らーめん自由区・東京ラーメンガイド杉並区のラーメン店リスト>若狭亭@南阿佐ヶ谷
小浜ラーメン 若狭亭 南阿佐ヶ谷店・閉店おばまらーめんわかさてい
【所在地】東京都杉並区成田東5-15-24 【お店の地図】
【電話】03-3391-7055
【定休日】第2・4木曜
【営業時間】11:30-22:00

【最寄駅】
 ○東京メトロ丸の内線 南阿佐ヶ谷駅 徒歩8分
 ○JR中央線他 荻窪駅 徒歩9分

【メニュー】
 ○小浜ラーメン750円、チャーシューメン950円
 ○塩ラーメン750円、辛塩ラーメン800円
 ◎つけ麺750円
 ◇味付たまご50円(1/2)
 □焼き鯖すしセット(小浜ラーメン+鯖寿司2貫)1000円
 □チャーシュー丼定食(小浜ラーメン+チャーシュー丼・小)1000円、他

【期間限定メニュー(これまでの)】
 小浜冷麺850円、他

【系統】和風魚介ダシ系小浜ラーメン

若狭亭-店舗外観 若狭亭-店内
【お店について】
 2008年4月8日オープン。総合食品の「有限会社:PFD(Project Food Developer)」が運営するお店。PFDは、空弁(そらべん・空港で売られている弁当)、バス弁を主力商品としている他、ラーメン店を出している。福井県内の「小浜ラーメン若狭亭」の系列店には、「大宮店@日華化学前駅」「おおい店@若狭本郷駅」「小浜店@小浜駅」の3店舗がある。東京においては、初進出の店舗となる。

 小浜と言うと、オバマ。第44代アメリカ合衆国大統領のバラク・オバマ氏と同じ名前を冠することから、「オバマフィーバー」で沸いた福井県小浜市。選挙戦における小浜市の支援の様子を米CNNが放映、仏AFP通信、英ロイター通信なども取り上げた。
 その他の関連した事柄では、余り知られてはいないが、日本に初めて象が渡来したのがこの地であること。応年15年(1408年)6月22日、室町幕府の将軍・足利義持に献上する品の一つとして、南蛮船でスマトラ島から運び、現在の甲ヶ崎に上陸したそうだ。その象をつないだとされている岩が、「沖の石・象つなぎの岩」として現在も残っている。

 「小浜ラーメン」についてはどうかと言えば、ご当地ラーメンとして根付いているわけではなく、PFDがプロデュースしたものである。もちろん、「オバマフィーバー」以前にデビューしている。大統領訪日の際は、関連して話題となるかもしれない。

 このお店は、荻窪駅と南阿佐ヶ谷駅のほぼ中間に位置する。青梅街道を挟んで向かい側に、RAMEN CiQUE(チキュウ)がある。青地に白抜きで「小浜ラーメン」と書かれた看板と「日本海 海のおダシがきいています。」と書かれた垂れ幕が目印。

 引き戸を開けて中に入ると、左側に券売機がある。カウンター7席、テーブル14席のゆったりとした空間。清潔感が溢れ、こざっぱりとした和の雰囲気。厨房にいる3人のスタッフは、ラーメン職人と言うよりは、板前さんという感じ。「おおきに!」という威勢のよい声が響き渡る。厨房からは、魚介のいい香りが漂ってくる。
 卓上には、ブラックペッパーとポットに入った水が置かれている。BGMは液晶テレビ。
若狭亭-小浜ラーメン・味付玉子
 本日は「小浜ラーメン」+味付玉子。「旨味一念 若狭亭」と書かれた丼鉢。豚骨をベースに、炙った小鯛の干し骨、干し若狭鰈(カレイ)、イリコ、焼き干しなど数種類の魚介をブレンドしたスープ。
 スープ表面には、ラードが厚めに張られ、最後まで熱々の温度が保たれている。小魚の心地良い香りが食欲をそそる。塩梅はほど良く、刻み玉葱の甘みが出たスープ。あっさりとした味わいながら、動物系のコッテリ感もあるので物足りなさはない。調味料の旨味成分はやや強めに効いている。

 麺は、福井から取り寄せている中太平打ち麺。表面はツルツルとしていて、啜り心地が良い。噛むとムチッとした食感。太さが不揃いで、ピラピラとした舌触り感を楽しんでいると、160gの麺はアッという間になくなる。

 モモ肉のチャーシューは薄切りでホロホロと崩れるタイプ。印象度は薄い。海苔はパリッと硬めで上質。細切りのメンマはコリコリとした食感。味付玉子の1/2は、塩味が染み込み、黄身が餡子状の半熟。他の具は、ナルト、白髪ねぎ、小口切りのネギ。
【掲載】2008年12月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★☆☆
らーめん自由区杉並区のラーメン店リスト>若狭亭@南阿佐ヶ谷
inserted by FC2 system