本文へスキップ
らーめん自由区・東京ラーメン食べ歩きガイド杉並区のラーメン店リスト>ねいろ屋@荻窪
らーめん ねいろ屋
らーめん ねいろや

【所在地】東京都杉並区天沼3-6-24 【お店の地図】
【電話】03-3392-2878
【定休日】不定休(ツイッターとフェイスブックで告知)
【営業時間】
・11:30-14:00/15:00-20:00(平日)
・11:30-18:00(土・日・祝)
カキ氷・・・・・・・15:00-20:00(平日)/11:00-(土・日・祝)
カキ氷のみの注文・・15:00-18:00(平日)/11:00-12:00(土・日・祝)
【最寄駅】JR中央線・総武線・東京メトロ丸の内線 荻窪駅 徒歩4分

【メニュー】
○しょうゆらーめん800円、特製しょうゆらーめん1000円、しょうゆちゃーしゅーめん1150円
○しおらーめん850円、特製しおらーめん1050円、しおちゃーしゅーめん1200円
◇のり・味付玉子・各100円、めんま・おねぎ・各200円、ちゃーしゅー350円
□もち麦ごはん100円(小)、150円(並)
□炙りちゃーしゅーめし200円(小)、300円(中)
□伊吹ちりめんの一口ごはん150円
□本日のカキ氷850円〜

【期間限定・これまでのメニュー】
汁なしレモンそば930円、レモンラーメン900円、杏と胡桃の冷やし中華1100円、冷やし胡桃カリー麺1000円、冷やし胡桃担々麺1000円、ぶたとしゃもとホタテの塩そば900円、瀬戸内しょうゆらーめん850円、甘露しょうゆらーめん800円、うめしおつけめん〜夏〜930円、背脂煮干濃口しょうゆ950円、冷や汁ぶっかけ900円、肥後とりそば930円、とりそばネヴァーマインド1000円、マー油とりそば1000円、ねぎみそらーめん950円、鴨といりこの南蛮らーめん1000円、味噌たまりの煮干らーめん850円、吟醸味噌らーめん900円、煮干らーめん800円、雉の中華そば880円、雉白湯880円、濃厚鶏そばリッチ830円、鶏と煮干の濃厚らーめん830円、汁無担々ラッキーそうめん700円、ラッキージンジャー800円、梅ラッキー800円、冷やしカレーたんたんめん900円、鯛ひやし(そうめん)850円、ニューラッキーヌードル780円、へドロン2号850円、辛つけめん800円・特製1000円、特製鶏ホタテつけめん1000円、鯛煮干の白醤油らーめん850円、鶏と牡蠣の濃厚らーめん850円、特製濃厚とりそば950円、濃厚とりそば750円、ブラック750円、ホタテオイルの細つけめん800円、他

【系統】荻窪ラーメン系東京ラーメン

【お店について】
2012年2月20日、創業。
東京ラーメンを牽引してきた「二葉 天沼店」の元テナント(東京都杉並区天沼3-26-14)が創業地。
「二葉」の味づくりを担当してきた松浦克樹さんが運営を任され、オープンさせた。
松浦さんは愛媛県松山市の出身で、上京後「HAIBANA(ハイバナ)」というグループで音楽活動をしていた。

2015年2月28日、創業地の店舗は、移転のため閉店。
2015年4月21日より、現在地(東京都杉並区天沼3-6-24)に移転し営業を再開した。

“しおらーめん”と、「日光の三ツ星氷室」製の天然氷を使った“かき氷”が看板メニュー。

ねいろ屋@荻窪-店舗外観
荻窪駅北口を出て青梅街道を渡る。
鐘の鳴る街「教会通り」を直進して、左側にある。
店名の書かれた白い提灯が目印。

ねいろ屋@荻窪-店内
店内は、白壁と白木を多用した内装の落ち着いた雰囲気。
総席数14席(カウンター5席+2席、テーブル7席)。

ねいろ屋@荻窪-店内
ギターのディスプレイがあるところは、元ミュージシャンであった店主らしさ。

ねいろ屋@荻窪-卓上
卓上には、紙ナプキン、割り箸、ミルに入ったブラックペッパー、つまようじなどが置かれている。
水は、セルフサービス。
割り箸は、国産間伐材を利用したもの。

口頭注文、後会計制。
ねいろ屋@荻窪-特製しょうゆらーめん
本日は「特製しょうゆらーめん」

甲州地鶏・大分県豊の軍鶏・熊本の種鶏・赤鶏等の動物系と伊吹いりこ・伊吹あじこ・焼干し・真昆布等の魚介系を炊いたスープ。
醤油は、愛媛県「梶田商店」の生揚げ醤油と小豆島「ヤマロク醤油」の鶴醤を使用。

青の雷文柄がクッキリ浮き立つ白い器。
魚介の風味が香り立つ茶濁醤油色のスープ。
スープ表面にはトローンとした表情の鶏油が浮かぶ。

先ずはスープを一口。
いりこと焼干しの風味や旨みが前面に出て主張。
僅かに苦みはあるが、エグミはなく、上品な効かせ方。

続いて飲むと・・・。
カエシの醤油は香りは強めだが、醤油感は適度。
醤油感よりも出汁感を若干強めに出した構成。
経過と共に口が慣れ、煮干しが突出しない良いバランスにシフト。
比較的あっさりとはしているが、十分なコク、味の厚みがあり後を引く。

麺は「丸富製麺」製の中細のストレート麺。
太麺にもできる。
スルスルと啜り心地が良く、喉越しも良い。
加水率低めで、サックリとした破断感。
噛んでは、小麦の密度感のある食感。
風味旨みも感じられる。

具のチャーシューは、豚1枚と鶏2枚。
豚はバラ肉巻の厚切りチャーシュー。
味付けは程良く、口の中でホロホロと崩れ、ジューシーな肉汁が溢れる。
鶏はムネ肉を使用した厚切り。
シットリとした肉質で、味は淡白。

味玉は、醤油ではなく塩で味が施されていて、黄身がトロトロの半熟具合。
穂先メンマは、3片。
柔らかくシャクシャクとした食感を楽しめる。
他の具は、九条ネギ。

【掲載】2017年8月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★★★
ねいろ屋@荻窪-店舗外観
「ねいろ屋@荻窪」の店舗外観。

ねいろ屋@荻窪-店内
「ねいろ屋@荻窪」の店内。
inserted by FC2 system