本文へスキップ
らーめん自由区・東京ラーメン食べ歩きガイド杉並区のラーメン店リスト>旅人の木@荻窪
旅人の木 ラーメン遺産 殿堂入りの名店
たびびとのき

【所在地】東京都杉並区荻窪5-29-6 【お店の地図】
【電話】非公開
【定休日】木曜
【営業時間】
○11:30-15:00/17:00-19:30
○11:30-15:00(金曜)
【最寄駅】JR中央線・総武線・東京メトロ丸の内線・東西線 荻窪駅南口 徒歩2分

【メニュー】
○醤油ラーメン730円、(大盛)930円
○油そば(普通盛)700円、(中盛)780円、(大盛)850円
◇油そば専用トッピング・・・とろけるチーズ・ベビースター・魚粉増量・揚げ赤ネギ増量各50円、特製タルタルソース130円
◇玉ネギ増量50円、味付玉子・メンマ・キムチ各100円、チャーシュー150円
◇人気の3点トッピング(味付玉子・チャーシュー1枚・玉ねぎ少し増量)170円
□半ライス50円、ライス100円

【限定メニュー(これまでの)】
イカす夏の冷やし900円、アジの煮干とショーガの醤油ラーメン750円、煮干ニンニク醤油ラーメン750円、旅の塩ラーメン730円、旅の台湾まぜそば850円、冷やし旅のブンチャー900円、旅の冷やし麺900円、フルーツ豆板醤と梅の冷やし麺900円、旅のソースラーメン800円、ピリ辛醤油ラーメン750円、たまり醤油ラーメン750円、他。

【系統】創作和風系東京ラーメン

【お店について】
2004年4月27日、吉祥寺にて創業。
2013年2月05日、移転のため閉店。
2013年8月09日、荻窪にてオープン。

このお店のご主人 藤田さんは、吉祥寺の名店「一二三(閉店)」出身。
それ以前は旅行代理店に勤務していた経歴をもつ。

屋号の「旅人の木(トラベラーズ・ツリー)」とは、マダガスカル原産の「ラウェナラ」。
和名「扇芭蕉(オウギバショウ)」。
マダガスカル航空のマークにもなっている。
葉が東西に広がって生育することから、旅人が方位目印として利用し、葉柄を切って滴る樹液で喉を潤したという。

お店のコンセプトは、「厳選した素材のうまみを存分に引き出した体に優しく、深い味」。
小豆島産古式醤油、伊豆大島産の自然海塩、地鶏の鶏ガラ、群馬の契約農家の無農薬野菜を使用するなど、素材選びにも気を配っている。

旅人の木@荻窪-店舗周辺
お店の場所は、荻窪駅南口を出て、「仲通り」を南へ進む。
左手二つ目の路地を曲がって直ぐ。

曲がり角に木製A型の看板が置かれ、お店の存在を示す貼紙がしてあるが、目立ってはいない。
(ラーメンを食べに行く)旅人の方位目印となるのは、イタリア料理店のイタリア国旗(左へ曲がる)。
ラーメンを食べる前後に、「ドトール」で喉を潤しても良い。

旅人の木@荻窪-店舗外観
正に路地裏で、「こんな所にお店があったの?」という立地。
両サイドを居酒屋に挟まれた店舗。
板材をあしらった外観と、A型の置き看板が目印。

旅人の木@荻窪-店内
店内に入って直ぐ右側に、小型の券売機が置かれている。
フローリングとカウンター天板などに板材を多用し、気持が落ち着く空間。
カウンター6席、テーブル2席。

旅人の木@荻窪-卓上
卓上には、ナンプラー、ギャバンの胡椒、酢、七味などの調味料が置かれている。
油そばを注文の際は、「三島の青海苔」と「すりおろし生姜」が付く。
他には、冷水入りのポット、グラス、爪楊枝、洗い箸、レンゲなど。

旅人の木@荻窪-店内
夫唱婦随(婦唱夫随かも?)という感じで、阿吽(あうん)の呼吸のご夫婦が切り盛りをしている。

【旅人の木 使用食材一例】
「丸島醤油(小豆島産・古式醸造醤油)」、伊豆大島産・伝統海塩、鶏ガラ、モミジ、かたくちいわし、アジの煮干、宗田節、群馬県の契約農家・藤巻さんが生産した無農薬野菜、他。
旅人の木@荻窪-油そば
本日は、「油そば」+特製タルタルソース

最初に、油そば専用の「すりおろし生姜」と「青海苔」が提供される。
丼鉢表面を覆う具は、玉ねぎの微塵切り、メンマ、チャーシュー、魚粉、海苔、揚げニンニクのフレーク。

麺は中太のストレート麺。
予め、タレと絡められているので、そのままでも食べられる。
ムッチリとしていて、小麦がギュっと詰まった感じの歯応え。

タレの醤油の香ばしさと魚介の風味が、口の中に広がる。
辣油のピリッとくる刺激が食欲中枢を刺激する。
続いて、ニンニクフレークや魚粉、玉ねぎを麺と混ぜる。
魚粉による魚介感がグッと高まる。
微塵切りの玉ねぎのシャリシャリとした食感が心地良い。

具のチャーシューは、口の中でホロホロと崩れる柔らかさ。
メンマは、極太で繊維質を感じさせる歯触りのしっかりとした食感。

旅人の木@荻窪-特製タルタルソース
頃合いを見計らって、タルタルソースを投入。
マヨネーズがベースのソースなので、油そばと合わないはずはない。
すりおろし生姜は、味が変わりすぎるのでスルー。
青海苔も使わず、最後に酢を軽くチラリとかける。
スッキリとした味に変わり、完食。

【掲載】2016年1月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★★★
inserted by FC2 system