らーめん自由区・東京ラーメンガイド豊島区のラーメン店リスト>つけ麺椿@池袋
つけ麺 椿 つけめんつばき
【所在地】東京都豊島区池袋2-48-2 レスタージュ池袋1F 【お店の地図】
【電話】03-3981-5962
【定休日】水曜
【営業時間】
 ○11:00-15:00/18:00-22:00
【最寄り駅】JR山手線・埼京線・西武池袋線・東京メトロ丸の内線・有楽町線 池袋駅 徒歩5分

【メニュー】
 ○つけ麺750円、特製つけ麺1000円、
 ◇のり50円、味付玉子・ネギ・メンマ・辛味各100円、大盛(1.5玉)100円、特盛(2玉)200円、チャーシュー250円、他。
 ※あつもり可能。麺の量は250g。

【系統】濃厚豚骨魚介系東京ラーメン

椿-店舗外観 椿-店内
【お店について】
 2008年3月6日オープン。2006年6月28日創業の「中華そば椿@西新井」の支店。こちらでは、中華そばや油そばは封印して、つけ麺のみで勝負をする。
 お店は、歓楽街の一角にあり、「なんつッ亭@池袋」の斜め前にある。以前、「天五穀」、「麺匠福助」等のラーメン店があった場所。
 ブラウン地に、白のレリーフ状の屋号の文字が入った看板が目印。入店すると左側に券売機。古材を多用した内装、L字型のカウンター9席。椅子は陶器の甕(かめ)に皮を張ったものでユニーク。固定されているのがやや不便。液晶画面のディスプレーが2台設置されていて、ミュート(音なし)でDVDの画像を流している。BGMは、洋楽。
 卓上には、ラー油、酢、七味唐辛子、ギャバンの胡椒が置かれている。水は炭火の入ったポットが置かれており、セルフサービス。
椿-つけ麺・味付玉子
 本日は「つけ麺」+味付玉子。麺の上に鎮座する角切りのチャーシューが圧巻。納豆をよく混ぜた後の泡立ちのようなつけ汁にも興味津々。

 麺は、「双葉屋製麺工場@足立区西新井」製のタピオカ入りの特注麺。断面が四角い太ストレート麺。表面は艶々とし、硬質な食感がプラスチッキー。歯を押し返すような弾力性。量は250gだが、食べた印象はそれ以上の重量感。

 つけ汁は、注文ごとに小鍋で温める。濃厚な豚骨の出汁に、昆布、椎茸、鰹等の魚介系をプラス。背脂が浮かびトロリとしたスープ。この粘度が、麺に吸着する。酢の酸味も効き、奥のほうから辛味も浮上する。柚子の香りも心地よい。

 厚さ3cmぐらいのチャーシューが美味しい。肉は、アンデス高原豚をハーブで煮込んだもの。少し脂が抜け落ちた感じもするが、しっとりとしていて食べ応えがある。味付玉子は、固まりつつある半熟。しっとりとした黄身。他の具は、メンマ、ネギ、水菜。
 ポットに入った割りスープが、あらかじめカウンターに置かれている。鰹の風味がほど良く効き、後味良好。
【掲載】2008年12月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★★☆
らーめん自由区豊島区のラーメン店リスト>つけ麺椿@池袋
inserted by FC2 system