らーめん自由区・東京ラーメンガイド豊島区のラーメン店リスト>まるきゅう@池袋
塩そば専門店 まるきゅうらあめん
【所在地】東京都豊島区東池袋1-27-5 関口ビル1F 【お店の地図】
【電話】03-5952-3500
【定休日】月曜 ※頻繁に変動するので要確認(日曜、無休の時も有り)
【営業時間】
 ○11:00-16:00/17:00-スープ切れ(19:00-22:00頃)
 ○11:00-スープ切れ(日曜)
【最寄り駅】
 JR山手線・埼京線・西武池袋線・東京メトロ丸の内線・有楽町線 池袋駅 徒歩5分

【メニュー】
《金・土曜以外》
 ○塩そば700円、塩玉そば800円、和塩そば800円、塩ワンタンそば950円、塩チャーシューそば1000円
 ○塩つけそば800円(普通盛り・中盛り同額)
 □チャーシュー300円、梅じそワンタン、替え玉(極細)100円、変り玉(ピリカラ海老味+麺)150円
 □豚めし300円、塩豚めし300円、玉子+ごはん(チャーシュー入り)150円
《金・土曜》
 ○鶏そば800円、鶏梅肉そば900円、鶏ワンタンそば1000円
 ○鶏魚介つけそば850円(普通盛り・中盛り同額)
 □豚めし300円、塩豚めし300円、玉子+ごはん(チャーシュー入り)150円

【限定・これまでのメニュー】
 冷しそば850円、まるはちらーめん(塩)750円、まるきんらーめん(辛ねぎ)850円、まるきゅうらーめん(醤油)650円、まるきゅうらーめん(みそ)750円、岩塩らーめん700円、昔ながらの中華そば600円、つけしお700円、からつけ800円、チャーマヨ丼300円、炙りチャーシュー丼300円、スタミナ丼300円、他

【系統】鶏ダシ・鶏白湯系東京ラーメン

まるきゅうらあめん-外観 まるきゅうらあめん-店内
【お店について】
 2005年4月1日創業。開店当初のメニュー構成は「まるきゅうらーめん(醤油)」、「まるはちらーめん(塩)」という構成で、その他にまるきゅうらーめん(みそ)などもあった。その後メニューを一新し、塩ラーメン専門店となった。
 日曜〜木曜が安曇野地鶏と2種類の岩塩と野菜を使った「塩そば」を中心としたメニュー、金曜と土曜は「鶏白濁そば」を中心としたメニューとなっている。最大の特徴は、塩ダレ。いわゆる液状のものではなく、アンデス産とモンゴル産の岩塩を煎ったもので、それにスープを注いでいること。
 人通りの多い道から、路地に入った場所に位置する。路地裏系ともいうべきであろうか。小料理屋風の格子が入った洒落た外観。引き戸は開け放っている。店内はL字型のカウンター8席で、こじんまりとした空間。卓上には、ガーリックチップスが置かれている。壁にはメニューが書かれた大きな木製の札が掛けられ、向かって右側の奥が厨房となっている。BGMは1980年代のポップス。
 17:00〜21:00までは、替玉が1回につきサービスとなっている。つけそばの普通盛りは麺230g、中盛りは300gで同額サービス。
まるきゅうらあめん-塩ワンタンそば
 本日は「塩ワンタンそば」。薄っすらと鶏油(チーユ)の浮かぶ透明感のある黄金色のスープ。温度は、熱め。あっさり、すっきりのライト系で、後口のキレの良さがある。塩梅は塩辛く感じる一歩手前。余計なダシの厚ぼったさがなく、旨味がストレートに伝わりやすい。繊細な反面、ディープな感じは与えない。
 麺は、「浅草開化楼」製の細ストレート麺。量は多め。博多の麺のように、スルスル、シコシコ感が心地よい。スープとの相性も良い。
 チャーシューは、群馬県産「榛名豚」を使用。肉厚で、炭火で炙ってあるので香ばしい。しっかりとした肉の質感を感じさせながらも、柔らかくて美味しい。ワンタンは鶏と豚肉を使った肉が多めの餡。餡は平たく、ピンク色をしている。皮は厚めだで、チュルンとした口当たり。細切りのメンマは、味付けしっかりとしていて、コリコリとした食感。多めに入っているのが嬉しい。他の具は、万能ネギ。
【掲載】2008年1月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★★☆
まるきゅうらあめん-鶏白濁そば
 本日は「鶏白濁そば」。スープ表面には焦がしネギ油が浮かび、若干トロミのついた鶏白湯。このトロミは、鶏のコラーゲンというよりは、米かジャガイモのでんぷん質。鶏のダシが滲み出ているが、鶏らしい匂いは控えめで、さっぱりとした口当たり。程よい塩梅で、上品な味わい。その反面、パンチ力は余りない。
 麺は「浅草開化楼」製の中太平打ち麺。ピラピラとした舌触りで、噛むとプッツリとした食感。スープの絡みも良く、相性が良い。
 チャーシューは鶏か豚(榛名豚)かを選ぶことができる。今回は鶏のロールチャーシュー。小ぶりのものが2枚。しっとりとした優しい味わいで美味しい。味玉は1/2で、薄めの味付けで、黄身がゼリー状。メンマは柔らかく、シャキシャキとした食感。他の具はきくらげと万能ネギ。以前、トッピングされていた茹でキャベツは入っていない。
 全体にバランスが取れていて、完成度は高い。具のボリュームや盛り付けなど、ビジュアル的な効果を演出すれば印象度も一層高くなる。
【掲載】2007年6月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★★☆
らーめん自由区豊島区のラーメン店リスト>まるきゅう@池袋
inserted by FC2 system