本文へスキップ
らーめん自由区・東京ラーメン食べ歩きガイド杉並区のラーメン店リスト>麺尊 RAGE@西荻窪
麺尊 RAGE ラーメン遺産 殿堂入りの名店
めんそんれいじ

【所在地】東京都杉並区松庵3-37-22 【お店の地図】
【電話】非公開
【定休日】火曜
【営業時間】
○11:00-15:00/18:00-21:00・・・水・木・金・土
○11:00-16:00頃・・・日・祝
○11:00-15:00頃・・・月-「MONDAY RAMEN 」として営業(通常メニューなし)
【最寄駅】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 西荻窪駅南口 徒歩4分

【メニュー】
○軍鶏そば800円、特製軍鶏そば1100円
○煮干しそば750円、特製煮干しそば1050円
○まぜそば750円、特製まぜそば1050円
◎つけそば(冬季提供なし)900円、特製つけそば1200円
◇味玉100円、チャーシュー200円、特製(味玉+チャーシュー)300円、他
□チャーシュー御飯200円、つけそば大+100円、替え玉200円、他

【期間限定メニュー(これまでの)】
コラーメン850円、比内地鶏そば900円、比内地鶏つけめん1050円、キンメとトウジン850円、天草大王そば900円、村越シャモロックそば850円、焙乾ニボつけ900円、軍鶏カンパチつけそば900円、姫鯛搾り850円、鴨煮干しつけ麺900円、鴨煮干しそば850円、鴨×淡麗煮干し850円、白湯煮干しつけめん800円、天草大王つけそば1000円、カンパチ目鯛搾り850円、白湯×煮干し750円、ニボつけ800円、金目祭り850円、天城軍鶏そば〜黒〜900円、川俣軍鶏×平子煮干し850円、鶏×海老そば850円、軍鶏つけ900円、プレミアム軍鶏そば950円、東京ニボシーランド850円、鶏豚牛のライト白湯×魚介系のWスープ800円、鶏豚牛のライト白湯×魚介出汁 800円、他

【系統】軍鶏・煮干清湯系東京ラーメン

【お店について】
2015年2月6日創業。
店主は、廣田圭亮さん。
廣田さんは、「日本空手連盟 誠真会館総本部杉並道場」の指導員。
「煮干中華そば 鈴蘭 新宿店」で約3年間修業をした後、独立してこのお店を開業。

店名の゛麺尊”の部分は友愛結社「フリーメーソン」をもじったもので、゛Rage”は廣田さんが好きなアメリカのミクスチャー・ロックバンド「Rage Against the Machine(レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン)」から取った。

2015年12月1日、日本ミュシュランタイヤが発表した「ミシュランガイド東京2016/ビブグルマン」に、掲載された。

麺尊RAGE@西荻窪-店舗外観
JR西荻窪駅南口より、駅前「西荻南口仲通り商店会」のアーケードを抜けた先、「乙女ロード」を五日市街道方面に向かった右側にある。
店名と箸を持って合掌したロゴ入りの垂れ幕が目印。

麺尊RAGE@西荻窪-エントランスホール
エントランスホールを抜けた奥に、入口がある。
(画像は、入口側から通りを見たところ)。
パンケーキとハワイアン料理の「FUNKY B2 GARDEN」の跡地。 

麺尊RAGE@西荻窪-店内
白を基調とした壁、木調のテーブルや1枚板のカウンターなどのスタイリッシュな空間。
壁などには、店主の趣味を生かしたモダンアートやスケボーなどもディスプレイされている。
総席数13席(厨房前の逆L字型カウンター5席、壁に向かったカウンター4席、4人掛けテーブル1卓)。

麺尊RAGE@西荻窪-店内
メニューは、軍鶏と煮干しの二枚看板。
BGMは、「Rage Against the Machine」の曲。
スタッフは、厨房に2名+ホール担当1名の体制。
口頭注文、後払い制。

麺尊RAGE@西荻窪-卓上
卓上には、GABANのブラックペッパー、爪楊枝、洗い箸、メニュー表、ティッシュ、冷水ポットに入ったレモン水などが置かれている。
麺尊RAGE@西荻窪-つけそば
本日は「つけそば」

麺は「三河屋製麺」製の中太ストレート麺。
国産小麦をブレンドしたもの。
丁寧に整えられ、昆布水に浸されている。

先ずは、麺をそのまま食す。
昆布水が程良いねっとり感があり、麺に絡みついている。
しなやかで啜り心地が良く、昆布の風味が鼻腔をすり抜ける。

続いて、つけ汁につけて食す。
麺の長さが結構長い。
スルスルと滑らかに口元を通り過ぎ、喉越しの良さを感じる。
コシもあり、噛みしめると小麦粉の旨味もある。

つけ汁は、東京軍鶏の丸鶏に、青森シャモロックと土佐のシャモガラ、中華料理で用いられる「金華ハム」、昆布、干し椎茸、香味野菜などで取った出汁。
それに合わせる醤油ダレは、岡直三郎商店「日本一しょうゆ」の生醤油を始め、濃口、淡口、たまり醤油など7種類の醤油をブレンドしたもの。
醤油の凛とした味わい、鶏油の芳醇なコク、鶏出汁の深みを感じるスープ。
レモンを搾って加えると、爽やかな味わいとなる。

具のレアな鶏チャーシューは、塩梅も程良く、しっとりとした肉質。
つけ汁に入った豚バラチャーシューのコマ切れは、柔らかくジューシー。
他の具は、カイワレとネギ。

最後に、残った昆布水につけ汁に加えて飲む。
鶏出汁の旨みを堪能。

【掲載】2017年4月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★★★
★このページに掲載されているそれ以前の実食レポートは、下記のページです。

特製煮干しそば【2017年1月】(2)
特製軍鶏そば+味玉【2016年8月】(1)
inserted by FC2 system