らーめん自由区・東京ラーメンガイド杉並区のラーメン店リスト>支那そば たなか@阿佐ヶ谷
 支那そば たなか・移転
しなそば たなか
【所在地】東京都杉並区阿佐谷南3-32-14 【お店の地図】
【定休日】月曜日
【営業時間】11:00〜15:00 17:00〜22:00
【最寄り駅】JR中央線・総武線 阿佐ヶ谷駅 徒歩3分
【メニュー】
 〇支那そば650円 坦々麺800円 肉ワンタンメン850円 エビと肉ワンタンメン850円 チャーシューメン900円(もも肉orバラ肉)
 〇エビワンタンメン1000円 チャーシューワンタンメン1000円 チャーシューエビワンタンメン1100円
 ◎つけそば750円他

【系統】たんたん亭系東京ラーメン

【お店について】
 「たんたん亭 阿佐ヶ谷店」としてスタートしたが、2004年8月に改名。

 阿佐ヶ谷駅南口より中杉通りを南下し、通りから少し入った場所にある。外装はダークブラウンのカフェ風。気軽にフラッと入れるというよりは、中の様子を伺ってからドアを引くという感じ。店内は観葉植物が置かれ、漆喰調の白壁は南欧のバールといった落ち着いた雰囲気。テーブルのみ13席。
支那そば たなか@阿佐ヶ谷・東京ラーメン
 本日は「支那そば」。豚骨、鶏がらベースで鶏の出汁が良く出ている。混濁した醤油スープの表面には油の層があり、最後まで温度は熱々だ。「たんたん亭」系列の乾物系の出汁が効いたライトでクリアーな味わいとは異なる。むしろドロッとしたスープは重厚な感じと言った方が相応しい。煮干しの風味を移した油が多めで、旨味成分と塩分が強めに出ている。

 麺は細めのストレート麺でやや白く、コシがありスルリと入る感じ。ももチャーシューは若干柔らかめだが適度な歯応えはある。煮豚ではなくローストしたものであろうが、外側の焼き上げた香ばしさはない。海苔は黒々とした上質なもの。

 「たんたん亭 阿佐ヶ谷店」の時と比べると、インパクトを強め、独自の方向性に行っている。坦々麺や夏季限定メニュー、エビと肉ワンタンをミックスしたメニューなどもあり楽しめる。
【掲載】2005年7月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★☆☆
らーめん自由区杉並区のラーメン店リスト>支那そば たなか@阿佐ヶ谷
inserted by FC2 system