本文へスキップ
らーめん自由区・東京ラーメン食べ歩きガイド杉並区のラーメン店リストRAIK(ライク)@永福町>鰹×鶏RAIKらー麺【2017年4月】
鰹×鶏RAIKらー麺【2017年4月】|RAIK(ライク)@永福町

このページは、「RAIK(ライク)@永福町」に掲載されているそれ以前の実食レポートです。
RAIK@永福町-鰹×鶏RAIKらー麺
本日は、「鰹×鶏RAIKらー麺

魚介系の出汁は、鹿児島県枕崎産の厚削り・宗田節・花鰹、片口鰯煮干し・ウルメイワシ、サバ節、昆布などを使用。
動物系の出汁は、大山鶏のガラと少量の豚骨を炊いたもの。
醤油ダレには、コクのある「再仕込み醤油」を使用。

スープは、表面に香味油が張られたダークブラウン色。
サラリとした無化調の清湯醤油味。
スープの色合いから、醤油のカエシが効いた感じもするが極めてマイルド。
甘めのカエシはコクがあり、得も言われぬ味わいを演出。

続いて飲むと・・・。
醤油が口の中でパッと広がる芳醇な味と香り。
それと相俟って、鶏のエキス感と鰹の芳ばしさが上品な奥深い味わいを醸し出す。
深いコクとまろやかさがあり、惹きの強い後を引くウマさ。

麺は、「菅野製麺所」製の中細ストレート麺。
ライ麦配合で、低加水率で仕上げられた麺。
スルスルと啜り心地が良い。
スープがしっかり吸着し、シルキーな口触り。
噛んではパッツンと切れる歯切れの良さ。
小麦の風味も良く美味しい。

具のチャーシューは、鶏ムネ肉、豚肩ロース肉、豚バラ肉の3種類。
「鶏ムネ肉」は鰹の粉末をまぶして仕上げたもので、しっとりとした肉質。
「豚肩ロース肉」は、特製ダレに一晩付けたものでレアな感じ。
適度な噛み応えを残した肉質。
「豚バラ肉」は、煮込んだものに炙りを入れて提供。
噛むとジョワッと脂が口の中に広がり、ジューシー。

味玉は、味がしっかりと付いていて、黄身がネットリとした感じの半熟具合。
穂先メンマは、柔らかくシャクシャクとした食感。
他の具は白髪ネギ、カイワレ、海苔。

【掲載】2017年4月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★★★
RAIK@永福町-店舗外観
「RAIK@永福町」の店舗外観。

RAIK@永福町-店舗外観
「RAIK@永福町」の店舗外観。

RAIK@永福町-店内
「RAIK@永福町」の店内。

RAIK@永福町-店内
「RAIK@永福町」の店内。

RAIK@永福町-店内
「RAIK@永福町」の店内。
inserted by FC2 system