らーめん自由区・東京ラーメンガイド杉並区のラーメン店リスト>しぶ沫@南阿佐ヶ谷
しぶ沫・閉店
しぶき
【所在地】東京都杉並区成田東5-19-6 【お店の地図】
【定休日】月曜日
【営業時間】
 ○11:30-15:00 19:00-翌2:00(月〜土)
 ○11:30-21:00(日曜日)※途中準備時間有り
【最寄駅】
 ○東京メトロ丸の内線 南阿佐ヶ谷駅 徒歩3分
 ○JR中央線 阿佐ヶ谷駅 徒歩9分
【メニュー】
 ○しぶ沫ラーメン700円 しぶ沫炙りチャーシューメン1000円
 ◎しぶ沫つけめん800円、他
 ◇旨たまご100円 メンマ100円 炙りねぎ200円 餃子300円
 □しぶ沫丼300円
 ◆Aランチ850円(ラーメン+餃子+おむすび)
 ◆Bランチ850円(ラーメン+しぶ沫丼)

【系統】和風醤油系東京ラーメン

【お店について】
 2006年1月創業。正式名は「麺屋しぶ沫(き)」。ご主人は「神戸ラーメン第一旭@明大前」の出身。

 このお店は青梅街道沿いの荻窪寄りにある。以前、「麺一坊」、「○玉」があった場所。立地としては良さそうに見えて、意外と人が流れてこない場所でもある。
 白地に店名の入った電飾の看板、紺地の垂れ幕が目印。

 店内はL字型のカウンター8席とこじんまりとした空間。フレンドリーなご主人と奥さんの二人で切り盛りをしている。麺茹で、麺あげは奥様が担当。ランチタイムにはおむすびがサービスで付く。
 しぶ沫ラーメンとおにぎり
 本日は「しぶ沫ラーメン」+おむすび(ランチサービス)。鯛、鰹のダシをベースにした数種類の魚介系と丸鶏を使用したダシ。個々の主張ではなく融和された和風テイストの味わいを目指しているそうだ。一口目はかなりコッテリとした油感がある。ラードは使用していないとのことなので、鶏脂なのであろうか。醤油のホワッとした香りが立ち上り、味醂の甘さを感じさせる。鯛の頭を加えるそうだが、そのダシは控えめで、むしろ鰹や煮干の風味の方が強い。油分が多いためか、最後まで熱々。

 麺は「草村製麺(永福大勝軒の親戚筋)」製の特注麺。小ぶりの丼だが麺はしっかりと入っている。柔らかめの茹で加減の縮れ中細麺。表面は滑らかで、噛むとざらっとした食感。スープを持ち上げ、味も載る。

 具のチャーシューはモモ肉とバラ肉のロールの2種類。出す直前に七輪で炙っているので香ばしさがある。噛むと肉のジューシー感が漂い旨い。焼き鳥のねぎまのようなネギも炙っている。やはり、人手間かけたものは美味しい。メンマは太めで平たい形状。味付けも良くシャキシャキとした食感もよい。他の具は海苔と青ネギ。おむすびは混ぜご飯だったので単独で食べたが、残ったスープに入れても美味しくいただけたかもしれない。

 修業先のラーメンとはまったく違う路線。ダシの摂り方も具材の調理方法も違う。目指す方向性は、円やかな雰囲気のある和風ティスト。確かに、全ての人に受け入れやすい味に仕上がっている。油分の多さは、円やかさと十分なコクを生み出すが、反面、麺そのものの味やダシの風味を抑え気味にしてしまう。その当たりを解消すれば、鯛のダシも生き、シャープさも出てくるように思う。既に、馴染み客も増え軌道に乗っているように見受けられる。お客とのコミュニケーション能力も商売をする上では必要な才覚。地元密着型で浸透しつつも、更なる上のステージに上がることを期待したい。

【掲載日】2006年6月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★☆☆
らーめん自由区杉並区のラーメン店リスト>しぶ沫@南阿佐ヶ谷
inserted by FC2 system