らーめん自由区・東京ラーメンガイド杉並区のラーメン店リスト>天勝@阿佐ヶ谷
麺屋 天勝・閉店
めんや てんしょう
【所在地】東京都杉並区阿佐谷北2-2-8 NHビル1F 【お店の地図】
【定休日】水曜日
【営業時間】11:30-24:00
【最寄り駅】JR中央線・総武線 阿佐ヶ谷駅 徒歩1分

【メニュー】
 ○らーめん630円 もやしらーめん680円 煮玉子らーめん730円 ネギらーめん780円 チャーシューめん880円
 ◎つけ麺700円 餃子370円他
 ※ランチはライスが無料

【系統】背脂チャッチャ系豚骨ラーメン

【お店について】
 2006年3月創業。以前、「いっこくや」のあった場所に居抜きでオープン。阿佐ヶ谷駅北口を出て、荻窪方面へ歩いて直ぐ。木製の看板が目印。店内はカウンター10席。座席の間隔はやや狭く、甲板と椅子が共に高い。厨房の様子を見ると、どんぶりを温める配慮や、調理全般がとても丁寧。BGMはJAZZとテレビ。
 らーめん@天勝
 本日は「らーめん」。群馬県産和豚もち豚の骨と香味野菜を炊いたダシ。下処理をしっかりとしているためか、豚骨臭はほとんどなく、油分は乳化していてくどさはない。背脂が溶け込み、クリーミーでまろやかな味わいで、上品ささえも感じる。背脂の甘みとニンニクの風味も効いていて、思わず飲んでしまう。

 麺は「永福町大勝軒」の親戚筋の「草村商店」製の中太縮れ麺。薄黄色の麺は、コシとハリがあり、弾力性が強め。やや主張の強いこの麺とソフトなスープとの相性は今一つ。麺は麺、スープはスープという感じ。

 チャーシューは豚バラのロールで大判。箸でつかむとほぐれる柔らかさ。味付けが薄めで、肉の味が楽しめ美味しい。メンマはコリコリとしっかりとした食感の甘い味付け。他の具は刻みネギと海苔。

 昔懐かしい、背脂入り豚骨ラーメン。懐かしいといっても世代によって、想起するものが異なりギャップを感じるであろう。個人的に、このスタイルのラーメンが主流となっていた頃に、食べ歩きをしていたので懐かしさを感じるのである。過去のものは、どんぶりが脂でヌルヌルしていて、豚骨臭とニンニク臭が強烈だった。それと比較すると、洗練され、万人に受け入れやすい味となっている。後味が悪いのに、「病み付きになる味!」とも言って、過去にたくさん摂取したラーメン。そのため、個人的には新鮮味やサプライズはないが、初めて出会う人にとっては、美味しいと感じるに違いない。

【掲載】2006年9月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★☆☆☆
らーめん自由区杉並区のラーメン店リスト>天勝@阿佐ヶ谷
inserted by FC2 system