らーめん自由区・東京ラーメンガイド千代田区のラーメン店リスト>旭龍@神田
旭川ラーメン 旭龍
あさひかわらーめん きょくりゅう
【所在地】東京都千代田区鍛冶町2-12-9 【お店の地図】
【定休日】日曜・祝日
【営業時間】11:30〜20:30 土〜15:00
【最寄り駅】JR中央線・総武線・東京メトロ銀座線 神田駅 徒歩2分
【メニュー】
 〇ラーメン(正油・塩・味噌)700円、野菜ラーメン(正油・塩・味噌)800円、チャーシューメン(正油・塩・味噌)900円、野菜チャーシューメン(正油・塩・味噌)1000円
 □Aセット(ラーメン+いくら丼)1000円、
 □Bセット(ラーメン+いくら・鮭フレーク丼)950円
 □Cセット(ラーメン+鮭フレーク丼)900円、他

【系統】旭川ラーメン

【お店について】
 旭川を代表する大手製麺所「加藤ラーメン」社長の長女がこのお店の主人。
 「旭龍」は1997年に乃木坂から高円寺に移転し、そして、1999年6月にはこの神田店を開店させた。
 旦那さんが高円寺店、奥様が神田店を営んでいたが、その後、高円寺店は閉店。「旭龍@高円寺」が開店した当時、巷では「北海道=札幌ラーメン」という図式が固定観念としてあったので、東京に「旭川ラーメン」の名を轟かせ、その味わいとスタイルを普及させた功績は大きい。

 神田駅東口を出ると「神田1番街」がある。そのガード下には間口の狭い飲食店が立ち並び、直進して左側にこのお店がある。店名の入った赤提灯と白地の暖簾が目印。
 間口も狭いが、店内も狭くカウンターのみの7席。カウンターと厨房との仕切りがないため中の様子がよく見える。正面の壁に「混雑時の写真撮影は禁止。」という紙が貼られ、女性店主の終始険しい表情が目に入る。にわかに緊張感が高まる。愛想が良いとはいえないものの、ラーメンをつくることに全神経を集中させ、無駄な動きが一つもない。
旭川ラーメン 旭龍@神田・らーめん自由区
 本日は「正油ラーメン」。スープの色は独特な濁った褐色。豚骨・鶏ガラ・鯵煮干し、鰹節、鯖節、昆布を長時間煮込んだ出汁を使用している。一口飲むと魚介の風味と豚骨のコクと旨味が広がる。節系と煮干の苦味が若干あるのも特徴。濃厚ではあるが柔らかな口当たりで、飲む程に味わいが増してくる。

 「加藤ラーメン」直送の黄色い細縮れ麺は、低加水率で硬め。博多の麺と同様に20%台の加水率であろう。食べ始めから麺にスープの味が染み込んでおり、スープとの相性がよい。肩ロースのチャーシューは薄切りの大判。メンマは色が濃いが味は程よい。

 「旭龍@高円寺」以来で、懐かしさが込み上げてきたが、グレードの高いラーメンをこの狭い空間と雰囲気で食べるのはもったいないという気がした。

【掲載】2005年5月 【行列】0人 【らーめんの王様】★★★☆☆
 らーめん自由区千代田区のラーメン店リスト>旭龍@神田
inserted by FC2 system