らーめん自由区|東京ラーメンガイド豊島区のラーメン店リスト>昭和歌謡ショー@巣鴨
昭和歌謡ショー
しょうわかようしょー
【所在地】東京都豊島区巣鴨4-35-2 巣鴨岩下ビル1F 【お店の地図】
【電話】都合により不掲載
【定休日】月曜
【営業時間】
○11:00-15:00/17:00-20:00(スープ切れ終了)
【最寄り駅】
○JR山手線 巣鴨駅 徒歩10分
○都営三田線 巣鴨駅 徒歩8分
○都電荒川線 庚申塚駅 徒歩2分

【メニュー】
○中華そば700円、半熟味付玉子入り800円、チャーシューメン900円
○七福白醤油ラーメン700円、半熟味付玉子入り800円、チャーシューメン900円
○地球の塩ラーメン700円、地球の塩ラーメン(半熟塩玉子入り)800円
◇替玉(塩ラーメンのみ)100円、醤油の大盛(230g)150円
□手作り餃子(夜のみ)3個250円、5個350円、半ライス100円、〆のごはん200円、他

【期間限定メニュー(これまでの)】
巣鴨そば「七福」995円、白タンメン800円、白醤油冷麺850円、他

【系統】ノスタルジック系東京ラーメン

【お店について】
2010年7月10日創業。
店主は、杉山晴美さん。
杉山さんは、栃木で10年間歌手活動をした後、「株式会社 力の源カンパニー」に入社。
「博多 一風堂」には11年間在籍し、横浜ポルタ店の店長を務めた経歴をもつ。
そして、独立。

屋号は独立の際、代表取締役の河原成美さんに命名してもらったもの。

昭和歌謡ショー@巣鴨-栄和通り
お店の最寄駅は、「都電荒川線 庚申塚駅」。
一般的に利用しやすいのは、「JR山手線 巣鴨駅」より。
「お婆ちゃん達の原宿」とも呼ばれている「巣鴨地蔵通り商店街」を通り抜けた先の「栄和通り商店街」にある。

昭和歌謡ショー@巣鴨-店舗外観
黄色のひさしと馴染みのある白い暖簾が目印。

昭和歌謡ショー@巣鴨-店内
店内は、厨房と向き合ったカウンター5席。
こじんまりとした空間。
店主1人で切り盛りをしている。

卓上には、冷水入りポット、洗い箸、ティッシュ、ミル付のペッパー、団扇などが置かれている。
着席すると、冷蔵庫から冷えたおしぼりが提供される。

BGMは、昭和を代表する歌謡曲。
口頭注文、後払い制。

貼紙に「昭和歌謡ショーは化学の子ではありません。時間という調味料を添加しています。」とあるように、化学調味料を一切使用していない。

「中華そば」の醤油は、島根県の「井上古式醤油」。
「七福白醤油ラーメン」の醤油は、愛知県安芸の「七福醸造株式会社」製の白醤油。
「地球の塩ラーメン」は、4種類の塩をブレンドしたものを使用。
昭和歌謡ショー@巣鴨-中華そば半熟味付玉子入り
本日は「中華そば半熟味付玉子入り」

出汁は大山地鶏に少量の豚骨を加えた動物系、サバ節・ウルメ節・宗田節・煮干し・昆布などの魚介系を提供直前に併せるWスープ方式。
完成したスープは一旦冷却し、注文のたびに小鍋で温め直している。
「中華そば」は、「動物系7割、魚介系3割」の比率でブレンド。
因みに「塩ラーメン」には、「魚介系7割、動物系3割」の比率でブレンドしている。

タレには、島根県の「井上古式醤油」を使ったタレと鶏油を合わせている。

透明感のある清湯スープ。
表面には、キラキラと輝くラードの層。
どこか懐かしさを感じさせる東京ラーメンの体裁。

まずは一口。
あっさりとした醤油スープで、しっかりと醤油ダレの味わいを感じさせながら雑味の無いスッキリとした仕上がり。
続けて飲むと。
鶏と醤油の薫り高さ、控えめに魚介が軽く香ってくる。
各素材を主張させ過ぎないようにバランスを取った繊細な味わい。
クラシカルでありながら、洗練された味を楽しめる。
惜しむらくは、味の焦点化がしにくいこと。
無化調にありがちな、泣き所でもある。

麺は特注の「王子製麺@東十条」製の中細の縮れ麺。
タピオカ澱粉を加えて、舌触りを滑らかにしている。
スルスルと啜り心地が良く、スープの持ち上げ加減も良い。
噛み応えがあり、クニクニとした食感。
噛めしめると、小麦の美味しさも感じる。

具のチャーシューは、2枚。
適度な噛み応えを残し、肉の旨味がある。
味付が濃いめなので、かじりながら麺を食べると美味しい。
味玉は程好い味付で、黄身がトロリとした半熟具合。
メンマは細めでシャクシャクとした食感。
刻みねぎは、清涼感を与えてくれる。
ほうれん草とナルト、海苔はよい箸休め。

【掲載】2013年8月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★☆☆

らーめん自由区豊島区のラーメン店リスト>昭和歌謡ショー@巣鴨
inserted by FC2 system