らーめん自由区・東京ラーメンガイドラーメンの食べ方>「映画『タンポポ@伊丹十三監督』流作法」編
ラーメンの食べ方
 らーめんの食べ方ってあるの?基本的にはないと思います。作り手に失礼にならないように食べるマナーというものはあると思いますが、好きな順番で好きなように食べれば良いのです。ここで述べるのは、我流の食べ方や作法です。

※引用した文章は、読みやすいように、一部加除修正している場合もありますのでご了承下さい。
「映画『タンポポ@伊丹十三監督』流作法」編
■最初にまず、ラーメンをよく見ます。

■どんぶりの全容をラーメンの湯気を吸い込みながら、しみじみと鑑賞して下さい。
 スープの表面にキラキラ浮かぶ無数の油の玉、油にぬれて光る支那竹、早くも黒々と湿り始めた海苔、浮き沈みしているネギたち。そして、何よりも、これらの具の主役でありながら、ひっそりと控えめにその身を沈めている焼豚。

■箸の先で、ラーメンの表面をならすと言うか、なでると言うか、そういう動作をして下さい。これは、ラーメンに対する愛情の表現です。

■次に、箸の先で焼き豚をいとおしむように突っつき、おもむろにつまみ上げ、どんぶりの右上の位置に沈ませ加減に安置します。この時、心の中でわびるがごとく呟きます。『後でね…』

■いよいよ麺から食べ始めます。

■この時、麺をすすりつつも、眼はあくまでも、しっかりと右上の焼豚に注いでおいて下さい。これも愛情のこもった視線で…。

■次に支那竹を一本口の中に入れ、しばし味わう。それを飲み込むと、今度は麺を一口。麺が口の中にあるうちに、また、支那竹を一本口の中に入れる。

■ここで、始めてスープをすすります。立て続けに3回。

■それからおもむろに体を起こし、「ふー」とため息をつきます。

■意を決したかのごとく、1枚目の焼豚をつまみあげ、どんぶりの内側に軽くたたき付け、お汁を切ります。

■そして、至福の時を迎えたかのように満足げな顔で、焼豚をゆっくり味わいながら食べます。
ラーメンの食べ方|「林家木久翁(木久蔵)流作法」編

ラーメンの食べ方|「色々な人の食べ方と作法」編

つけ麺の食べ方

博多ラーメンの食べ方
らーめん自由区ラーメンの食べ方>「映画『タンポポ@伊丹十三監督』流作法」編
inserted by FC2 system