南町-店内
ダークブラウンのカウンターに白い壁面で、落ち着いた雰囲気。
カウンター6席、テーブル3席(3人×1卓)。
BGMは、レゲエミュージック等。

貝節麺raik@方南町-店内
座席の下に、荷物置きのカゴが有る。
冷水はカウンター上部にあるポットより、各自セルフサービス。
卓上には、割り箸とレンゲ、爪楊枝、紙ナプキン、一味唐辛子等が置かれている。
貝節麺raik@方南町-トリュフ香る冷たい貝節潮そば
本日は、「トリュフ香る冷たい貝節潮そば」
期間限定メニュー。
出汁の基本ベースは、蛤・あさり・ホンビノス貝(白蛤)を大量に使った貝出汁+椎茸・昆布・鰹節・さば節等の魚介出汁を合わせたWスープとのこと。

ビート(ベビーリーフ)、アーリーレッド、チャーシュー、レモン等の具が綺麗に盛り付けられていて美しそうなビジュアル。
貝殻には、ベビーホタテが載っている。

先ずはスープを一口。
冷た過ぎず、程良く冷されている。
貝と節系の旨みがじんわりと押し寄せる。
塩分が控えめなので、貝の旨味がより分かりやすい。

続いて飲むと・・・。
貝と乾物類の滋味深い味わい。
トリュフオイルが混じり合うと一変、洋風でコクのあるスープに変化。
トリュフの香りは微香性で、意識を集中して嗅ぐと分かる感じ。
新鮮な木々と土の芳香。
貝の風味を一層引き立てる。
レモンスライスを搾ると、爽やかな味に変化する。

麺は「菅野製麺所製」の中細ストレート麺。
国産小麦にライ麦の全粒粉入り。
啜るとスルスルと口の中に滑り込む。
歯を立てるとパッツンと切れる歯切れの良さ。
噛みしめると小麦の甘みが出てくる。

具のチャーシューは、ロース肉を低温調理したもの。
下味が施され、柔らかくしっとりとした肉質で美味しい。
刻んだアーリーレッドは、シャリシャリとした歯触りが良いアクセント。
刻んだ大葉は、貝節スープに風味をアシスト。
清涼感と爽快味を楽しみながら、完飲。

【掲載】2018年10月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★★★
★このページに掲載されているそれ以前の実食レポートは、下記のページです。 

冷たい貝のポタージュ【2018年9月】(1)
inserted by FC2 system