らーめん自由区・東京ラーメンガイド杉並区のラーメン店リスト>臨機@西永福
西永福駅前 臨機・閉店にしえいふくえきまえ りんき
【所在地】東京都杉並区永福3-.35-8 【お店の地図】
【電話】03-5355-5884
【定休日】無休
【営業時間】
 ○11:30-15:00/18:00-23:00
 ○11:30-21:00(日・祝日)
【最寄り駅】京王井の頭線 西永福駅 徒歩1分

【メニュー】
 ○らー麺700円、半熟味卵らー麺800円、モヤシらー麺800円、半熟卵と手もみ海苔らー麺900円、チャーシュー麺950円、
 ○わんたん麺850円、半熟味卵わんたん麺950円、モヤシわんたん麺950円、半熟卵と手もみ海苔わんたん麺1050円、チャーシューわんたん麺1100円
 ○つけ麺(普通200g/大盛300g)800円、福盛つけ麺(麺400g)900円、つけ麺ガンジー(普通200g/大盛300g)900円、ヒマラヤ・ガンジー(麺400g)1000円
  ※つけ麺類の釜揚げも可能。
 ◇半熟味卵100、手もみ海苔100円、モヤシ100円、極太メンマ200円、チャーシュー250円
 □チャーシュー丼(小)300円、他
 □ランチセット:好きな麺類+小ライス+チャーシュー&もやし+香の物=麺類の値段+250円

【限定メニュー(これまでの)】
 ginger×ginger(ジンジャー・ジンジャー)800円、SOLTY LEWIS(ソルティー・ルイス)限定塩らー麺800円、限定塩らー麺&半熟味玉900円、他

【系統】鮮魚系東京ラーメン

臨機-店舗外観 臨機-店内
【お店について】
 2007年7月31日創業。ご主人は、「くにがみ屋@大泉学園(閉店)」、「地雷源@方南町」を経て独立。借地権の関係で、9年間(2016年まで)限定の営業となる。
 西永福駅改札口のほぼ対面に位置する。以前「我点」というお店があった場所。白の電飾看板と暖簾が目印。
 暖簾は、ミュージシャンの久保田利伸氏とイラストレーターの茂本ヒデキチ氏から贈呈されたものの2種類。日によって変えられる。

 店内に入ると、所々の壁面に飾られている版画が目に留まる。店主の友人である茂本ヒデキチ氏の作品。店頭の看板や屋号のロゴなども手がけている。店内は落ち着いた雰囲気で、手前にテーブル8席、奥にカウンター6席がある。
 卓上には、すり下ろしニンニク、豆板醤、GABANのコショウなどの調味料、また、店の広報誌「月刊りんき」も置かれている。後払い制。

 このお店の特徴は、動物系のガラを一切使わず、鮮魚のアラを使って出汁を摂っている。150杯分のスープを作るのに、鯛の頭を20個、マグロの頭を6kgを使用。
 焼くと香りが飛ぶという鯛は、半分は焼いて、半分は湯通しするだけにしている。野菜類・節系は夜に仕込み、鮮魚のアラは朝に下処理をして仕込んでいる。
 また、鮮魚の他、日高昆布、鯖節、宗田節、椎茸などの乾物類も使用。スープは、小鍋に移し注文ごとに温めている。
 
 麺は「三河屋製麺」製の低加水麺で、スープの吸い上げを良くするために、一晩冷凍し、水分を飛ばしている。つけ麺には、高加水の平打ち麺を使用。

 地元、高千穂大学の学生向けに、「高千穂大セット」がある。各種麺類の値段で、チャーシュー丼(小)orデザートが付くサービスを行っている。

※2012年3月をもって、閉店。
臨機-つけ麺ガンジー
 本日は「つけ麺ガンジー(大盛)」。カレースープのつけ麺。盛られた麺に、ニンニクチップスと多めのブラックペッパーが振りかけられ、その上に多めのもやしと水菜が盛られている。そして、レンゲには、サイコロ状に切られたバラ肉のチャーシューが載っている。
 つけ汁には、刻み玉ねぎが入っている。

 比較的サラリとした液状のスープ。ベースになる鮮魚のダシを生かしつつ、スパイシーな味付けに仕上げたカレー味。カレー南蛮寄りの和風仕立て。辛さは適度で、香辛料のスパイシーな刺激が食欲をそそる。酸味は少々で、玉ねぎの甘みが味を引き立てる。
 炙った後に刻まれたチャーシューをつけ汁に投入すると、汁にパンチ力が付き、旨味が増す。

 麺は中太の平打ち麺。手もみが入り、緩やかなウェーブが入っている。固めに茹でられ、水でしっかりと引き締められている。ピロピロとした舌触りと、噛むとミチッとした歯ざわりが心地よい。スープの絡みも良い。
 シャキシャキ感のあるもやしと水菜が、箸休め的な役割を担っている。

 最後にスープ割り。魚介風味は控えめ、カレーの風味がほんのりとして、後味すっきり。
【掲載】2008年6月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★★☆
臨機-半熟味卵らー麺
 本日は「半熟味卵らー麺」。焼いた鯛の風味をラードに移した「鯛油」がスープの表面を覆う。下処理として、魚に塩を振って「焼く」、「湯通し」の工程を経ているので、生臭さはない。動物系に比べ、スープの味を安定させるのが難しい鮮魚系のダシ。輪郭をはっきりとさせるために、やや濃いめの味付けと香味油によるコッテリ感を出している。ダシの繊細な味を味わうと言うよりは、香味油による鯛の旨味を前面に出して、インパクトを強めた形。奥深いコクはあるが、ややオイリー。

 麺は、固めの茹で加減の細縮れ麺。スープの絡みも良く、スルスルとすすり心地が良い。量は少なめ。空腹時の男性の場合、ちょっと物足りない。
 具のチャーシューは、フランス豚の肩ロース。提供直前に、鉄板でグリルしたもの。焼きめが入り、香ばしい。肉質としては硬からず、柔らからず。
 メンマは、炙ってから胡麻油で炒めており、ザックリとした歯応えで美味しい。味付玉子は、適度な味付けで、黄身がトロトロした半熟具合。他の具は水菜と揚げニンニク。
【掲載】2008年5月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★☆☆
らーめん自由区杉並区のラーメン店リスト>臨機@西永福
inserted by FC2 system